ADVERTISING

「だから私は、何でも本気で作る」フォトコピューが提示する、泥臭くて慎ましい“人間”の暮らしに寄り添う服

IMAGE by: FASHIONSNAP

IMAGE by: FASHIONSNAP

「だから私は、何でも本気で作る」フォトコピューが提示する、泥臭くて慎ましい“人間”の暮らしに寄り添う服

IMAGE by: FASHIONSNAP

 曲がりなりにも、ファッション媒体で文章を書くことを仕事にしているにもかかわらずこんなことを言うのはどうかと思うが、筆者は時々、とりわけランウェイで繰り広げられる“ファッション”というものが、しばしば普通の人間の普通の生活とその実感とはかけ離れたものであることに、戸惑いや手放しで称賛しきれない感情を抱いてしまうことがある。ファッションの持つ美しさや力強さ、人の心を動かすエネルギーに希望を感じる気持ちは確かにある一方で、日々の生活とは本来地道で、慎ましくて、泥臭いものであるからこそ、どうしても少々心理的距離を感じてしまうのだ。

 そのような中、デザイナーの竹内美彩が手掛けるブランド「フォトコピュー(PHOTOCOPIEU)」の服は、着た時のシルエットや細かいディテール、佇まいがとても美しいのに、日常生活とその感覚によく馴染む。一見した色味や装飾が控えめな「ワークウェア」がデザインのベースになっていることがその理由だろうか、とこれまで漠然と思っていたが、2018年のブランド設立以来初めて開催された展示を見て、その理由がはっきりとわかった。

 それは、竹内が着用者の人柄や暮らしを“まだ見ぬ友人”のものとして一着一着丁寧に想像し生み出した「働き生活するための服」であるとともに、着る人が「男や女ではなく“人間”であること」を目指すような服作りをしているからなのだ、と。

 今回、ブランド設立から6年目にして、初めて東京ファッションウィークに参加したフォトコピューがコレクション発表の形式として選んだのは、ショーではなく「エキシビション」だった。デザイナーの竹内はその理由について、「私たちはきれいに繕ったものよりも日々の生活の中に潜む隠された美を好みます。ショーでの一瞬の表出よりも、着用者の内面に関して想いに耽る時間を取ることが、翻って奥行きのある服のストーリーを伝えていく術になるのではないかと思いました」と語る。

ADVERTISING

Imaged by FASHIONSNAP

 フォトコピューというブランドは、元々デザイナーの竹内が渡仏中に、自分や周りの友人たちのために制作を始めたドレスがきっかけで誕生したのだという。その成り立ちから派生するように、会場にずらりと並んだ28体のマネキンに着せられた服には一着ごとに名前が付けられ、「ジョイはレコードショップのオーナーだ。彼女は物理的なものしか信用しない」「ジュリアンは図書館司書だ。彼女は口が悪い」といった具合で、職業とその人についてのちょっとした情報が短いテキストで記されていた。

 マネキンたちは、それぞれスーパーのビニール袋や紙袋、パリのメトロの切符、煙草と新聞、飼い犬などを手や小脇に抱えており、それらは全て架空の人物でありながらも、記された言葉と相まって、まるで一人ひとりの人物像や日常生活の風景が目の前にゆっくりと浮かび上がってくるかのような、不思議で感動的な体験だった。

Image by FASHIONSNAP

 今回の展示の主旨は、あくまでブランドに一貫するコンセプトや思想、人物像を提示することに重きが置かれていたものの、2024年秋冬シーズンのテーマとして掲げられていたのは、「見過ごされがちなものへの愛」。北欧デザインの巨匠 アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)の側で、自分を犠牲にしながらアルヴァを支えた妻でありデザイナーでもあったアイノ(Aino)という女性の存在と、ブランドの象徴的アイテムである“名もなき大衆のための服”としての「ワークウェア」をリンクさせながら、何気ない日々の暮らしや人々の営みの中で、見過ごされてきた光景やものごとを拾い上げ、可視化することを目指したという。

散らかったアトリエに美しい光が差した光景を思わず撮った写真を、ゴブラン織でファブリックにしたという一着

Image by FASHIONSNAP

 ブランドのアイコンである「ワークドレス」は、デザイナーのある個人的な体験から生まれたそうだ。パリの古着屋で、それぞれの持ち主と過ごした時間の痕跡を色合いに残したワークウェアたちが群像劇のように佇む美しさに魅了された竹内は、自身も袖を通してみたものの、女性である自分の身体には全く馴染まず不恰好だったことから、「女性の体や精神がもっと魅力的に見えるワークウェアが欲しい」と自ら手掛けることにしたという。

 そんなワークウェアやワークドレスをはじめとして、フォトコピューが提案する服たちは、一見すると平凡で大衆的な印象を与えるアイテムに思えてしまう。しかし、近くでじっと目を凝らしてみると、ハイエンドで表情豊かな生地や、大量生産の大衆服では決して見ないようなユニークなディテール、美しいシルエットやバランスにはっとさせられる。フランスでの服作りを通して「シルエットの重要性を強く感じた」という竹内は、服としての全体のシルエットだけではなく、シームやポケット、襟といった服に必要なディテールやパーツを全てオリジナルでデザインし、「原型から作る」ということを大事にしていると話す。

Image by FASHIONSNAP

気持ちの向かう先は、いつも陰ながら努力をする人。
誰も見ていなくても、自分の信念のために手を抜かない人。
とても美しい、理想の姿。
服を、どんな人に着て欲しいかと聞かれる。
おしゃれに無頓着に泥臭く働く人にこそ、その姿を讃える佇まいを付与したい

(PHOTOCOPIEU 公式サイト「DIARY」2023年2月3日の投稿「本当のミューズ」より)

 今回披露された一着一着の服からもわかるように、竹内はランウェイを歩く浮世離れした容姿を持つモデルのためでも、煌びやかで華やかなファッションのイメージのためでもなく、すぐ隣で日々働き生活する友人や隣人、まだ見ぬ誰かの姿や日常を想像し、一人ひとりの誰かのために、細部にまでこだわってその服を作っている。だからフォトコピューの服は、「ファッション」でありながら同時に「生活するための服」であると感じられるのだと、筆者は受け取った。

Imaged by FASHIONSNAP

 余談だが、筆者はフォトコピューの公式サイト上で時々更新されている日記の密かなファンだ。そしてその中で、竹内が度々「フェミニズム」との出会いと、それがもたらした気づきや変化について言葉にしているのが印象に残っていた。

 今回、展示を終えた竹内に、日本のアパレル企業からフランスへと渡って服作りを行ってきた中での「気づき」について訊ねてみた。すると、日本では仕事でもプライベートでも男性が上で女性が下という、固定化されがちな男女間の立場や上下関係とそれに伴う振る舞いがあるものの、フランスでは性別問わず、よりフラットで対等な関係性や価値観がベースとして根付いていることに気がついたと、明かしてくれた。そして、その気づきを踏まえて自身のクリエイションに反映しているのは、「偽物みたいなものを作らない」ということだという。

例えば、ジャケットの袖口の仕立てがメンズだと本切羽なのにウィメンズだと開き見せになっていたり、内側の仕様も簡素でいいとされていたりすることが多い。でもそういう部分って、だんだん感覚に根付いてきてしまうと思うんです。だから私は、何でも本気で作る。その分値段は高くなってしまうけれど、そこをないがしろにしたくないと思っています

 フォトコピューの服が着ていてとても心地よく馴染みよく感じられるのは、それが「男」でも「女」でもなく、“対等でフラットな「人間」でいさせてくれる服”だからなのかもしれない、と腑に落ちた。フェミニンさを敢えて強調するわけでもなく、男性のために仕立てられた服をそのまま着るわけでもなく、女性の身体や感覚に自然と馴染みながらも、性別を意識せずに「人間」としていさせてくれるように感じる服というのは、実はあまりないのではないだろうか。

 今回の東京ファッションウィークで見た数々のブランドの中で、フォトコピューが見せてくれた世界や人物像は、控えめながら最も心に残る体験の一つとなった。

PHOTOCOPIEU 2024年春夏

関連記事

PHOTOCOPIEU 2024年春夏コレクション

2024 SPRING SUMMERルックブック
1

Image by: FASHIONSNAP

2

Image by: FASHIONSNAP

3

Image by: FASHIONSNAP

4

Image by: FASHIONSNAP

5

Image by: FASHIONSNAP

6

Image by: FASHIONSNAP

7

Image by: FASHIONSNAP

8

Image by: FASHIONSNAP

9

Image by: FASHIONSNAP

10

Image by: FASHIONSNAP

11

Image by: FASHIONSNAP

12

Image by: FASHIONSNAP

13

Image by: FASHIONSNAP

14

Image by: FASHIONSNAP

15

Image by: FASHIONSNAP

16

Image by: FASHIONSNAP

17

Image by: FASHIONSNAP

18

Image by: FASHIONSNAP

19

Image by: FASHIONSNAP

20

Image by: FASHIONSNAP

21

Image by: FASHIONSNAP

22

Image by: FASHIONSNAP

23

Image by: FASHIONSNAP

24

Image by: FASHIONSNAP

25

Image by: FASHIONSNAP

26

Image by: FASHIONSNAP

27

Image by: FASHIONSNAP

28

Image by: FASHIONSNAP

29

Image by: FASHIONSNAP

30

Image by: FASHIONSNAP

31

Image by: FASHIONSNAP

32

Image by: FASHIONSNAP

33

Image by: FASHIONSNAP

34

Image by: FASHIONSNAP

35

Image by: FASHIONSNAP

36

Image by: FASHIONSNAP

37

Image by: FASHIONSNAP

38

Image by: FASHIONSNAP

39

Image by: FASHIONSNAP

40

Image by: FASHIONSNAP

41

Image by: FASHIONSNAP

42

Image by: FASHIONSNAP

43

Image by: FASHIONSNAP

44

Image by: FASHIONSNAP

45

Image by: FASHIONSNAP

46

Image by: FASHIONSNAP

47

Image by: FASHIONSNAP

48

Image by: FASHIONSNAP

49

Image by: FASHIONSNAP

50

Image by: FASHIONSNAP

51

Image by: FASHIONSNAP

52

Image by: FASHIONSNAP

53

Image by: FASHIONSNAP

54

Image by: FASHIONSNAP

55

Image by: FASHIONSNAP

56

Image by: FASHIONSNAP

57

Image by: FASHIONSNAP

58

Image by: FASHIONSNAP

59

Image by: FASHIONSNAP

60

Image by: FASHIONSNAP

61

Image by: FASHIONSNAP

62

Image by: FASHIONSNAP

63

Image by: FASHIONSNAP

64

Image by: FASHIONSNAP

65

Image by: FASHIONSNAP

66

Image by: FASHIONSNAP

ADVERTISING

アイノとアルヴァ アアルト書簡集

アイノとアルヴァ アアルト書簡集

著: ヘイッキ・アアルト=アラネン
翻訳: 上山 美保子
メーカー: 草思社
発売日: 2023/10/05
価格: ¥7,150(2024/03/14現在)

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

VMD担当

TOYODA TRADING CO.LTD.

VMD担当

月給

35万 〜 45万

詳細を見る

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

求人

販売職

LARDINI

販売職

月給

24万 〜 30万

詳細を見る

ジャーナル

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

記事を読む

ジャーナル

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

記事を読む

ジャーナル

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: FASHIONSNAP

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント