Fashioninterview

【インタビュー】梨花 モデル人生22年の素顔と節目

梨花 Image by Fashionsnap.com
梨花
Image by: Fashionsnap.com

■美とファッション

―体型維持や美容など、日頃から気をつけていることは?

 簡単で健康に良さそうなものは取り入れています。例えば食べ過ぎた次の日は半日断食して身体をリセットしたり、トレーニングや、スムージーとか。自分に合うものを取り入れて、「健康的な朝ごはんを食べている私」とか「美を気にしている私」って、意識させると効果がある気がしますね(笑)。

―好きなスタイルや、服選びのポイントは?

 ボーダーが好きとか、ネイルは赤がいいとか、好みはあまり変わっていないですね。でも年齢を重ねると、素材や丈のバランス、この色は肌がきれいに見えるなど、ファッションについてだいぶ分かってきました。着たいものを着るというより、自分に合っているものに対してどん欲になった気がします。今でも、新しい組み合わせを発見できた時には「楽しい!」って心から思うんですよね。

rinka_no22_bookmarc_02.jpg

「NO.22」マーク ジェイコブスの本屋BOOKMARC限定カバー


■仕事と家庭、50歳の女性像

―仕事と家庭の両立は多くの働く女性の課題です。

 私の場合、プライベートも含めて大きく変化しだしたのは30歳の頃から。結婚をしてからは、夜型から朝型に生活リズムが代わりましたね。仕事については、やっぱり子供を産んだ後も続けたくて、それが出来ている今の状況はすごくありがたいです。でも、バランスを取るのは本当に難しく「今、何をするべきか」ということを自分に聞き返して、調整するようにしています。

―同年代の女性に何かアドバイスするなら?

 「整理整頓」をすること。部屋の中だけじゃなくて、人生設計とか。整理ができていないと、逆に欲張っちゃったりすると思う。私の場合、放っておくと「あれもこれもやりたい」って、すぐ欲が出てくるので、色々と削ぎ落すことが必要ですね。整理整頓をして自分自身と向き合って、「それ本当に必要?」「今一番大切なことは何?」って見つめ直すことで見えてくるものがあると思います。

―今回のリセットによって、これから目指す方向は見えてきましたか?

 20代の頃は好奇心があまりない方だったんですが、なんだか今、好奇心が旺盛なんですよね(笑)。50代になった時に「こういう女性になりたい」という女性像も見えてきているところです。例えば髪型だったら、50歳でベリーショートにしてみたい。ショートヘアにパールのピアスがすごく似合ってる女性とか、いいですね。これからも色々な経験を重ねて、可愛らしさもありながらカッコイイ女性を目指していきたいと思っています。

梨花モデル歴22年の集大成 スペシャルブック「NO.22」5月28日発売
「NO.22」マーク ジェイコブスの本屋BOOKMARC限定カバー 詳細


■『NO.22』BOOK&GOODS
 http://www.smooche.jp/rinka/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング