sacai 2020年秋冬コレクション
Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

サカイが探求する"4次元シルエット"とワンランク上の上質 20AW

サカイ 2020年秋冬ウィメンズコレクション
サカイ 2020年秋冬ウィメンズコレクション
Image by: Maria Valentino /MCV Photo

 「サカイ(sacai)」2020年秋冬ウィメンズコレクションのバックステージで、阿部千登勢は今シーズン目指したイメージについて「4次元」と話した。高度なハイブリッドの手法に定評があり立体的なフォルムを得意としているが、それをさらにグレードアップし、時間と動きを掛け合わせることで3次元を超えるようなシルエットを探求したという。

— ADの後に記事が続きます —

進化するハイブリッド

 サカイの進化はファーストルックから見て取れた。抜擢したモデルは、デビューから約半年で飛躍的に活躍している美佳。アンクル丈のドレスはシルキーな質感で、上品なブラウンのロングジレとアシンメトリーにドッキングしている。歩くとドレスのフレアがドラマチックに広がり、弾むように揺れる極太チェーンのイヤリングの輝きと共に、上質な装いを印象付けた。

 ハイブリッドのアプローチはこれまでも取り入れているが、いつもよりもフラットかつシンプルなラインに仕立てつつ、歩いたり動きを加えることで変化する"4次元シルエット"が特徴。パンツスーツがイブニングドレスに、定番ウェアが意外性のあるフォルムに変容した。また、シルクサテンなどドレッシーな素材を対照的なテキスタイルで引き立てるといった、ワンランク上の上質感が際立った。

 

NASAの宇宙とAlexander Girardのアート

 特徴的な宇宙柄のテキスタイルも4次元の着想から。NASAが所有する6000枚のイメージからセレクトしたという。また、カリグラフィーを用いたモダンなグラフィックは米アーティストのアレキサンダー・ジラード(Alexander Girard)による作品で、特別なカラーでプリントに用いた。よく見ると「SACAI」のアルファベットが隠れている。

 

イヤホン型のゴールドアクセサリー

 アクセサリーでは、ゴールドの極太チェーンが耳や手首を華やかに飾った。中でもユニークなのはイヤホン型のアクセサリー。イヤホンのコードを耳の後ろに掛けるような形状で、ゴールドチェーンが耳たぶの後ろ側で揺れる仕様になっている。ネックレスはパールとビジューをチェーンとミックス。サテンのロンググローブがクラシカルなイメージを強調しつつ、ジョッキーブーツを連想させる硬派なブーツを合わせるという、サカイならではのバランスでスタイリングを仕上げた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング