2020年春夏コレクション
Image by: VALENTINO

Fashion 注目コレクション

ヴァレンティノ20年春夏は引き算の白とジャングルモチーフ、ジュエリーの強化も

2020年春夏コレクション
Image by: VALENTINO

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」が、パリで2020年春夏ウィメンズコレクションを発表した。クリエイティブディレクターのピエール パオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)はアーティスティックなアプローチで、引き算によるモノクロームに、フォービズムを想起させるジャングルモチーフが彩りを添えた。

— ADの後に記事が続きます —

 ショーはライムグリーンで彩られた特設会場で行われ、スタートから序盤はシャツを軸にオールホワイトのルックが続いた。グレーとホワイトの濃淡のみで絵画を描くテクニック「グリザイユ」のように、ヴァレンティノならではのクチュールテクニックを引き算の手法で引き立たせた。

 中盤からは、ナチュラルなシルエットのライムグリーンやピンクのドレス、そして植物や動物といったジャングルのモチーフが原始的な美を注入。終盤は再びホワイトルックに戻り、透ける素材が重なる陰影や刺繍によって繊細なディテールが際立った。

 今シーズンからジュエリーを強化しており、存在感のあるゴールドをはじめ、猿やパンサーといった大振りの動物モチーフがピアスやネックレスに用いられた。

 その他、ロープとフリンジで装飾されたバッグが新登場。また定番バッグ「ロックスタッズスパイク」の蛍光カラーは、"see now buy now(=見てすぐ買える)"の取り組みで、ショーの直後から店頭で販売を開始している。

【パリコレ情報を更新中】ファッションウィーク特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング