お買いモノ

2022年も飛躍の年に!おすすめデザイン別お財布まとめ<メンズ>

 怒涛の1年を駆け抜けた2021年が終わり、2022年は明るく気分が上がるような日々を迎えたいですね。そこで今回は、ラッキーデーと言われている「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる1月11日に願をかけ、運を引き寄せるべくお財布の新調を後押し!ビジネスにもプライベートにも頼れる、そんな実用的でジェントルなブランドウォレットを集めました。タイプ別にリストアップしたコレクションの中から、お好みの一品をチョイス。

関連記事
2022年のお財布はどのカラーを選ぶ?新年から使い始める色別まとめ<ウィメンズ>

— ADの後に記事が続きます —

 2022年にお財布を使い始めるなら、1月11日の「天赦日」と「一粒万倍日」が重なるラッキーデーが狙い目。天赦日は2022年に6回しか訪れない貴重な大吉日で、運気が上を向きハッピーが叶うと言われている最上の日。一粒万倍日は文字通り、一粒が数万倍にも増えて実るという、何かをはじめることに適した吉日です。

 このふたつの吉日が交わる1月11日は、新しいお財布の開封やキャリアのスタートにもぴったり。プライベートやビジネスを支えるお財布を、心機一転この日に交換しラッキーが溢れる2022年のスタートをきってみませんか?

折りたたみ財布

マルニ(MARNI)

 シンプルな構造で扱いやすく、内ポケットやバッグにすっきりと収まる二つ折り財布。ビジネスにもプライベートにも活躍する、「マルニ(MARNI)」のサフィアーノカーフスキン製ウォレットは、豊富なカラーバリエーションの中からビジネスにも映えるシックな単色パターンをチョイス。

二つ折り / カード入れ x 5 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

グッチ(GUCCI)

 長きに渡り愛されている、「グッチ(GUCCI)」の「アニマリエ」レザーウォレット。1970年代に登場したBeeアーカイブモチーフが、伝統と共にエレガントに佇みます。幸せを運ぶ蜂と共に、2022年の飛躍を願って。

二つ折り / カード入れ x 8 / 札入れ x 2 / 小銭入れ:無

ロエベ(LOEWE)

 「ロエベ(LOEWE)」の二つ折り財布は、エンボス加工されたアナグラムが静かにアピールされたミニマムなデザイン。キャッシュレス時代にぴったりの、スマートな所作が叶うシルエットです。

二つ折り / カード入れ x 8 / スリップポケット x 2 / 札入れ:有 / 小銭入れ:無

トム フォード(TOM FORD)

 ゴールドのハードウェアがセンシュアルなムードを醸す、「トム フォード(TOM FORD)」の折りたたみ財布。マネークリップで紙幣を収納する仕様は、コンパートメントの厚みが無い分かさばらずスリムなボディを保てます。見通しが良く使い勝手も申し分なし。

二つ折り / カード入れ x 8 / マネークリップ付き / 小銭入れ:無

バーバリー(BURBERRY)

 クラシカルチェックが紳士なアクセントになる、「バーバリー(BURBERRY)」の折りたたみ財布。真っ黒ばかりじゃつまらない、そんなメンズにはロゴがなくとも伝統的なブランドのポリシーを堪能できる、正統派なアイテムがおすすめです。

二つ折り / カード入れ x 8 / 札入れ:有 / 小銭入れ:無

ジップアラウンド

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)

 くるりと囲まれたジップアラウンドタイプのお財布は、プライバシーを守り、小銭やカードを落としてしまう心配も少ない安心感のあるアイテムです。ウォレットシリーズが豊富にリリースされている「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」からは、ステッチがずれたようなアンバランスさが珍しい、特別感のあるデザインをピックアップ。

二つ折り / カード入れ x 3 / パッチ ポケット x 2 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」はラウンドファスナーやL字ジップなど、ミニマムなウォレットコレクションにファンも多いブランドです。表面には一切装飾を付けていないこちらのお財布は、使いやすさと匿名性のあるプレーンさが人気の秘訣。

二つ折り / カード入れ x 3 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

ジル サンダー(JIL SANDER)

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」の折りたたみ財布は、コンパクトに施されたエンボスロゴのみを加えたシンプルなデザイン。コインパースを広くとり、ポケットも装備されているので現金の持ち歩きにも最適です。

二つ折り / カード入れ x 3 / パッチ ポケット x 1 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

 ジェントルで正統派なウォレットシリーズが多い「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」からは、カジュアルなムードに心惹かれるラバーのお財布をチョイス。タフなボディにはあえてカードスロットを装備せず、出し入れが億劫に感じることのない使い勝手の良さを実現できます。

二つ折り / パッチ ポケット x 2 / 札入れ x 3 / 小銭入れ:有

バーバリー(BURBERRY)

 本社住所をフィーチャーした、ホースフェリープリントデザインがスタイリッシュな「バーバリー(BURBERRY)」のジップウォレット。ネックストラップを取り付けられるリングが装備されているので、レジャーやワンマイルコーデの実用的なファッションアクセントとしても活躍する予感。

二つ折り / カード入れ x 6 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

長財布

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

 忙しく日々をこなすビジネスマンから、まだまだ絶大な支持を得ている長財布。「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のモダンなマキシイントレチャートで構築されたアイテムは、納得の大容量で頼れる相棒的存在になりそう。トライアングルモチーフのジッパーがチャームポイントです。

ジップアラウンド / カード入れ x 12 / ポケット x 2 / 札入れ x 2 / 小銭入れ:有

サンローラン(SAINT LAURENT)

 スマートでジェントルな「サンローラン(SAINT LAURENT)」の長財布。すっきりとしたフォルムに隠された、整理収納が叶うコンパートメントが魅力的。細かなグループ分けが可能なので、計算されたポジションの配置が叶う、知的なメンズにぴったりのアイテムです。

二つ折り / カード入れ x 14 / 札入れ x 4 / 小銭入れ:有

ミニ財布

バレンシアガ(BALENCIAGA)

 ミニ財布の先駆者的ブランド「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、豊富なバリエーションとカラーリングで選ぶ楽しさもひとしお。ベーシックなブラックは、ストリートにもセミフォーマにも対応可能な万能選手です。ロゴアイテムも、スモールレザーグッズなら挑戦しやすいのでは?

三つ折り / 隠しカード入れ x 3 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)

 真っ黒なボディにサインが走った「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」の三つ折り財布。艶めくレザーがダンディなオーラを放ち、唯一無二の存在感を放っています。ラグジュアリーでもストリートでもない、アヴァンギャルドなモードを手のひらで堪能してみてはいかが?

三つ折り / カード入れ x 4 / 札入れ:有 / 小銭入れ:有

シングルポーチ

ジル サンダー(JIL SANDER)

 ミニマムなディテールに心惹かれる「ジル サンダー(JIL SANDER)」のシングルポーチタイプのお財布。カードケース以上のコンパートメントを実装し、現金の持ち歩きも可能です。ブランドを主張しないミニマムな一品をお探しなら、是非。

カードケース / カード入れ x 6 / フラットポケット x 1

グッチ(GUCCI)

 型押しされたGGスプリームがおしゃれな「グッチ(GUCCI)」のカードケース。コンパクトさがこなれ感を演出する、エレガンスなブランドのモチーフを凝縮したアイテムです。センターのポケットには現金の収納も可能。

カードケース / カード入れ x 5 / フラットポケット x 1

ストラップ付き

バレンシアガ(BALENCIAGA)

 手に持って、首から下げて、ファッションアクセサリーとしてコーディネートに取り入れたくなる「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のカードケース。ブランドには珍しい、小文字で大胆にデザインされたロゴは遊び心を満たします。もちろん、カードも現金も収納可能で使い勝手も◎。

カードケース / カード入れ x 4 / 小銭入れ:有 

バーバリー(BURBERRY)

 最後にご紹介するのは、鮮やかなブルーが爽やかな「バーバリー(BURBERRY)」のカードケース。ワントーンのカラーリングでスタイリングに挿しやすく、軽やかなデザインは持つだけで気分も上がります。ウィークエンドに持ちたい、そんな冒険心溢れるファッショングッズです。

カードケース / カード入れ x 5 / 小銭入れ:有

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング