ブランド

kotohayokozawa

コトハヨコザワ

kotohayokozawa

「コトハヨコザワ」とは?——人気のtodoシリーズから最新コレクションまで

kotohayokozawaのロゴ

 2015年にスタートした横澤琴葉(ヨコザワ コトハ)がデザイナーを務めるウィメンズブランド。即興的な手法で仕上げた一点物のアイテムを数多く製作することで、ブランドの地位を確立している。またコンセプトの異なるセカンドライン「トゥードゥー コトハヨコザワ(todo kotohayokozawa) 」「サムバディ コトハヨコザワ(somebody kotohayokozawa)」も展開しており、ファンを拡げ続けている。

Profile

プロフィール

Yokozawa Kotoha横澤琴葉デザイナー

1991年生まれ。エスモード東京校を卒業後、アパレル企業でデザイナーとして勤務。並行してここのがっこうで学ぶ。退職後、エスモードAMIに通い、2015年3月より「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」をスタート。2018年より即興性を重視した一点を中心に展開するライン「トゥードゥー コトハヨコザワ(todo kotohayokozawa)」を立ち上げる。2019年春夏コレクションから、再利用品のみを使用したライン「サムバディ コトハヨコザワ(somebody kotohayokozawa)」も展開。

    - BRAND CONCEPT -

    「何でもない日々に収まりきれない気持ちを着る」

     2015年にスタートした横澤琴葉がデザイナーを務めるウィメンズブランド「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」。メインラインの他に、実験的なものづくりを行う「トゥードゥー コトハヨコザワ」古着などをカスタムして作る「サムバディ コトハヨコザワ」も進めながら、服との新しい関わり方を常に提案している。

     ブランドコンセプトについて横澤は「何気ない日常から着想を得ることが多く、 身に付けた人の感情と振る舞いの繋がりを常に追求している」と話す。横澤が生み出すキャッチーなアイテムやブランドの立ち振舞いは、業界内からも注目を集めており、シーズンを重ねる毎にその存在感を増し続けている。

    kotohayokozawa Image by FASHIONSNAP
    kotohayokozawa Image by FASHIONSNAP
    todo kotohayokozawa Image by kotohayokozawa
    todo kotohayokozawa Image by kotohayokozawa
    somebody kotohayokozawa Image by kotohayokozawa
    somebody kotohayokozawa Image by kotohayokozawa

    - CHARACTERISTIC ITEM -

    「コトハヨコザワ」を代表するセカンドライン「todo kotohayokozawa」

     プリーツシリーズ「トゥードゥー コトハヨコザワ」は、ブランドを語る上では外せない人気ライン。「"今日着よう"とか"明日着よう"と思った服をすぐ作って着れるようになれば理想」という思いから、約25分で作れるプリーツトップスを発案したことが「todo」のスタートとなっている。

     2020年にはズーム(Zoom)を活用したオンラインコミュニケーションショップ「ウチ@ミキリハッシン」の企画にて、オンラインで顧客と対話しながら「todo」シリーズのカスタムアイテムを製作したほか、ルームウェア「STAY HOME WEAR SET」をECで限定発売するなど、時代に合わせた活動の広がりを見せている。

    todo kotohayokozawa Image by kotohayokozawa
    todo kotohayokozawa Image by kotohayokozawa

    -HIGH QUALITY-

    「todo」シリーズの特徴は、メローロックを使用した製法とデコレーションパーツ

     「todo」のアイテムは、シワになりにくく乾きやすいポリエステル素材で作られており、さらっとした肌触りが特徴。またプリーツ素材でサイズを気にせずに着られるという点も人気の理由の一つ。

     「todo」シリーズに多用されているメローロックと曲線でカットされたデコレーションパーツは、一点物を作っていた当初に編み出されたもので、今も変わらないスタイルで製作されている。シーズン毎に変わるグラフィックプリントは、日常で気になった風景やモチーフをデザインに落とし込んでおり、アイテムを通してデザイナーの今の気分を感じることができる。

    todo kotohayokozawa Image by FASHIONSNAP
    todo kotohayokozawa Image by FASHIONSNAP
    メローロックで仕上げた縁 Image by FASHIONSNAP
    メローロックで仕上げた縁 Image by FASHIONSNAP

    -WHO TO WEAR-

    自分なりのスタイルを楽しめる人に着てほしい

     「公園でおにぎりを食べていても、レストランでディナーを食べていても、場所や環境を問わず自分なりの楽しみ方ができる人に着てほしい」と横澤は話す。カジュアルにもフォーマルにも着こなせる柔軟性を持つ「コトハヨコザワ」のアイテムは、装いによってその人らしさをより引き立ててくれる。

    -RECOMMEND SHOP-

    おすすめの店舗は、近くにあるお店

     「店舗の雰囲気や一緒に並ぶブランドが違えば、同じアイテムでも全く別物」と考える横澤は「近くの取り扱い店舗で店員さんとの会話を楽しみながら、試着してみて欲しい」と語っている。公式インスタグラムのハイライトには、各シーズンの取り扱い店舗がまとめられており、デザイナーのコメントと一緒にオンラインショップツアーを楽しみながら、気になる店舗を探すことができる。

    -PERSON-

    ブランドと関係の深い人物は、日高俊

     「ヒダカ(HIDAKA)」を手掛ける日高俊は、ゾゾ(ZOZO)のD2Cプラットフォーム事業「YOUR BRAND PROJECT」からスタートした「シンク(SINK)」を横澤と一緒に立ち上げたパートナーであり、生活をともにする夫婦でもある。彼らが運営している公式Youtubeチャンネルでは、「シンク」の商品説明だけではなく、2人の馴れ初めや学生時代の話など、ブランドとデザイナーをより深く知ることができる。

    左:HIDAKAデザイナー日高俊  右:デザイナー・横澤琴葉 Image by FASHIONSNAP
    左:HIDAKAデザイナー日高俊  右:デザイナー・横澤琴葉 Image by FASHIONSNAP

    -COLLABORATION-

    印象深いコラボレーションは、ZOZOとの協業ブランド「SINK」

     日高と一緒に手がけているゾゾとの協業ブランド「シンク」。様々な分野で活躍している23組がファッションブランドを立ち上げるプロジェクト「YOUR BRAND PROJECT」に応募したことがきっかけで、このコラボレーションが実現した。

     「シンク」のコンセプトは「家で過ごす自分のままで、どこまで出かけられるだろう」。家とストリートの"間"を意識したルームウェアやスエット、ランドリーバックなど、幅広い人が身に着けやすいアイテムを提案している。2020年10月に発表した第1弾は、発売と同時に完売するアイテムが続出した。

    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK
    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK
    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK
    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK
    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK
    「SINK」2021年秋冬コレクション Image by SINK

    -HISTORY-

    豪雨の中で行った初の単独ショーがブランドの重要歴史

     建て替え中であった渋谷パルコの工事現場を舞台に開催された2018年春夏コレクション。台風21号の影響でショー当日に一般公開が急遽中止となり、プレスなど関係者のみに向けてコレクションを披露した。「工業的な場所や工事現場などの風景がブランドイメージの中に常にあったので、この場所でやりたかった」という強い思いもあり悪天候の中でもショーを決行。傘をさしながらランウェイを歩くモデルの姿が、強く印象に残るコレクションとなった。

    「kotohayokozawa」2018年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP
    「kotohayokozawa」2018年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP
    「kotohayokozawa」2018年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP
    「kotohayokozawa」2018年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP

    -NEW COLLECTION-

    最新コレクションの2021年秋冬の特徴

     街の風景や日常で使う布団シーツをグラフィックに落とし込んだアイテムが目を引く2021年秋冬コレクション。「生活の中で見える風景や、自分自身の私服で好きなディテールなどを様々なシーンに着られるようコレクションに落とし込んだ」という同コレクションは、プリーツで作られたバッグや「todo」シリーズのプリーツ生地が挟み込まれたベルトなど、スタイリングのアクセントとして活躍してくれるアイテムが豊富なラインナップとなっている。

    「kotohayokozawa」2021秋冬コレクション Image by kotohayokozawa
    「kotohayokozawa」2021秋冬コレクション Image by kotohayokozawa

    -FAVORITE ITEM-

    2021年秋冬 デザイナー横澤本人の特に好きなアイテムは「ジャガードニットのセットアップ」

     Tシャツとデニムを着ている女性の姿の柄がアイコニックなジャガードニットのセットアップ。「常にTシャツ&デニムで過ごしたいけど、真冬は寒くて着ることができないので、服の中で表現しました。」と、デザイナーの理想を絵柄で叶えたユーモア溢れるセットアップだ。

    ジャガードニットのセットアップ Image by FASHIONSNAP
    ジャガードニットのセットアップ Image by FASHIONSNAP
    ジャガードニットのトップス Image by FASHIONSNAP
    ジャガードニットのトップス Image by FASHIONSNAP

    主要年表

    【2021年】

    「サムバディコトハヨコザワ」から、シーズンの異なるアイテムを組み合わせたドレスをはじめ、古着とドッキングしたカットソーなどの新作を発表

    【2020年】「第38回毎日ファッション大賞」新人賞・資生堂奨励賞を受賞。ZOZOのD2Cプラットフォーム事業「YOUR BRAND PROJECT」に参加し、日高俊と「シンク」をスタート。

    【2019年】伊勢丹新宿店本館で開催された「S by sloggi × TOKYO解放区」にて、スロギーとのコラボーレーションアイテムを発売。

    【2018年】 
    「Tokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門」入賞。また、「FASHION PORT NEW EAST」として、2019春夏コレクションから2シーズン東京ファッションウィークへ参加。

    2019年春夏コレクションにて、セカンドライン「トゥードゥー コトハヨコザワ」、古着やアーカイブなどをカスタマイズする「サムバディ コトハヨコザワ」を発表した。

    【2017年】
    渋谷パルコ工事現場で、初の単独ショーとなる2018春夏コレクションを発表。

    【2015年】 
    ここのがっこう&エスモードで学んだ後、ブランドを立ち上げる。また、「東京ニューエイジ」の1ブランドとして2016年春夏コレクションをショー形式で発表。

    Collection

    kotohayokozawaのファッションショー・ルックブック

    kotohayokozawa 2021年秋冬

    2021AW

    kotohayokozawa

    2021年秋冬コレクション

    2020-21AW

    SINK kotohayokozawa

    2020-21年秋冬

    2019-20AW

    kotohayokozawa

    2019-20秋冬

    2019SS

    kotohayokozawa

    2019年春夏

    2018SS

    kotohayokozawa

    2018年春夏

    2017-18AW

    kotohayokozawa

    2017-18秋冬

    2017SS

    kotohayokozawa

    2017年春夏

    2016-17AW

    kotohayokozawa

    2016-17秋冬

    2015-16AW

    kotohayokozawa

    2015-16秋冬

    News

    kotohayokozawaに関連するニュース

    kotohayokozawaのツイートより

    コトハヨコザワがコピー商品をSNSで紹介、デザイナーによる検証動画も

     「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」の横澤琴葉(日高琴葉)が、類似品を紹介するプロジェクト「#COPY_kotohayokozawa」をツイッターやインスタグラムなどのSNS上で始動した。消費者が日常で見かけたコトハヨコザワのコピー品をハッシュタグと合わせて投稿してもらう取り組みだという。 プロジェクトを告知するツイートでは、コトハヨコザワが手掛けたニットと、顧客からの連絡で模倣が発覚したという「Ily vintage」で販売していたニットの画像を並べて投稿。横澤自身で生地の厚み...

    Fashion /

    サムバディコトハヨコザワ(somebody kotohayokozawa)

    コトハヨコザワの一点物ラインから新作、ショー背景の素材を再利用したトートバッグなど

     「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」による再利用品のみを使用したライン「サムバディコトハヨコザワ(somebody kotohayokozawa)」から、一点物の新作アイテムを1月18日21時に発売する。公式オンラインストアのみで取り扱う。 サムバディコトハヨコザワは、コレクションの製作過程で作られたサンプル品やアーカイヴ、B品(キズや汚れが発生した商品)などを解体・加工して一点物を作る新ライン。2019年春夏コレクションのショー...

    Fashion /

    ビューティフルピープル熊切秀典やワークマンプラスが受賞、2020年度「毎日ファッション大賞」の表彰式開催

     2020年度「第38回毎日ファッション大賞」の表彰式が11月18日の今日、恵比寿のEBiS303で開催された。大賞は「ビューティフルピープル(beautiful people)」を手掛ける熊切秀典、新人賞・資生堂奨励賞は「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」のデザイナー横澤琴葉、鯨岡阿美子賞はファッション甲子園実行委員会、話題賞は「ワークマンプラス(WORKMAN Plus)」が受賞。表彰式では横澤琴葉が、テキストレーターのはらだ有彩をゲストに迎えたトークショーとプレゼンテーションを行った。

    Fashion /

    「コトハヨコザワ」ZOZOのD2Cプロジェクトで新ラインをスタート、ユニセックスのルームウェアを展開

     デザイナーの日髙琴葉が手掛ける「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」が、新ライン「シンク コトハヨコザワ(SINK kotohayokozawa)」を立ち上げた。10月29日からゾゾタウン(ZOZOTOWN)限定で販売する。 新ラインは、ZOZOが一般公募オーディションの合格者をはじめとする計18組とファッションブランドを立ち上げるD2Cプロジェクト「YOUR BRAND PROJECT Powered by ZO...

    Fashion /

    熊切秀典

    ビューティフルピープル熊切秀典が「第38回毎日ファッション大賞」大賞受賞、話題賞はワークマンプラス

     2020年度「第38回毎日ファッション大賞」の各受賞者が発表された。大賞は「ビューティフルピープル(beautiful people)」を手掛ける熊切秀典、新人賞・資生堂奨励賞は「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」のデザイナー 横澤琴葉、鯨岡阿美子賞はファッション甲子園実行委員会、話題賞は「ワークマンプラス(WORKMAN Plus)」が受賞した。表彰式は11月18日にEBiS303で開催する予定。 熊切は1974年神奈川生まれ。「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」のパタンナーを経て2007年にビューティフルピープルを立ち上げた。2011年に初の旗艦店を青山に出店...

    Fashion /

    Inside

    kotohayokozawaに関連する特集・連載

    【動画連載: THINK FASHION.02】U30の気鋭デザイナー3人とSTUDY長畑が語る「正直に表現すること」

     FASHIONSNAP.COMが、新動画コンテンツ「THINK FASHION.」をスタート。毎回さまざまなフィールドで活躍するファッションに関わるゲストが集い、ファッションの現在と未来について話し合います。第2回のテーマは「正直に表現すること」。ゲストとして「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」デザイナー 横澤琴葉さん、「ティー(TTTMSW)」デザイナー 玉田翔太さん、「ユウショウコバヤシ(Yusho Kobayashi)」デザイナー 小林裕翔さん、司会に雑誌「STUDY」編集長の長畑宏明さんを迎えてお届け。FASHIONSNAP.COMのYouTubeチャンネルで公開中です。

    Fashion /

    「コトハヨコザワ」2019-20年秋冬コレクション

    今の時代の"アグリーセーター"は?高い編集能力を発揮した「コトハヨコザワ」19年秋冬

     「自分が半袖のTシャツにミニスカートみたいな格好が好き。そういうテンションで着られる服を秋冬でも作りたいと思った」ーー デザイナー 横澤琴葉が手掛ける「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」が3月19日に発表した新作は、秋冬コレクションでありながら、どこか春夏のような陽気なムードが漂っている。日用品からイメージや記憶、感情まで、日常の中で見過ごしてしまうような些細なモノゴトに面白さを見出し、コレクションを生み出すデザイナーの高い編集能力は今シーズンも顕在だ。 昨年10月に東京ファッションウィークで初のショーを開催した横澤。「前回この会場に立った日から今日までの半年間で自分が感じてきたことを、できるだけ素直に表現しようと努めた」と話す横澤が最近よく考...

    Fashion /

    東京ファッションウィークの初参加6ブランドにフォーカス

     東京ファッションウィーク「Amazon Fashion Week TOKYO 2019 S/S」が10月15日に開幕する。初参加の20ブランドの中から、「ステア(STAIR)」「イン(IHNN)」「コトハヨコザワ(kotohaykozawa)」「マラミュート(malamute)」「クセニア シュナイダー(Ksenia Schnaider)」「アール エー ビー ディー(RABD)」の実力派6ブランドをピックアップ。それぞれのデザイナーに、ブランドの特徴と2019年春夏のコレクション発表に向けた思いなどを聞いた。(発表スケジュール順)■ファッションウィークの最新情報、コレクションルックを随時更新:特設サイト ステア 2019年春夏プレスプリングコレクション image by STAIR ブランド名:ステア(...

    Fashion /

    Collection

    kotohayokozawaに関連するコレクション

    Post

    kotohayokozawaに関連するポスト

    Ranking Top 10

    アクセスランキング