Fashion今日の1番さん

『今日の1番さん:コム デ ギャルソン編』ギャルソンに2000万円は使ったという男性はBlackmarketで何を買った?

 話題のスポットで今日1番〇〇した人に話を聞く「今日の1番さん」。今回は、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」編。11月12日に「闇市」をテーマにした期間限定ショップ「Blackmarket」が、約2年ぶりにオープンしました。注目のコラボレーションアイテムや、定番商品をBlackmarket仕様にアレンジしたアイテムなど約45型のスペシャルアイテムを販売しています。初日は10時に入店順を決める抽選を実施し、平日の朝にも関わらず店舗前に約250人が行列を作りました。オープン時間の12時(2日目以降は11時オープン)に入店した人の中から最初に取材に応じてくれた「今日の1番さん」に話を聞きました。

ギャルソン 闇市 ブラックマーケット

関連記事
コム デ ギャルソン「闇市」の内部公開、グッチやG-SHOCKなど約45型のスペシャルアイテムを販売

— ADの後に記事が続きます —

今日の1番さん:44歳 自営業

店舗には何時に来たんですか?

 抽選なので、早く来なくても良いかなと思って9時50分ぐらいに来ました。神宮前交差点辺りが列の先頭だったんですが、僕が並んだのは「ジャイル(GYRE)」ビルの前ぐらいでしたね。その後もどんどん人が増えていて、想像以上の行列でした。

目当ての商品は決めていましたか?

 縮絨のブルゾンと「ウルフズヘッド(WOLF'S HEAD)」とのコラボのネックレスです。縮絨のブルゾンは1994年の形の復刻らしく、おそらくこれまで同じ仕様で出てないと思うんです。しかも現行のラインナップでウールの縮絨のアイテムって多くはないので、欲しいなと。ネックレスはウルフズヘッドのネックレスを見たことがなかったのと、元々ネックレスを探していたのでちょうど良いなと思って買いました。

—実際に購入したのは?

 欲しいと思っていた2点と、「グッチ(GUCCI)」とコラボしたショッパー型バッグです。3年前にハッピーホリデーというギャルソンのイベントでもグッチとのPVCバッグが発売されていましたが、その時は買い逃していたんですよ。今回せっかく1組目で入れましたし、実際に見てみるとやっぱり格好良いなと思って購入しました。金額は3点で17万円ぐらいです。あとは、「プレイ コム デ ギャルソン(PLAY COMME des GARÇONS)」のオーバーサイズTシャツが意外と良くて、あれも買っておけば良かったかもと後悔し始めています(笑)。

—ギャルソンの「Blackmarket」は今回が4回目ですが、これまで来たことはありますか?

 初回のジャイルと、3回目の表参道のときは行ったので東京で開催されたものには全て行っています。でも1回目はたしか発表も当日で何が起こっているのかよくわからず2〜3日目に行って、3回目のときはタイミングが合わず数日後に行ったんです。初日に入れたのは今回が初めてですし、ブラックマーケットで購入したのも今回が初めてです。

—これまでギャルソンではどれぐらい買い物していますか?

 最低でも2000万円は使っていると思います。

—1番思い入れのあるアイテムは何ですか?

 初めて買った「コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)」のシャツです。1998年ぐらいに買ったんですが、未だに持っています。マドラスチェックのシャツを後染めしているものでデザイン的にはシンプルなものなんですが、そのシャツの凄いところが20年以上着ているのに一度もボタンがほつれたことがないんですよ。

—ギャルソンのどういったところが好きですか?

 見たことないようなものを作るところが好きですし、面白いです。最初はレーベルもいっぱいあるし複雑で難しいイメージだったんですけど、初めて買ったシャツからズブズブと時間をかけて沼に浸かりました(笑)。

縮絨のブルゾン
縮絨のブルゾン

—なるほど(笑)。今、他に欲しいアイテムはありますか?

 今日発売した「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」とコラボしたエア ジョーダン 2は、抽選が外れちゃったんですけど欲しいです。あとは「シュプリーム(Supreme)」と「ティファニー(Tiffany & Co.)」のコラボのボックスロゴTシャツが気になっています。

今日この後のご予定は?

 お昼ご飯を食べて、仕事します。

ありがとうございました!

ユニクロ ホワイトマウンテニアリング コラボレーション

前回の1番さん
『ユニクロ×ホワイトマウンテニアリング編』久しぶりにホワイトのアイテムを買った男性にインタビュー

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング