tsuhanshinbun

番組の質向上などにつなげる狙い、ジュピターショップチャンネルが撮影スタジオを新設

通販新聞

日本唯一の通販市場の週刊専門紙

フォローする:

通販専門放送を行うジュピターショップチャンネル(JSC)は撮影スタジオを新設する(画像は完成イメージ)。2021年初旬までに東京・東陽町に撮影スタジオを建設してあわせて同スタジオに隣接する拠点に本社も移転させる。同社では12月1日からBS4K放送をスタートさせており、スタジオの新設で4K放送に対応する撮影設備を整えるほか、現行のスタジオよりも拡大し、機器などを刷新することなどで表現力を高め、番組の質向上などにつなげる狙い。

新スタジオは東京都江東区東陽7‐2‐18に新設する予定。賃貸ではなく、自社所有となるようだ。広さについては明らかにしていないが、東京・新川にある現在の撮影スタジオよりもかなり大きく広くなる模様。また、本社を移転させることになる新スタジオに隣接するオフィス棟については、スタジオのように新設はせず、「既存の建物を使用予定」(同社)としているが、現在、新川と日本橋箱崎町などのオフィスに分散している従業員を一カ所に集約できる程度の広さを確保している模様。

スタジオの新設について同社では12月1日から放送がスタートした新4K8K衛星放送で同社も基幹放送事業者の1社としてBS4K放送「ショップチャンネル4K」を開始しており、現時点では現行放送である2K(フルハイビジョン)映像を画像処理し4K画質にアップコンバートする形で放送しているものの、今後、同放送の本格的な普及・定着が見込まれる中、アップコンバートではない4K映像である「ピュア4K」での放送に切り替えるため、必要な放送機材や設備を整えるためにこのタイミングでスタジオを新設し、移転することにしたようだ。

同社では現在、有志による「移転プロジェクト」を組成し、準備を開始しており、4K放送設備を完備したスタジオと従業員の声を反映した働きやすいオフィス作りを進めていく考えとしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング