ららぽーとTOKYO-BAY店
ららぽーとTOKYO-BAY店
Image by: アダストリア

Fashion

アダストリア初のOMO型店舗「ドットエスティストア」がオープン、デジタルサイネージなどを活用

ららぽーとTOKYO-BAY店 Image by アダストリア
ららぽーとTOKYO-BAY店
Image by: アダストリア

 アダストリアが、25以上の展開ブランドが揃う公式オンラインストア「ドットエスティ(.st)」から、初のOMO型店舗「ドットエスティストア」をオープンする。5月19日に1号店の「ドットエスティ ららぽーとTOKYO-BAY店」を、5月28日には「ドットエスティ ミッテン府中店」を出店する予定だ。

— ADの後に記事が続きます —

 OMO(=Online Merges with Offline)型店舗とは、実店舗とECの機能を連動させた業態。会員数1200万人以上を有するドットエスティのコンテンツを店舗設計に取り入れ、オンラインで培ったコミュニケーション方法を導入したという。店舗面積は、ららぽーとTOKYO-BAY店が約710平方メートル、ミッテン府中店が約495平方メートル。

 店内には、4つのメイン機能を導入。デジタルサイネージは、ショップスタッフのリアルクローズやライフスタイルを発信するウェブの人気スタイルコンテンツ「STAFF BOARD」と連動し、3000人から選ばれたスタッフによるブランドミックスのコーディネートを提案する。ランキングコーナーでは、ウェブストアで反響が大きかったアイテムを使ったコーディネートを紹介。ブランドレコメンドスペースには、ブランド横断で商品を提案し、オンラインストアで商品を選ぶような感覚で幅広いバリエーションのスタイリングを見られるようにした。また、ミラー型のサイネージを使ったパーソナルスタイリングサービスを展開。ウェブでの購入履歴を基にした関連アイテムが表示されるほか、オンラインから希望のスタッフの接客を予約することができる。

 このほかのウェブ連動サービスとして、オンラインで購入した商品を店頭で受け取れる。また、アプリから複数のブランドのアイテムを一度に試着予約可能になる。

アダストリア 木村治

関連記事
【インタビュー】アダストリア社長交代 次期社長の木村治氏に聞く「アパレルの会社"だった"と言えたら面白い」のチャレンジ

■ららぽーとTOKYO-BAY店
オープン日:2021年5月19日(水)
場所:千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY北館2階

■ミッテン府中店
オープン日:5月28日(金)
場所:東京都府中市宮町1-41-2 ミッテン府中2階
※緊急事態宣言により、オープン日が変更になる可能性あり。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング