Chrono24の公式サイトより
Chrono24の公式サイトより

Lifestyle

ロレックス新作「エクスプローラー」デリバリー開始、初期プレミアはSSが2倍以上

Chrono24の公式サイトより
Chrono24の公式サイトより

 ロレックス(ROLEX)の2021年新作モデル「エクスプローラー(Explorer)」の初期デリバリーが、スタートした。世界最大の高級時計マーケットプレイス「Chrono24」では、ステンレスモデル「Ref:124270」が140万〜217万円(定価は67万6500円)、ステンレスとイエローゴールドのコンビネーションモデル「Ref:124273」が180万〜190万円(定価は114万2900円)で出品されている。

ロレックス エクワン 36mm

関連記事
ロレックスが2021年の新作発表、エクスプローラー36mmのコンビモデル登場

— ADの後に記事が続きます —

 エクスプローラーの新作は、旧型(Ref:214270)の39mmから36mmにケースサイズをダウン。細腕の日本人を中心に「39mmサイズは大きすぎる」といった声も多く、二世代前の「Ref.114270」と同じ36mmに変更したことでロレックスファンから好評を得ている。キャリバーはパワーリザーブ約48時間の3132から、2020年に発表したパワーリザーブ約70時間の3230にアップデートした。

 近年、ロレックスでは多くのモデルが入手困難な状態で、新作時計にいくらのプレミア価格が付けられるのかも毎年話題に。今年はステンレスモデルが定価の2倍以上、コンビネーションモデルは約1.6倍の価格が付けられた。傾向としてデリバリー開始直後は初期プレミアの超高額で取り引きされ、以降は徐々に価格が落ち着いていくことが多いが、昨年頃から他モデルを含めロレックス全体で価格が高騰しているため「今後更に値上がりするのでは」といった見方がある。ますます加熱する市場の動向に注目が集まっている。

高級時計 緑 グリーン

関連記事
グリーンは新しいブルー? 高級時計でグリーン文字盤が続々登場

■Chrono24:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング