Image by: FASHIONSNAP

Business

小田急百貨店新宿店本館が解体へ、跡地には商業機能を備える高層ビルを建設

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 小田急百貨店が、小田急百貨店新宿店本館での営業を2022年9月末をもって終了すると発表した。新宿駅西口地区開発計画の進捗に伴い、建物を解体。新宿店は10月以降の工事期間中、新宿西口ハルクで営業を継続する。

関連記事
新宿駅西口にオフィスと商業機能を備える高層ビル建設、小田急百貨店本館は一時閉店予定

— ADの後に記事が続きます —

 新宿店本館は、1967年に全面開業。小田急線と丸ノ内線の2棟の駅ビル外観が同一のパネルによって統一された商業建造物で、西口広場とも一体となったデザインはモダニズム建築家坂倉準三が手掛けた。

 新宿店本館跡地には、新宿グランドターミナルの一体的な再編を象徴する大規模開発として、地上48階地下5階、高さ約260メートルの高層ビルを建設。高層部にオフィス機能、中低層部に商業機能を備え、オフィス機能と商業機能の中間フロアには、来街者と企業の交流を促すビジネス創生機能の導入する予定で、計画では着工が2022年、竣工が2029年となっている。

 10月以降の営業に向けて新宿西口ハルクは同年春頃から改装工事に着手し、改装後は食品、化粧品、インターナショナルブティック中心の構成になる予定。その他の売場を含めたフロア構成などの詳細は決定次第発表するという。

東急百貨店 解体 渋谷

関連記事
東急百貨店本店、2023年に建物解体 隣接するBunkamuraは長期休館へ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング