Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

Food

スタバがケーキやサンドイッチなど20%オフで販売、フードロス削減に向けた新プログラム

Image by スターバックス コーヒー ジャパン
Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

 スターバックス コーヒー ジャパンが、8月23日から「フードロス削減」を目指すプログラムを開始する。 店舗での食品の廃棄を極力減らす取り組みとして、ドーナツやケーキ、サンドイッチといったフードケース内の商品を閉店3時間前をめどに20%オフで販売。全国のスターバックス店舗が対象で、当日の各店の在庫状況に応じて実施の有無や開始時間などは異なるという。

スターバックス フラペチーノ ストロー

関連記事
スタバがフラペチーノのストローを紙製に切り替え、カップのシェアリングプログラムも導入へ

— ADの後に記事が続きます —

 スターバックスは2030年までに廃棄物を50%削減するグローバル目標を掲げており、店舗から排出される食品廃棄物の約15%を占める期限切れフードの廃棄量削減を重要な取り組みであると位置付けている。値引き商品の販売は今年3月から1ヶ月間、東京都と埼玉県の約90店舗でトライアルを実施。店舗の利用者から好評だったほか、トライアルを行った店舗のパートナー(従業員)からは「お客様と一緒に進められるサステナブルな取り組みで、誇りを持って商品を勧められる」「実際に廃棄量の削減につながり、心理的にもプラスに感じた」といったポジティブな声が集まったという。

 プログラムの実施中は「SAVE FOOD」のPOPを店頭に掲出。テイクアウト用の紙袋にはフードロス削減に関するメッセージを記載するほか、オウンドメディア「スターバックス ストーリーズ ジャパン」ではフードロス削減に向き合う同社の取り組みを詳しく紹介する。

 メディア向けのオンライン説明会に登壇したトライアル実施店舗のストアマネージャー田中冴子氏は「地球のため、社会のために何かしたいと思いながら一歩踏み出せずにいらっしゃった方など、今回の取り組みを説明することで是非貢献したいと仰ってくださるお客様が多く嬉しい。8月23日からは店頭のチョークボードにパートナーそれぞれの思いを綴ったメッセージを掲出する予定」と話した。スターバックス コーヒー ジャパンでは、同プログラムによる売上の一部は認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付し、地域の子どもたちの食を通じたより良い未来づくりに貢献するという。

スターバックス 47JIMOTO フラペチーノ

関連記事
スタバが都道府県ごとに異なる47通りの地域限定フラペチーノ発売 東京や千葉など一部メニューを先行公開

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング