BALMUDA The Brew
BALMUDA The Brew
Image by: FASHIONSNAP

Lifestyle

「最良のコーヒー体験に」バルミューダ、完成まで約6年かけたコーヒーメーカーをついに発売

BALMUDA The Brew Image by FASHIONSNAP
BALMUDA The Brew
Image by: FASHIONSNAP

 バルミューダが、クリアな後味を実現したオープンドリップ式コーヒーメーカー「バルミューダ ザ・ブリュー(BALMUDA The Brew)」を発表した。価格は税込5万9400円。バルミューダオンラインストアやブランドショップ、主要家電量販店、百貨店、インテリアショップなどでは9月8日の今日から予約を受け付けている。9月9日にはバルミューダ 松屋銀座、バルミューダ 阪急うめだ本店で先行展示をスタート。10月7日からバルミューダ製品正規販売店で順次販売を開始する。

バルミューダ BALMUDA Technologies

関連記事
バルミューダ、IT機器を扱う新ブランド「BALMUDA Technologies」を発表

— ADの後に記事が続きます —

 バルミューダ ザ・ブリューでは、理想的な香り・味わい・後味を追求したテクノロジー「クリア ブリューイング メソッド(Clear Brewing Method)」(特許出願中)を採用。緻密な温度制御やコーヒー豆の個性を引き出す0.2ml単位の正確なドリップ、バイパス注湯といった3つの独自の抽出方法により、雑味を極限まで取り除きコーヒー豆の個性をしっかりと引き出しながら、クリアな後味を実現させたという。すっきりとした味わいの「REGULAR」、短い間隔で湯を落とすことで、豆の成分をより凝縮した「STRONG」、アイスに最適な濃度のコーヒーを抽出する「ICED」の3つのモードを搭載し、好みや気分に合わせて飲み方を選ぶことができる。

 本体部分はマットなブラックを基調とした洗練されたデザインで、コーヒーが完成するまでの様子を視覚でも楽しめるようオープンドリップ式を採用。横幅は約14cmとコンパクトなサイズに仕上げた。コーヒーを淹れる際は中細挽き〜中挽きにしたコーヒー豆を用意し、ドリッパーにフィルターとコーヒー粉をセット。スタートボタンを押すと起動の音色と共にオレンジ色のランプが点灯し、抽出が始まると古時計の振り子をイメージした音色が流れる。

 コーヒーメーカーの開発が始まったのは「バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)」の発売直後の2015年後半。約6年間、試行錯誤を重ねてきた。同社の商品設計部でプロジェクトリーダーを務める岡山篤氏は「約6年、何度も開発しては失敗の繰り返しだった。バルミューダ ザ・ブリューの原型となるモデルができたのは約2年前。最初の試作機の段階で『これだ!』という味はできていたが、誰でも、いつでも、どこでも再現できるようにするまでに時間がかかった。最高のコーヒーメーカーができたと思う」と完成までの道のりを振り返った。

寺尾玄代表取締役社長 バルミューダ

関連記事
バルミューダが東証マザーズ上場、寺尾社長「何よりも売上高を最大化」

■BALMUDA The Brew:公式サイト

バルミューダ 奇跡のデザイン経営
著: 守山久子
編集: 日経デザイン
メーカー: 日経BP
発売日: 2015/04/17
価格: ¥2,200(2021/09/08現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング