Image by: NIKE

Sports

ナイキから厚底じゃない新作ランニングシューズ、プレートが小さい「ストリークフライ」発表

 「ナイキ(NIKE)」が、5kmや10km向けの新作ランニングシューズ「ズームエックス ストリークフライ(ZoomX Streakfly:以下、ストリークフライ)」を発表した。価格は税込1万9250円。2月にナイキメンバー限定での販売を予定している。

Image by NIKE
Image by: NIKE
— ADの後に記事が続きます —

 ストリークフライは、厚底で知られる「ナイキ ズーム エックス ヴェイパーフライ ネクスト%」や「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」などに対するアスリートからのフィードバックを参考に約2年をかけて開発。軽量性と安定性にフォーカスしており、ソールには反発性と弾力性に優れた軽量の「ズーム X フォーム」を使用し、厚さは厚底シューズが世界陸連の規定である約4cmなのに対して、ストリークフライは接地面を高めて安定性を向上させるため2.5cmで製作した。ミッドソールのプレートは中足部のみに配置し、フルレングスのモデルと比べてフォームのクッション性をより感じられるようデザイン。ジェネラティブデザインを取り入れ、様々なランナーの着地データを元にフォアフットからヒールストライクまで全ての走法で安定したトラクションを発揮する。

 アッパーは通気性と軽量性を高めるため、ゆるい網目で仕上げ、つま先部分をきつい網目で補強した。重量はメンズの28cmで185g、ウィメンズの25cmで155g。アッパーには推奨距離の「5km/10km」の文字をあしらったほか、ソールの内側にはプロトタイプで様々なテストを行ったことを象徴するデザインとしてサンプル番号のような「17539-9」の数字を記した。ファーストカラーでは、ホワイトをベースにオレンジのワンポイントカラーを配しており、順次カラー展開を拡充していくという。

ナイキ 駅伝 区間賞

関連記事
箱根駅伝、他社の逆襲が騒がれるも歴代区間賞が全てナイキのシューズ着用者に

速くケガなく走りたいなら正しくランニングシューズを選びなさい
著: 野村 憲男
メーカー: 日東書院本社
価格: ¥1,430(2022/01/19現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング