ポーラ・オルビスホールディングス公式サイトより
ポーラ・オルビスホールディングス公式サイトより

Beauty

ポーラ・オルビスHD22年上期、主力ブランドが減収 通期予想を下方修正

 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の2022年12月期第2四半期(1〜6月)の連結売上高は、前年同期比11.6%減の787億4800万円、営業利益が同45.9%減の49億1700万円、経常利益が同15.3%減の88億7600万円、親会社株主に帰属する当期純利益が53.9%増となった。国内及び重要市場と位置付ける中国が新型コロナウイルス感染症の再拡大の影響などを受けた結果となった。

ポーラ・オルビスホールディングス公式サイトより
ポーラ・オルビスホールディングス公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 ビューティケア事業は、売上高が同12.0%減の764億2000万円、営業利益が42.6%減の52億4600万円だった。基幹ブランドの「ポーラ(POLA)」は、国内事業で実店舗とオンラインでのチャネルシームレスな顧客獲得・定着、ロイヤルティ・LTV(ライフタイムバリュー)の向上に取り組んだ結果、ECチャネルで売上が伸長。海外事業は、中国においてECチャネルの強化や中長期的なブランドロイヤルティの維持・向上に重点を置いたマーケティングに注力したが、中国でのロックダウン及び、国内における既存客数の減少の影響が大きく、前年同期を下回る売上高・営業利益となった。

 もう一つの基幹ブランドである「オルビス(ORBIS)」はエイジングスキンケアシリーズ「オルビスユー」を中心に据えた、スキンケアユーザーの獲得を推進。国内は、顧客セグメント別コミュニケーションの促進で顧客稼働率及び顧客単価が上昇し、海外では中国においてオフライン、オンライン両面で顧客接点の拡大による認知拡大とスキンケア製品の販売に注力するなどしたが、ロックダウンの影響及び、通常稼働がままならない状況が続いたことで、全体で売上高・営業利益ともに前年実績を下回った。

 海外ブランドの「ジュリーク(Jurlique)」は、ECチャネルを中心に2桁成長し、前年同期を上回る売上高となり営業損失は縮小した。「H2O PLUS」は計画を下回った。なお同社は、2022年4月28日付でH2O PLUSが展開する全事業から撤退することを決定している。

 「スリー(THREE)」、「ディセンシア(DECENCIA)」、「アンプリチュード(Amplitude)」「イトリン(ITRIM)」「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM×THREE)」、「フジミ(FUJIMI)」を擁する育成ブランドは、新規顧客・既存顧客ともに好調なフジミがけん引し、全体で前年同期を上回る売上高で、営業損失は縮小した。

 なおポーラブランドの落ち込みなどにより、通期の連結業績予想を下方修正した。修正後は売上高が1700億円(修正前1860億円)、営業利益が117億円(同177億円)、経常利益が157億円(177億円)、親会社株主に帰属する当期純利益が140億円(同162億円)を見込む。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング