Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra
Image by: Apple

Technology

アップルウォッチから3型の新作が登場、エルメスの新作ストラップも

 アップル(Apple)が、9月7日に「アップル ウォッチ(Apple Watch)」の新作として「Apple Watch Series 8」と「Apple Watch SE」「Apple Watch Ultra」を発表した。価格はApple Watch Series 8が5万9800円〜、Apple Watch SEが3万7800円〜、Apple Watch Ultraが12万4800円〜。いずれのモデルも予約を開始しており、Apple Watch Series 8とApple Watch SEは9月16日、Apple Watch Ultraは23日に発売する。

関連記事
アップルが「iPhone 14」を発表、バッテリー稼働時間が史上最大に

Apple Watch Ultra Image by Apple
Apple Watch Ultra
Image by: Apple
— ADの後に記事が続きます —

 Apple Watch Series 8は、バッテリー稼働時間を18時間に引き上げたほか、iPhoneが近くに近くにある状態で最大36時間まで延ばすことができる「低電力モード」を搭載した。また、女性の健康を支える機能として、睡眠中に5秒おきの手指皮膚温を測定し排卵日を推定。ユーザーは推定排卵日の通知を受けることで、月経周期の管理に役立てることができるという。安全機能では、事故にあった際に自動的に緊急通報サービスに知らせたり緊急連絡先に連絡できるようになったほか、事故の検出が可能になった。アルミニウムとステンレススチールのケースで41mmと45mmの2サイズから選ぶことができ、アルミニウムケースのカラーはスターライト、ミッドナイト、シルバー、(PRODUCT)REDの4色、ステンレススチールのケースはシルバー、グラファイト、ゴールドの3色を揃える。

 Apple Watch SEは、Apple Watchをはじめて使うユーザーに向けたモデルとして低価格で提供。複数の Apple Watchを1台のiPhoneで管理できる「ファミリー共有設定」が可能で、iPhoneを所有していなくてもApple Watchのみで緊急通報やメッセージ、ウォレットなどを使用できる。

 アクティビティに適した新モデルのApple Watch Ultraのサイズは49mmで、従来モデルよりも2倍明るい最大2000ニトの「Retinaディスプレイ」を搭載。ワークアウトやバックトレースなどに瞬時にアクセスすることができるアクションボタンを側面に付属したほか、3つのマイクを内蔵したことで取り込む音声と背景音を察知することが可能になった。−20度から55度の環境下でも使用可能で、バッテーリの稼働時間は最大36時間、低電力設定にすると最大60時間まで延ばすことができる。種類はアスリートやランナのために設計されたトレイルループバンド、探検家に向けたアルパインループバンド、ウォータースポーツのために作られたオーシャンバンドの3型。

 このほか、「エルメス(HERMÈS)」と製作した「アップルウォッチ エルメス(Apple Watch Hermès)」から2種類の新作を発売。「H」をスポーティなパターンで表現した「Hディアゴナル」、黒のレザーとステンレススチールのチェーンを組み合わせた「グルメットメタル」をラインナップする。

告知ページ

関連記事
「アップル 銀座」改装 8月30日から銀座8丁目の代替店舗で営業

ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
著: リーアンダー・ケイニー
翻訳: 堤 沙織
メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2019/08/22
価格: ¥990(2022/09/08現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング