【まとめ】誕生20周年「エア マックス 95」画像で振り返る歴代モデル

— ADの後に記事が続きます —

NIKE AIR MAX 95(1997)

同モデルからエアバッグの気圧表記が無くなり、シュータンのデザインが変更された。

AIRMAX-BUTSU-20150807_016.jpg

AIRMAX-BUTSU-20150807_017.jpg

AIR MAX 95 "CURRY"(2001)

"CURRY"という名前の通り、グラデーションのアッパーから前後ビジブル エアまで、カレーを彷佛とさせるカラーでまとめた傑作。

AIR MAX 95 "ST VALENTINE DAY"(2001)

2001年のバレンタインデーに米国限定で発売されたウィメンズモデル。シュータンのロゴはハートにアレンジされ、ソールにはオリジナルグラフィックがプリントされている。

AIR MAX 95 "MONSTER"(2002)

アッパーやトウガードに当時トレンドだった爬虫類のエンボスレザーを使用した2000年前半の代表作。イエローからオリーブグリーンへのグラデーションになっていることから、モンスターと名付けられた。

NIKE AIR MAX 95 Z(2002)

深紅のパテントレザーをまとったアッパーに、シューレースを覆うようにカバーがデザインされたNIKE AIR MAX 95Z。初めて見るマニアも多いと思われるレアモデル。

AIRMAX-BUTSU-20150807_032.jpgAIRMAX-BUTSU-20150807_033.jpgAIRMAX-BUTSU-20150807_035.jpg

NIKE AIR MAX 95(2003)

シュータンロゴの背景色を反転させインソールの色をグレーに変更した「イエローグラデ」の復刻モデル。本作ではアウトソールの気圧表記をなくしているという。

AIRMAX-BUTSU-20150807_060.jpgAIRMAX-BUTSU-20150807_061.jpg

AIR MAX 95(2003)

2002-2003シーズンにイタリア・セリアAを制したイタリア・トリノのサッカーチームの記念モデル。ユニフォームにインスパイアされたカラーリングと、昨シーズンに続く2連覇を称えてシュータンには2つ星が施された。

AIR MAX 95 AP "ATMOS"(2003)

スニーカーショップ「アトモス(atmos)」による限定カラー、第一弾。ブラウン系のグラデーションにパープルの挿し色が特徴になっている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング