ADVERTISING

おばあさんのクローゼットのように成熟し、今の時代を俯瞰する 本当に良い古着屋を求めて。渋谷 DESPERATE LIVING編

【連載】本当に良い古着屋を求めて 第4回

IMAGE by: FASHIONSNAP

IMAGE by: FASHIONSNAP

おばあさんのクローゼットのように成熟し、今の時代を俯瞰する 本当に良い古着屋を求めて。渋谷 DESPERATE LIVING編

【連載】本当に良い古着屋を求めて 第4回

IMAGE by: FASHIONSNAP

 知らない時代の知らない誰かが着ていた服との運命的な出会いは、古着選びの面白さのひとつ。誰かの物語を背負った服を自分らしく着こなすために。人気古着店のオーナーに学ぶ連載「本当に良い古着屋を求めて」第4回。

 渋谷駅新南口から徒歩約2分。オフィスビルに囲まれたエリアにひっそり佇む、赤煉瓦が印象的な第一平野ビル。静まりかえる急階段を上った4階に、昨年11月に創業20年を迎えた老舗古着屋「デスペレートリビング(DESPERATE LIVING)」はある。長年東京の古着シーンを支え続ける共同オーナーの牧野孝彦さんと山田裕子さんとの会話の中で、多様な時代のアイテムの組み合わせで自分だけのスタイルを突き詰めることができる「古着を着る」という営みの味わい深さを改めて実感させられた。

ADVERTISING

ドア

ビルにエレベーターはない。ドアにかかった店名が目印。

Imaged by FASHIONSNAP

人生の側にある、映画、音楽、そして古着

 様々な音楽関係の店で働いた経験を持ち、渋谷のレコードショップで出会ったという牧野さんと山田さんは、2003年の11月に高円寺にDESPERATE LIVINGをオープン。高円寺で3年、渋谷の宮益坂ビルへ移転し10年、その後現在の場所に店舗を構え約7年半になる。選んできたのは「なんでもあってなんでもない街」。現在の店舗も、109からパルコまで様々なテイストのスタイルを受け入れる、そんな渋谷の中でも特に特定のスタイルに染まっていないビジネス街を選んだ。

ラックにかかった服

Imaged by FASHIONSNAP

 店頭には、オープン当初から牧野さんがセレクトしたレコードが並んでいる。ラインナップは、エレクトロニカからアバンギャルド、ノイズ、古いラウンジ、ダブまで様々。「今までの価値観からちょっとズレたものが置いてあったり。そういうのっていいですよね」と牧野さん。

レコードには1枚1枚牧野さんの手書きのポップが貼られている。

Imaged by FASHIONSNAP

 店名は、ジョン・ウォーターズ(John Waters)監督のカルト的人気を誇る映画「デスペレート・リビング」から命名。同店が提案する世界観を表現するキーワードは「ガーリー」「シャビー(=みすぼらしい)」「グルーミー(=仄暗い)」「サバービア(=郊外)」「グラニー(=おばあさん)」。ガーリーは、アーティストのリタ・アッカーマン(Rita Ackermann)が描き出す女性像のような、1990年代から2000年代にかけてのガーリーさ。シャビーはマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)が1990年代に発表したスタイル。サバービアは、1970年代に発表されたビル・オーエンス(Bill Owens)の写真集「Suburbia」が切り取る、豊かなニュー・ファミリーからホームレスまで、アメリカ社会の構図を生々しく映し出す郊外の人々のイメージに近い。

トルソーと靴

Imaged by FASHIONSNAP

 レンタル落ちした映画のVHSを大量に買い集め、それらが詰まった段ボールの山に囲まれて暮らしていたこともあるというほど映画好きな牧野さんと山田さん。グラニーのイメージは、そうして出会った映画の登場人物たちからきている。店名の由来にもなった映画「デスペレート・リビング」に登場する個性的な女性たちや、ドキュメンタリー映画「グレイ・ガーデンズ」で描かれる、没落貴族の女性たちがボロ屋でみすぼらしく暮らしながらもアイデアで豊さを補う様子、様々な時代のアイテムをユニークに着こなすファッションセンスなど、ただ可愛らしいだけではない“得体の知れない魅力”を持った人物像だ。

ベニヤの床
試着室
緑のランプ
重なったニットアイテム
ベランダの鉢植え
馬の形のランプ
陶器のウサギ
写真集の山
ニットでできた家

床や什器はお手製のベニヤ張り。着想源はマイク・ケリー(Mike Kelley)やカレン・キリムニック(Karen Kilimnik)の インスタレーション。

Image by FASHIONSNAP

何を見て考え、何を「選ばない」か

 セレクトするアイテムの年代は1890年から2000年頃まで。ヴィンテージと定義される20年以上前の服を買い付け、エリアはアメリカを中心にヨーロッパもカバーする。ヴィンテージにはこだわるが、年代に対しての固定的な価値設定はせず、大事にするのは今の時代にあったムードがあること。古くて良いものから、値段は手頃でも雰囲気があるものまで、自分にとっての掘り出し物を見つける楽しさを提供できるラック作りを目指している。

ミュウミュウのピンクのサンダル

スニーカーは劣化しやすいため、2010年代のものも用意する。

Imaged by FASHIONSNAP

 今のムードを掴むためにインプットするのは、現在のコレクションブランドからストリートブランド、写真、映画などと幅広いが、インプットと言っても特定のデザインをサンプリングすることではない。「時代の流れとともに色々なものが出てきて、そういったものを見た上で、『じゃあ違うことをやろう』って瞬間があるじゃないですか。参考にするのではなく、何を選ばず何を選択するかという感覚かもしれませんね」と山田さん。

ラックにかかった服

「今」の店内のイメージは、パンクカルチャーが生まれた当初1978年から1980年のサンフランシスコとロサンゼルスのパンクミュージシャンやそのライブの来場者に私服を写したスナップ写真集「We're Desperate: The Punk Rock Photography of Jim Jocoy」(2003年発売)。

Imaged by FASHIONSNAP

時代のムードを掴んだ、新鮮な服としての古着

 同店の大きな特徴の一つは、オリジナルリメイクライン「ドリームランダーズ(DREAM LANDERS)」。買い付けは2人で、リメイクは山田さんの担当だ。気になって買い留めたアイテムたちから「余計なものを省く」ようなイメージで鋏を入れていく。そういった削ぎ落とし研ぎ澄ませていく感覚にも、繊細な時代性を機敏に掴み取る感覚が光る。

背中が切り取られたスリップドレス

パイピングのみを残して背面をカットしたスリップドレス

Imaged by FASHIONSNAP

枕カバーからできたケープ

枕カバーを解体して作ったケープ

Imaged by FASHIONSNAP

 「ドリームランダーズ」というのは、ジョン・ウォーターズが映画の制作スタッフたちを呼んだ愛称。「買ってくれた人は、DESPERATE LIVING経由でジョン・ウォーターズの仲間(=ドリームランダーズ)になる」という意味が込められているそう。

 「時代に合わせて生まれる様々なものを見て、どのように“次のもの”を選びとるか」という山田さんの言葉はドリームランダーズのリメイクの感覚にも通じている。音楽や映画、アーカイヴなど幅広いカルチャーをリスペクトしながら、新鮮かつ時代が求める「服」を提案する2人の姿勢はとても「デザイナー」的。そのクリエイションは、既存のアーカイヴを纏うということに留まらない、「古着を着ること」の新鮮な面白さを教えてくれる。

手書きのロゴが書かれたタグ

昨年展開していたドリームランダーズと似たテイストのアイテムが、今年1月に発表されたジョン・ガリアーノ(John Galliano)が手掛ける「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」の2024年「アーティザナル」コレクションに登場。

「私たちもちょうどまたかなり古めのテイストが気になっていたので、ガリアーノと気が合ったのかな?と勝手に嬉しくなりました」(山田さん)

Imaged by FASHIONSNAP

オーナーが組む“DESPERATE LIVINGな”3ルック

 Fスナスタッフをモデルに、牧野さんと山田さんが組むDESPERATE LIVINGな3つのスタイルを紹介。

ハンガーラック

Imaged by FASHIONSNAP

ドリームランダーズ×ミニTで、1990〜2000年代のムード
座っているモデル

ドリームランダースのスリップドレスにミニTシャツを。

Imaged by FASHIONSNAP

モデルの背中

Imaged by FASHIONSNAP

icon

山田さん

ドリームランダースにミニTといった、このお店らしい組み合わせ。1990〜2000年代の間くらいの時期をイメージしました。

icon

牧野さん

リチャード・カーン(Richard Kahn)の「ハード・コア」みたいな感じですね。

ワンピースにもなるスカート 着こなしに遊び心
ベアトップのワンピースを着たモデル

Imaged by FASHIONSNAP

icon

牧野さん

ヨーロッパのブランドのもので、一見リメイクのように見えるのですが、元からこういった形をしています。かなり珍しいものですね。

モデルの胸元と足元

ベルトが付属し、前が全てボタンで全開にできるスカート。色々な着こなしが楽しめる。

Imaged by FASHIONSNAP

レオタードの艶感と重たいニットのレイヤード
カーディガンを着たモデル

首に巻いたのは、カーディガンに付属するベルト。下にはレオタードを合わせた。

Imaged by FASHIONSNAP

icon

牧野さん

パンツは70年代のベルボトム、ブーツはフランス軍のものです。

icon

山田さん

ニットのような素材に、レオタードのような少しツルツルしたもの合わせるのも好きですね。

モデルの首元と足元

ベルボトムのパンツは前だけブーツにインして膨らみのあるシルエットに。

Imaged by FASHIONSNAP

Fスナスタッフが変身

 ウィメンズアイテムも普段から着こなす、古着(特に70's)が大好きなFスナスタッフSが今回も取材に同行。牧野さんと山田さんのおすすめを伺いながら、気になるアイテムをピック。

服を探すモデル

Imaged by FASHIONSNAP

icon

牧野さん

パロディアイテムに日曜日のおじさん感のあるサーマルパンツ。シューズは軍物のオーバーシューズです。

ジャケットを着た人物とTシャツのロゴ

一見軍モノのようなパロディアイテムで抜け感のある着こなしに。

Imaged by FASHIONSNAP

ベルボトムのパンツにノースビーチレザーを合わせて、サイケなTシャツを…ちょっと定石すぎますかね?(笑)

icon

スタッフS

icon

山田さん

かわいい!意外と最近やる人もいないし、あえて「王道」というのも良いですね。

廊下に立つ人とTシャツのアップ

王道70'sスタイルに

Imaged by FASHIONSNAP

天井から下がるガーランド

天井には一年中クリスマスのオーナメント。「『クリスマスが終わった翌日から、また翌年のクリスマスの準備が始まっている』これもジョン・ウォーターズの教えです」と2人。

Imaged by FASHIONSNAP

会話する2人の人

Imaged by FASHIONSNAP

■DESPERATE LIVING
所在地:東京都渋谷区渋谷3-25-21 第一平野ビル401
営業時間:14:00〜19:00
定休日:火曜・水曜
Instagram

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

クリエイティブディレクター/MD

3rd

クリエイティブディレクター/MD

詳細を見る

ジャーナル

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

記事を読む

求人

デジタルマーケティング

On

デジタルマーケティング

詳細を見る

ジャーナル

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

記事を読む

ジャーナル

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

記事を読む

ジャーナル

進化を続ける「ユニクロ」のサステナビリティ活動。担当23年のシェルバ英子さんが語る、これまでの...

進化を続ける「ユニクロ」のサステナビリティ活動。担当23年のシェルバ英子さんが語る、これまでの...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: FASHIONSNAP

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント