ADVERTISING

レトロでちょっぴりグロテスク 「JW アンダーソン」のトーンダウンは何を表す? 2024年秋冬ウィメンズ

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: JW Anderson

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: JW Anderson

レトロでちょっぴりグロテスク 「JW アンダーソン」のトーンダウンは何を表す? 2024年秋冬ウィメンズ

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: JW Anderson

 「JW アンダーソン(JW Anderson)」が2月18日、ロンドン・ファッションウィークで2024年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。今回のランウェイは、過去2シーズンに使用されたコンサート会場「ラウンドハウス」という"エンターテイメントの場"から一転し、会場は公共の体育館という"市井の場"に移された。デザイナーのジョナサン・アンダーソンが関心を寄せたのは、「グロテスク(奇妙さ)と実用性」だ。隣人の生活を覗き見たときに感じるような共感と非共感、ひいては日常生活に潜む物事の感じ方や捉え方のズレへの興味が、制作アイデアに散りばめられている。

Video by JW Anderson

グロテスクなニットと実用的なニット

ADVERTISING

 体育館いっぱいに、イギリスのシンガーソングライターLabi Siffreによる曲「Bless the Telephone」が響き渡ると、グロテスクというコンセプトを反映させた、黄色の"ニットで編んだようなニットウエア"でショーはスタートした。続いて2体連続で登場したのは、おばあちゃんのワードローブの底から引っ張り出してきたような、実用的なポインテールニットのトップスとブルマー。このプレーンで変哲のないルックは計4体も繰り出されたが、これらをランウェイルックとしてコンセプチュアルに成立させることができるのは、ジョナサン・アンダーソン以外にはいないだろう。

Imaged by JW Anderson

Image by JW Anderson

Image by JW Anderson

ありふれたものを変貌させる

 カーテンを思わせるドレープやタッセル、ハウスパーティーから飛び出してきたような吹き流しのロゼットをあしらったスカートにも、日常に潜むグロテスクは落とし込まれる。このグロテスクというコンセプトは、多かれ少なかれ、近年の「JW アンダーソン」と、ジョナサンがクリエイティブディレクターを務める「ロエベ(LOEWE)」で通底してきたものでもある。モダンでカジュアルな "ありふれたもの "というモチーフはそのままに、素材や形、誇張によって、ちょっと奇妙なものへと変貌を遂げてきた。

Image by JW Anderson

Image by JW Anderson

Image by JW Anderson

 今回は「実用性」というキーワードも加わり、両者の奇妙な相乗効果がコレクションに満たされている。スウェットシャツのディテールが配された構築的なコクーンドレスや、袖を大きく折り返した超オーバーサイズのコートはその一例だ。

Image by JW Anderson

「現実的なコレクションを作りたい」

 2024年秋冬メンズの映画『ワイズ・シャット・アウト』のような直接的なアート/映画の引用もなければ、2024年春夏ウィメンズのプラスティン(模型用粘土)のような突飛なアイデアもなく、2023年秋冬ウィメンズでダンサー・振付師のマイケル・クラークと見せたようなコラボレーションもない。「とにかく、現実的なコレクションを作りたかった」とジョナサンが語るように、ここ最近のJW アンダーソンが毎シーズン繰り出してきたセンセーショナルは、一旦その影を潜めた。

 その一方で、ショーピースに頼りすぎることなく、ウェアラブルな服を作るデザイナーの力量を再確認させるコレクションになったともいえる(イメージングと戦略に長けているのはすでに明白だ)。そして今回のトーンダウンという決断は、彼の次のアイディアへの布石と見ることもできるだろう。このコレクションのどこかにヒントが隠されているのだろうか? 

 その答え合わせは、次シーズンまで持ち越しだ。

JW ANDERSON 2024年秋冬

全ルックを見る

JW ANDERSON 2024年秋冬ウィメンズコレクション

2024 AUTUMN WINTERファッションショー

エディター / ライター / プロデューサー

上岡 巧

KO UEOKA

1993年生まれ、東京出身。早稲田大学社会科学部卒業。メンズファッション誌『Them magazine』編集部を経て、2022年に独立。ロンドン生活の後、現在はパリに拠点を移し、フリーランスとして活動する。

ADVERTISING

アンディ・ウォーホル:アートのある生活

アンディ・ウォーホル:アートのある生活

出演: Kyle Snyder
Writer: Finlay Bald
監督: Finlay Bald
プロデュース: Brian Aabech
発売日: 2022/08/06
価格: ¥1,000(2024/02/22現在)

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

VMD担当

TOYODA TRADING CO.LTD.

VMD担当

月給

35万 〜 45万

詳細を見る

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

求人

販売職

LARDINI

販売職

月給

24万 〜 30万

詳細を見る

ジャーナル

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

記事を読む

ジャーナル

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

記事を読む

ジャーナル

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

JWアンダーソン 2024年秋冬ウィメンズコレクション

IMAGE by: JW Anderson

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント