Artインタビュー・対談

【インタビュー】作品は即日完売、現役藝大生の画家 友沢こたおとは何者か?

友沢こたお Image by FASHIONSNAP
友沢こたお
Image by: FASHIONSNAP

 現役藝大生で画家の友沢こたおは、個展を開けば作品は即日完売という今注目の若手画家の1人だ。スライム状の物質と有機的なモチーフを組み合わせた独特な人物画は、質感や透け感、柔らかさが写実的に描かれ、シンプルな表現ながらも一度見たら忘れられないインパクトを残す。2019年には実母でイラストレーターの友沢ミミヨとのアートユニット「とろろ園」も話題になったが、友沢こたお本人の素性は謎が多い。「もっと根源的な対話がしたい」と話す大学3年生の友沢こたおが考える、モノ作りにおける「コンセプト」とは。

友沢こたお
1999年、フランスのボルドー生まれ。5歳までパリで過ごす。2019年に実母 友沢ミミヨとのアートユニット「とろろ園」を結成。同年久米桂一郎賞を受賞。2020年には藝大アートプラザ大賞入選。同年12月には初の個展「Pomme d'amour」を開催した。現在は東京藝術大学美術学部油画専攻に在学する大学3年生。
公式インスタグラム公式ツイッター

石岡瑛子展

関連記事
【インタビュー】血が、汗が、涙が、デザインできるか——"コラボレーション"の生みの親 石岡瑛子が貫いた「集団での強い女性像」

— ADの後に記事が続きます —

ー現在、銀座阪急メンズ館でご自身2度目の個展が開催中です。初日から作品購入を求めて多くのお客さんが列を作ったと伺いました。

 100人以上の抽選の列ができたみたいで。「本当にありがとうございます」という言葉以外見つからないです。

ー展示会を開けば作品は即日完売するそうですね。

 「購入してもらえる」というのはとてもありがたいと思っているんですが、「作品に値段が付く」とか「売れること」を意識しすぎてしまうと作品を描く手が止まってしまうので、制作する際はあまり考えないようにしています。もっとサバサバ描けたらいいんですけどね。やっぱり展示会の前日は緊張してなかなか眠れないです。

友沢こたお Image by FASHIONSNAP.COM
友沢こたお Image by FASHIONSNAP.COM

ー「こたお」というのは本名ですか?

 はい、本名です。ひらがなで「こたお」。

ー名前の由来は

 タイの南部に「コ・タオ」という島があるらしく。私が生まれる前にその島に訪れた母と父が島の美しさに感動して「この島のような子が生まれるといいね」と名付けてくれたみたいです。名前を「こたおにしよう!」と父に言われた時、母は「マジで?」と思ったらしいですが(笑)。いつか行ってみたいです。

ーお母さんは漫画家の友沢ミミヨさん。最近は2人で「とろろ園」というユニットでも活動されていますよね。

 2019年に「親子アートユニット」として結成しました。とろろ園では作品の原案は母で、母が描いた下絵に私が色を付けています。子どもの頃から母が描く世界観が大好きなんですけど、母は「私、美術の勉強してきてないから」と言って全然絵を描いてくれないんです。だから「だったら私が描くよ」と提案しました。現代美術家の宇川直宏さんが、「娘が親をリエディットする、これは現代アートだ」と言ってくれたことがあって、嬉しかったですね。

ーお父さんは何か「表現」に携わっているんですか?

 本職は船長なんですが、「表現」という観点で言うと父は自分でCDを作って音楽活動をしています。

ー絵はいつ頃から描かれていたんですか?

 記憶はないんですが、母の話だと赤ちゃんの時から筆を握って遊んでいたみたいです。母が漫画家ということもあり、物心がついた時から何かを描いている人を見て育ってきたので「そういうものだ」と思っていました。

ー幼少期に影響を受けた作品はありますか?

 小学生の時に花輪和一先生と楳図かずお先生にハマりました。

漫画はミミヨさんに勧められて読むことが多かったですか?

 母や父から何かを押し付けられた事は一度も無いですね。すっと手が伸びる場所に変なものがいっぱいある家だったので、母が読んでいた個性的な漫画を手に取りやすい環境ではあったかもしれません。でも、「ちゃおが読みたい」と言ったらすぐにちゃおを買ってきてくれる母親でした(笑)。

ー漫画家の他に影響を受けた人物はいますか?

 油絵の勉強を始めてからはフランシス・ベーコン(Francis Bacon)にとても影響を受けました。

ー具体的にはどのような影響を?

 人間の「存在」そのものに興味がある私に、「絵画を通して根源的なものを表現できるんだ」と教えてくれた人物ですね。

ー「根源的なもの」とは具体的に?

 例えば「これはこういう理屈だから良い、悪い」というモノより、「私は生きている!」といった「体の全神経で感じられるモノ」や「動物的な感覚」の方が個人的には好きなんです。ベーコンの作品にはそういう「理性や理屈とは何か」を突きつけられるような感覚があったんですよね。

ー画材はずっと油絵具ですか?

 高校生の時からずっと油絵具です。アクリル絵具は乾くのが早いので、「なんで私を待ってくれないの?」と発狂しそうになります(笑)。それに、アクリル絵具は乾いたら全然違う色になるんですよね。私は色へのこだわりが強いので、混ぜている間に乾かず、色が変わらない油絵具の方が性分にあっているんです。

ーこたおさんの作品はモチーフはもちろん、鮮やかな色彩も印象的ですよね。

 ありがとうございます。色のためなら2時間でも3時間でも時間を費やせちゃうんですよね。それくらい、色にはこだわっています。

色へのこだわりとは具体的に?

 うまく言えないんですが「泥水に潜らせたからこそ美しく見える色彩」ってあると思うんです。絵具の中身を絞り出しただけの色では人生経験のような「深み」は出ないんですよね。その深みを出そうと思うとどうしても時間がかかります。「こたおミックス」という自分だけのオリジナル絵具を作れば楽だとは思うんですけど、やはり「混ぜる」という時間の経過がないと、私は不安になります。

色を作る時に使用する絵具の数は?

 使うのはだいたい4本くらいです。

Image by 友沢こたお Photo by:FASHIONSNAP.COM
Image by 友沢こたお Photo by:FASHIONSNAP.COM

ーコロナ禍では多くの大学でオンライン授業が採用されましたが、こたおさんは?

 未だにオンライン授業です。課題に左右されず好きなように描けるので、ある意味では充実していますが、やはり限界はありますね。

ー作風にも影響はありましたか?

 ありました。ずるずると常に形を変え続けるスライムのような形状ではなく、ピタッと静かに顔に張り付いているモチーフが多くなりました。みんなの顔がデジタルでしか見れなくなったので、その寂しさが反映されたのかなと。あとは、絵のサイズが大きくなりました。緊急事態宣言が解除されたタイミングで学校のアトリエだけが使用できるとなった時、初めて大きい絵を描いたんです。溜まっていた鬱憤が爆発したのか、描いていてすごく気持ちがよくて。しばらくは大きい絵を描くのにハマったままだと思うので、卒業制作も大きな絵を描こうかなと思っています。

Image by 友沢こたお Photo by:FASHIONSNAP.COM
Image by 友沢こたお Photo by:FASHIONSNAP.COM

次のページ>>「ある物事に対して端的に名前をつけることは危険」友沢こたおの「コンセプト論」とは

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング