Image by: FASHIONSNAP

Fashionインタビュー・対談

【インタビュー】日本の伝統技術を未来に継承、「ラストフレーム(LASTFRAME)」が目指す"簡単に消費されない"ものづくり

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 「世界最高レベルの日本の伝統技術を未来に継承する」 ことをコンセプトに掲げる奥出貴ノ洋が手掛けるブランド「ラストフレーム(LASTFRAME)」。ファーストシーズンから展開しているスカーフはもちろん、バリエーション豊かなニットバッグなど、上質な素材とオリジナリティ溢れるデザインで国内に留まらず海外からも注目を集めている。様々な国を巡り、国内外のファッションに触れてきた奥出は、消費を繰り返す業界のメカニズムに疑問を呈する。"本当に価値のある物"を追求するデザイナーが生み出す、新しい日本のクリエイションとは。

— ADの後に記事が続きます —

簡単に消費されないものづくりを――世界を巡って知った日本の強さ

―奥出さんは世界中あらゆるところを巡ったとお伺いしています。「ラストフレーム」を立ち上げる前は、どのようなことをされていたんですか?

 服飾専門学校を卒業した後、数社で経験を積みました。独立前の職場ではグローバルに展開するブランドの立ち上げから参加して、LAやヨーロッパ、アジア諸国など色々な国を巡ったんです。海外の人と触れ合えたことが、今にすごく活かされていると実感しています。

どんなことが今に活かされているんですか?

 海外の人とのコミュニケーションの中で、自分が思っていた以上に日本の事を好きな人が多いと感じました。ファッションはもちろんカルチャーも、とてもリスペクトしてくれている。それで日本人という自分のアイデンティティを、これまで以上に武器として考えてオリジナリティを発揮できれば、世界で戦う力がより強くなるのではと考え「ラストフレーム」をスタートしたんです。また前社でグローバルにビジネスを展開する重要性を経験したことで、「ラストフレーム」をスタートする段階から世界を視野に入れられたのは、ブランドにとって非常に大きかったなと思います。

―「ラストフレーム」が目指す理想のブランド像は?

 ファッション業界に身を置く中で、作っては消費されていくという繰り返しに疑問を抱くようになり、とにかく長く使える物を提供できるブランドにしたいと思いました。ただファッションにはトレンドがあるため、長く販売する事が難しい側面もあります。かっこいい物、それだけで高揚できるような物こそが、ファッションにおいて大切だと思っているのですが、最近はその"かっこよさ"の中には、環境に優しいことや長く使えるといった意識も内包されていると考えるようになったんです。なので、長く愛され、気持ちの高揚も持続するようなものづくりを心掛けています。そういった価値観から、日本の伝統技術で作られた素材を用いて、スカーフやバッグなど、シーズンを問わず使えるアイテムをメインに展開するというコンセプトに自然に行き着きました。

―ブランドを立ち上げるまでの経緯を教えて下さい。

 自分のブランドをスタートするために、日本の文化や技術をもっと深く学ぼうと思い、海外での活動が多かった前のブランドから独立したんです。それから日本の文化や技術を学びながら、フリーのデザイナーとして「ナナナナ」のデザインに携わるなど様々な経験を積みました。

―奥出さんが学んだ日本の文化や技術というのは、具体的にどのようなことでしょうか?

 まず日本のものづくりの原点を知りたくて、故郷である石川県の美術館を巡りました。金沢21世紀美術館はもちろん、県立の美術館や九谷焼の美術館など、とにかく行けるところは全部行きましたね。石川県は紡績の産地なので、美術館を一通り巡ったあとは、複数の繊維会社にも足を運びました。その中で物のクオリティの高さに驚くとともに、作り手の人たちがものづくりに対して持っている自信や、その物を発信したいという強い意欲を直に感じられたことが一番大きな学びだったなと思います。そして改めて日本の技術力を武器にすれば世界に通ずるものづくりが出来ると確信しました。

―「ラストフレーム」として最初に作ったアイテムはシルクのスカーフですよね。この素材はどこのものなんですか?

 石川県の工場を回り、最後に見学したのが小倉織物というシルクの紋織物を織る機屋さんでした。石川県は日本で最も降水日数が多く、世界的に見てもシルクや合繊の生産にとても適した地域なんです。小倉織物さんは120年以上の歴史を持っていて、シルクによる洋裁の紋織物を織れる機屋さんはもうここだけしかないと伺いました。そして高い職人技術で作られた多くの生地を資料室で拝見し、このテキスタイルを使って自分でデザインした何かを残したい、残さないといけないという強い衝動に駆られたんです。また後継者不足によりいつまで続けられるかわからないという状況も聞き、すぐに制作に取り掛かりました。

―ニットバッグもブランドのアイコンアイテムとして人気ですが、ニット工場もご自身の足で見つけたんですか?

 複雑な編み地のニットアイテムを作りたいなと思い、再現できる工場を色々と探していました。それがかなり技術的に難しい編み地だった様で、作れるところが全く見つからず、友達にたまたまその事を話したら、日本ではそこにしかないという編み機を持った工場のニッターさんを奇跡的に紹介してもらえたんです。

 その工場の資料を見たり、工場の方と話したりしているうちに、当初考えていたアイテムではなくニットのバッグが作れるんじゃないかと思いついて。独自に撚糸をした糸を使用し、リブ編みのため横には伸縮性がしっかりあり、縦には全く伸びず、そして軽量というバッグには最適な編み地の開発ができました。このバッグはブランドの中でも特に人気のあるアイテムで、インスタグラムを通じて連日海外からも問い合わせが来るようになりました。

―素材探しをするときに大切にしているポイントは?

 先程もお伝えしたように、流行って作って真似されて消費されてを繰り返すようなファッションとは違う、"長く使える、長く愛される"ものづくりをしたいと考えています。作った物は簡単に真似されるようなものにしたくはないので、そのためここでしか作れない物や、素晴らしい伝統技術を取り入れた素材にはとても惹かれますし、それを守っていきたいと思っています。もちろん、良いものと出会ったときの「これで何か作りたいな」といった自分の直感も大切にしています。「ラストフレーム」のアイテムは、写真で見るより実物の方が良いと言っていただける事が多く、それはやはり日本の技術力の賜物だと思います。長く愛される上で大切なのは、実物を見て触れてどう感じるか。SNS全盛の時代において、写真で魅せるという事は勿論大切なのですが、それより大切なのは実際に見て触った時にどう感じるかなんじゃないでしょうか。それこそが日本の職人技術、伝統技術をブランドコンセプトに取り入れた一番の理由です。

―ここまで何回か「簡単に消費されず長く使える物」という言葉が出てきていますが、これはサステナブルを意識してのことでしょうか?

 サステナブルの定義も難しいですよね…。僕はアイテムを作る時に「サステナブルであること」をすごく意識しているわけではありません。ただ長く使える物を作ることや、腕のある職人さんの技術を守っていくことが、回り回って環境に負荷をかけない生産活動や経済活動に繋がるのではないかと考えているところはあります。

 アパレルはシーズン毎に作る物が変わるので、どうしてもセールをするサイクルになってしまっています。ただオールシーズンを通して使用できるアイテムであれば、セールをしなくても販売し続ける事ができるのではないかと考えました。同じアイテムをいかに長く販売し続ける事ができるか、それはアパレル業界において一番難しい課題ですが、実現できれば無駄に多くの物を作ることを防ぐことにも繋がります。なので自分が出来るサステナブルな取り組みは、その実現を目指すことかなと。作っては廃棄を繰り返すという社会の構造をまず変えないことには、地球環境は戻らないのではないかと考えています。

―デザイン面で重視していることは何でしょうか?

 素材探しの時と通じる部分がありますが、一番は自分がいいと思うかどうか。絶えず僕自身が自分のブランドやアイテムに対する一番のファンでありたいんです。客観的に自分がそのアイテムを見つけた時にテンションが上がるかどうか、これが僕のデザインの基本になっています。次に心がけているのは、オリジナリティです。物が溢れる時代に、どこかで見たことのあるような物を作っても意味がないと思うので、自分以外は誰も作らないようなものを日々考えています。ビジネスとして継続していくためには、オリジナリティがある上で多くの人に求められる必要もあります。これらの要素を一つのアイテムに落とし込むのはかなり難しいですが、だからこそ、やりがいも感じていますね。

―デザインのインスピレーション源は?

 ヴィンテージアイテムが好きなので、ヴィンテージショップを巡ることが多いですね。最近はファッションだけでなく、プロダクトデザインやインテリアデザインにも興味があって、ファッション以外のデザインから影響を受けることも多いです。

出会いから広がるブランドの可能性

―「ラストフレーム」は現在バッグやスカーフなど小物の展開のみとなっていますが、アパレルを展開する予定は?

 最初はアパレルも考えていましたが、自分が欲しいと思う服はすでに世の中の他のブランドが作っていると気づいたんです。ヴィンテージも含めて考えると膨大なアイテム数の中で、先ほどお話ししたように、どこかで見たことのある物を作っても意味がないと考えると、アパレルのデザインが非常に難しいと思いました。ただいつか自分が良いなと思えるアイテムを思いついたら、アパレルも作り始めるかもしれないですね。

―現在卸や自社ECが販路となっていますが、直営店舗を出す予定は?

 ありがたいことに現在は日本の沢山のお店に置いていただいいて、海外も中国の「SKP」やロンドンの「ブラウンズ(Browns)」「マッチズファッション(MATCHESFASHION)」などでの展開がスタートし、取り扱い店舗も増えており、現在も国内外の素晴らしいお店からのオファーが届いています。直営店舗に関してはブランド設立当初から、地元である石川県金沢に店舗を持ちたいなと考えています。ただ「ラストフレーム」の直営店としてだけではなく、伝統工芸品やアートなど、自分が良いなと思った物を詰め込んで、自分の想いが全部伝わるようなお店にしたいです。そのために、ロケーションは金沢が最適だと思っています。

―今の日本のファッション業界はどう見えていますか?

 クリエイション力も上がっていて、率直にとても面白いと思っています。それこそもっと世界で認められていいブランドがたくさんありますから。ブランドだけでなく、セレクトショップや古着屋さんもどんどん魅力的になっていると思いますね。特に地方や郊外に良いお店が増えている気がします。

―今後の目標は?

 「ラストフレーム」の名前には、最後(ラスト)の伝統技術をフレームに収めてアイテムに昇華するという意味と、そういったものづくりの形と、素晴らしい日本の伝統技術、ブランド自体を継続していく(ラスト)という意味を込めています。日本にはまだまだ僕の知らない技術がたくさんあると思うので、ファッションに限らず多くの物に触れて感じていきたいです。その中で自分のデザインとマッチする物があれば積極的にブランドに取り入れていければと考えています。そしてこれからも日本だけでなく世界に向けて「ラストフレーム」というブランドを、同時に日本の素晴らしい技術を発信していきたいです。

奥出貴ノ洋
数社でデザイナーを務めたのち、2016年よりフリーランスデザイナーとして活動を開始し、「ナナナナ(nana-nana)」をはじめ、国内外の多数ブランドでデザインを手掛けた経験を持つ。2018年秋冬シーズンに「ラストフレーム(LASTFRAME)」を設立。

■LASTFRAME
公式サイト
Instagram(@lastframe_official

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング