丸橋真一氏
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business インタビュー・対談

年間買上実績が全てではない?現役スタッフに聞く「百貨店外商の顧客になる方法」

丸橋真一氏
丸橋真一氏
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「外商」。普段百貨店で買い物する人なら一度は聞いたことがあるフレーズ。VIPやお金持ちの顧客に付くサービス、というのがなんとなくのイメージですが、正直その実態はあまり知られていない百貨店の謎の部分。一体どんな仕事をしているのか?そして、どうしたら外商顧客になれるのか?今回、そんな疑問を松屋で個人外商部マネージャーを務める丸橋真一氏に聞くことができました!

 

「外商部」はやっぱりエリート揃い?

―はじめまして。今日はお忙しい中ありがとうございます。

 いえいえ。こちらこそよろしくお願いします。

―早速ですが、外商部とは何をするところなんですか?

 松屋をご利用していただいてる顧客様の中でたくさんお買い上げいただいたり多く足を運んでくださる方に、松屋に精通している社員が担当という形でつかせて頂き、お買い物のご相談やお品物のご提案などをさせていただいております。個人のお客様を担当する「個人外商部」と企業や役所を中心としたお客様で動いている「法人営業部」があります。

―丸橋さんは個人外商部に所属されているんですよね?

 はい、個人のお客様のお手伝いをさせていただいております。

―個人外商部は何人で構成されていますか?

 営業担当については「松屋銀座」と「松屋浅草」が同じ部署になっているので、合わせると15人が所属しています。

―スタッフはやはり"売上ナンバー1のベテラン販売員"揃いなんでしょうか?

 バイヤーなど他の職種で経験を積んだスタッフもいますよ。お客様との距離の近いポジションに向いている人が集まってきているのかなと感じています。

―ベテランさんが多いイメージもあります。中心となる年齢層は?

 以前は50代がメインでしたが、最近は30代が入ってきたりと若年化の動きもあります。基本的に売り場を経験してきた者が外商部に異動してくるので、新卒で外商部に入ることは殆どありませんね。

丸橋さんはいつ個人外商部に異動されたんですか?

 7年ほど在籍していた法人営業部から3年前に異動し、マネージャー職に着任しました。当時は女性スタッフしかおらず、唯一の男性スタッフでした。

―男性1人!肩身が狭そうです。

 女性のお客様が多いので、同性のスタッフだと安心されやすいんだと思います。

―今も女性が中心なんですか?

 ここ数年は男性スタッフのニーズも高まって、現在は男女比が半々くらいになりました。

―それは丸橋さんのご活躍もあってこそでは?

 いえいえ。個人外商は企業としても力を入れていて少しずつ大きくなってきたという部分もあります。

―外商員の一日はどのような感じなんですか?

 基本的にはお客様とのお約束がある場合はそちらを優先して、それ以外の時間は店内をまわって新店舗や新商品をチェックしたり、事務作業を行っています。お客様とのアポイントは担当者宛に電話やメールでご連絡をいただくことが多いのですが、フロントに直接いらっしゃる方もいるので、担当者が不在の場合はカバーし合っています。

―それがきっかけで顧客の取り合いに、なんてことにもなりそうですが......。

 それはないですね。もちろん担当者ごとで目標があり、自分のお客様の扱いが成績につながってはいますが、社風がほのぼのしているのでみんなで協力し合いながらやっています。良いほのぼの感ですよ(笑)。

―そうなんですね。結構"バチバチ"な感じなのかと思っていました。

 そんなことはないですよ。部内でランクを付けることもありませんし。150年にわたりお客様に育てていただいたご恩をお返しするような気持ちで、お客様や地域との共存共栄を目指しています。

 

次のページは>>外商顧客はどんなサービスが受けられる? 顧客になる方法は?

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング