Fashion 次世代の担い手たち

【連載】次世代の担い手たち - vol.7 KOTONA 山下琴菜 -

ネットでは伝えられないファッションの魅力を


−2014年に「ノリコナカザト(NORIKONAKAZATO)」「リョウタ ムラカミ(RYOTAMURAKAMI)」「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」とヒカリエでのインスタレーションを機にデビュー

 ブランドをやりたいなと思うようになって、丁度ここのがっこうにいた皆も同じ気持ちで。いっそ一緒にデビューしたら注目してもらえるんじゃないかと考え、「ニューエイジ」としてヒカリエで合同インスタレーションを行いました。

−ブランドコンセプトは?

 "高等遊民"と呼んでいるんですが(笑)、自分の価値観を自分で気付ける人たちに着て頂けるブランドでありたいなと思っています。「どうやってこの人達生きてるんだろう」と思わせるような、自由に生活してる人たち。それこそ学生時代にバーで出会ったような人たちを"高等遊民"として想定しています。

−デビューからメディア等で注目を集めましたが実売は?

 苦労しましたね。4シーズン目まで卸先が少なかったですから。ただ自分が何をすれば良いかはっきりしていたので不安はなかったです。嘘です、不安は少しありました。

−何が必要だと考えていたんですか?

 服を着てほしい人にどうやってリーチさせるかということです。そのためには好きなお店のバイヤーの方に見てもらうことが必要だと思っていたので、インビテーションを送ったり営業電話をしてみたり色々しましたね。ただ買い付けとなるとやっぱり服そのものの力が問われるというか。ルックなどのビジュアルはあくまでフックになるだけで、やっぱりバイイングに繋がるのはその服を着たいと思えるかどうかなんだと思います。

−デザインはリサーチから始めますか?

 そうですね。基本的にはどこかに旅に出ることが多いです。本で見たモニュメントが気になって、実際にモニュメントがあるクロアチアに行ったこともあります。それでなぜ建てられたのかなどをの歴史や文化などを調べていって。道中でも色々なものに出会えることも旅の魅力ですね。無駄だと思っていたものが無駄ではなくなる感覚があります。ファッションはどう提案するかだと思っているので、説得力を持たせるためにリサーチにはかなり時間を割いています。

kotona-20171221_023.jpg

−2018年春夏コレクションのテーマは?

 前回のコレクションではジョージア・オキーフ(Georgia O'Keeffe)が気になって、リサーチして彼女の世界観というかニューメキシコのヘルシーなイメージの女性像をもとに作りました。ファッションは社会的なもので周りで起こっていることを掘り下げる方が相性がいいと思うので、自分の内面性を掘り下げてクリエーションしていくことは今のところしていないですね。

−2017年の11月には沖縄でショーを開催

 やっぱり生で見てもらうことには意味があると再認識できました。ただ自分のブランドに合っているかどうかは一番重要でしょうから、ショーをやることが絶対だとは考えていないです。あくまでも表現の1つで、ショーが相応しいシーズンの場合はやるというスタンスですね。

−取り扱い店舗は?

 今は阪急うめだ本店、伊勢丹 新宿店、ジェイアール京都伊勢丹と西武渋谷店など7店舗です。

−海外の卸先は?

 まだないですね。将来的にはもちろんやっていくべきだとは思うんですが、どういうショップに置きたいのか実際に足を運べていないので。行ったことのないお店に服を置いてもらうのは違うと思いますし、自分のペースで少しずつやっていければと思っています。

−SNSにあまり積極的でないと依然話していましたが

 そうですね、もっと面白いことがあるとは思っています。それこそ音楽もライブに行くのとイヤホンで聞くのとは違うと思いますし。結局デザイナーもライブに行かせる方法、つまり服で言えば実際に着てもらえるかが大事で、どういう方法で届けていくかを常に考えています。

−具体的にどういう方法を考えているんですか?

 読書会とかいいなって思っています(笑)。気になる本を持ち寄ってみんなで読み合って会場には服を展示して。結局それが外に出るきっかけになりますし、人と交流する場にもなると思うので。

kotona-20171221_028.jpg

−一番楽しい瞬間は?

 服を着て頂くことはもちろんですが、今思うと展示会などでお客さんと話してるときが一番楽しいかもしれないですね。着こなし方の提案など、ファッションを通してコミュニケーションをとることが楽しいです。

−今後について

 ブランドはまだまだ知名度がないので、新しいことに挑戦して皆さんに知ってもらえるようにできればと思っています。

KOTONA オフィシャルサイト

vol.1 malamute 小高真理
vol.2 IHNN 印致聖
vol.3 BELPER 尾崎雄一
vol.4 LANDLORD NEW YORK 川西遼平
vol.5 PEIEN 伊澤直子
vol.6 AKIKOAOKI 青木明子

(聞き手:芳之内史也)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング