小野寺南友さんとアンミカさん
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion フォーカス

「パリコレ学」小野寺南友モデルデビューへの挑戦に密着<Part 3:インタビュー編>

小野寺南友さんとアンミカさん
Image by: FASHIONSNAP.COM

 パリのファッションウィーク、通称"パリコレ"は、世界中のファッション関係者やセレブリティーがパリの街に集まる一大イベント。モデルにとって世界最高峰とも言える舞台です。現在TBS系列で放送中の「林先生が驚く初耳学!」内のコーナー「パリコレ学」では、アンミカ先生指導の元、パリコレモデルを育成する企画。FASHIONSNAP.COMでは、パリ行きの切符を手にした福岡出身の17歳 小野寺南友(みゆ)さんに密着してきました。

 Part2で、念願のパリコレデビューを果たした小野寺さん。日本から応援に駆けつけたアンミカ先生と小野寺さんに、撮影を終えて「パリコレ学」での挑戦を振り返ってもらうと同時に、今の気持ちやモデルとしての展望についてまで、詳しく聞きました。

前回まで>>
Part 1:
キャスティング編
Part 2:ランウェイ編
— ADの後に記事が続きます —

パリコレ学とは?
 TBS系列で毎週日曜22時から放送されている「林先生が驚く初耳学!」内の企画。元パリコレモデルのアンミカを講師に迎え、全国300人以上の中から選ばれた歳も経歴も異なる9人のモデルの卵(=学院生)たちがパリコレデビューを目指すオーディション番組。モデルの冨永愛やデザイナーのコシノ・ジュンコ、写真家のレスリー・キーなどが特別講師として番組に参加し、ウォーキングやコンポジット撮影など半年に渡る厳しいレッスンを通じて成長していく様子を描く。第2シーズンの制作も決定しており、近日放送開始予定。
番組公式サイト

小野寺 南友

ーパリでの3週間を振り返って、いかがでしたか?

 今はまず、ホッとしています。パリコレでショーに出ることが自分に課せられたミッションでもあったので。全体を振り返ると、とても楽しかったですね。辛いこともありましたが、色々な経験を通じて自分でもモデルとしての成長を感じることができて、内面的にも成長できた期間だったと思っています。

ーどんな時にそう感じましたか?

 事務所が同じ1歳下のロシア人のモデルの子とお話をする機会があったんです。その子はモデルになった理由が、家が貧しかったからなんだそうです。家庭環境が理由でモデルを目指したという話を聞いて、感動すると同時に「モデル」という職業について色々と考えさせられました。

 今まではただ、「モデルになりたい」「パリコレに出たい」という気持ちだけでやってきましたが、自分がこれからどんなモデルになりたくて、何を目指していくのかを、自分の中にしっかり持っていないといけないなって。

ー理想像は明確になってきましたか?

 その話を聞いてからたくさん考えたんですけど、パリコレのショーに出るという、モデルとしての一つの夢が叶ったことで、色々な人に勇気を与えたり自信を与えたり、人に影響を与えられるモデルになりたいという気持ちが一層強くなりました。

ーモデルになろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

 私の母も身長が178㎝くらいあるんです。背が高いのが母のコンプレックスだったみたいで。私には身長をコンプレックスに思ってほしくなかったようで、小さい頃からモデルになりなよと、ずっと勧めてくれていたんです。私は母と逆で身長が高いのがすごく嬉しかったので、物心がついた時からモデルになると決めていて。今回の番組にも、自分の意思で参加しようと決めました。

ー普段は女子校に通う高校2年生ですね。

 本当に普通の高校生です。学校終わりに友達とタピオカを飲んで。休みの日にプリクラを撮って、またタピオカを飲んで、スタバで恋バナとか好きな芸能人のことを話したり(笑)。

ー番組に出ることについて、家族や友達の反応はどうでしたか?

 番組出演についてはごく一部の人にしか話していなかったんですが、友達はみんな応援してくれました。日本を発つ時も、寂しいだろうからって色々と持たせてくれて、リラックスすることができたんです。パリにいる間もLINEで励ましてくれたり、心強くて。

 家族はすごく心配していましたね。中学2年生の時に2週間だけアメリカに短期留学をしたことはあったんですが、今回は1ヶ月弱を1人パリで過ごすということもあって、母が特に。毎日電話をくれて話していました。初めてのショーが決まった時は、日本で朝3時くらいだったのに電話に出てくれて、すごく喜んでくれたんです。今は日本に帰って、早く美味しいもつ鍋を一緒に食べたいです(笑)。

ー期間中は、アンミカ先生が駆けつけてくれました。

 本当に心強かったです。日本では学院生の中の1人と先生、という立場だったんですが、今回のパリでは一対一でたくさんお話する機会があって。モデルの歩き方、ブランドについて、今のファッションのトレンドなども、色々と話してくださいました。キャスティングでは、いただいたアドバイスを思い出して臨みました。

ーパリコレへの挑戦を通じて、自信を持つことはできましたか?

 ショーに出られたことは一番の自信になりました。アンミカ先生も見に来てくれて、すごく褒めてくれて。ランウェイでのウォーキング姿を先生に見せることができて、嬉しかったです。

今回ショーで歩いた「LITKOVSKAYA」(右、中央)と「Each Other」(右)の計3ルック

ー逆に、自身に足りない部分など課題は見えてきましたか?

 パリでも何回かスチールの撮影をしたんですが、ポージングなどあまり経験がなくて上手くできなかったんです。でも、プロとして求められるのであれば経験不足は言い訳にならないので、しっかり磨いていかないとと思っています。

 あとは、言葉の壁を痛感しました。英語がわからないと、見よう見まねで身体で覚えることしかできないので、それが歯がゆくて。待ち時間に他のモデルと話したりということもできなかったり。日本に帰ったら、すぐに勉強しようと思います。

ー「パリコレ学」が終了して、これからがモデルとしての本格的なスタートですね。

 正直言うと、日本で学院生だった時には「パリに行く!」、そしてパリに来たら「ショーに出る!」という目先のことに必死で、先のことを考える余裕がなくて。でもこれからは1人なので、辛いことや大変なこともあると思います。でも今回パリに来て「もっとできる」という手応えを感じることができたので、きっと大丈夫だって思っています。

ーアンミカさんが、小野寺さんはファッションのセンスがあると太鼓判を押していました。ファッションは好きですか?

 はい、好きです。自分の服を選ぶ時は雑誌も見たりしますが、お店で選ぶことが多いですね。好きな服だけではなくて、逆に「自分は着なさそうだな」という服も敢えて選ぶようにしてます。あとは試着した時に客観的に見てもらったり。アンミカ先生がずっと「好きと似合うは違う」とおっしゃっていたので、そのアドバイスを参考にしています。

ー好きなブランドはありますか?

 自分で買うものは「ZARA」や「H&M」が多いですね。シンプルで女性らしくて、エレガントなスタイルも好きです。でも番組の卒業式の回では、すごく派手な衣装を選びました。敢えて自分がこれまで着なかったような服を選んだんです。

ー今回は観客としてショーを見る機会もありましたが、モデルとして出てみたいブランドはありますか?

 いくつか見させていただいた中で、「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood)」のショーが、衝撃的で印象に残っています。コレクション自体にも個性があったし、モデルの世代が幅広くて、男性がハイヒールを履いていたりしていて。デザイナーさんの色々な意図を見ることができてすごく好きでしたし、自分も出たいな、と思いました。

アンミカ先生の後ろの席で鑑賞した「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド」のショー

ーパリでは番組でも共演した冨永愛さんにも再会したと聞きました。

 はい。愛さんは私の憧れです。色々とアドバイスをいただきましたし、愛さんのお話もたくさん聞くことができました。

 私の顔は、骨格がシュッとしていなくて頰がしっかりとついているんですよね。それを愛さんに話したら、「それがあなたの顔だから、武器にしていかないと」と言ってくださって。

 進路についてもアドバイスをいただきました。高校を卒業したら東京に出たいと思っていたんですが「もし本当に海外を拠点にしたいのであれば、その場所で大学に行くのも一つの手だよ」とか、「あなたはまだ若いから、いろんなことができるよ」と言っていただいて、将来について視野が広がりましたし、もっと頑張ろうと思いました。

ー小野寺さんの今後の目標は?

 次のシーズンもパリに挑戦します!今回は合格ができなかったブランドは本当に悔しかったので、再チャレンジして次こそはショーに出られるように、自分に足りない部分を磨いてリベンジしたいです。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング