お買いモノファッションスナップドットストア

シンプルコーデになりがちな夏に着たい、個性的な半袖シャツ7選

 暑くなってくるこれからの季節は、どうしてもコーディネートが淡白になってしまいがち。夏は重ね着したくないけど個性を出したい、そんな欲求に応えられるアイテムをFASHIONSNAP.STOREの中からピックアップしました。お気に入りの1枚をぜひ見つけてみてください。

— ADの後に記事が続きます —

 爽やかなストライプ柄のオープンカラーシャツは「オーバーコート(OVERCOAT)」のもの。オリジナルデザインのストライプ柄は、何本もの細いストライプで構成されており、遠くから見ると太いストライプの様に見えるという目の錯覚を利用した面白いデザイン。ブルー系の色味は、モノトーンカラーのボトムスと合わせると綺麗にまとまるので手持ちのワードローブとスタイリングしやすく、柄物に抵抗のある方にもおすすめしたい1着です。

 大胆なペイズリー柄が施された「ヨシオクボ(yoshiokubo)」のシャツ。ドッキングされているスカーフは、縛ったり垂らしたりと様々なアレンジが可能です。スタイリングで個性を出しやすく、ルックのような着こなしも◎。クロップド丈に見えるようにアレンジしてフレアパンツと合わせれば、旬なY2Kファッションが完成します。

 「STREET LUXURY」をコンセプトに掲げる「アンスクリア(INSCRIRE)」からは、ボックスシルエットのオープンカラーシャツをご紹介。独特な模様はジャカード織りによるもので、立体感あるヴィンテージチックなデザインは上品なムードが漂います。黒のハーフパンツとローファーを組み合わせた、大人のリゾートコーデがおすすめです。

 「今年の夏は、少し攻めた格好をしたい」という方におすすめしたいのが「オーバーコート」のオープンカラーシャツ。グラフィックデザイナーのピーター・マイルズ(Peter Miles)のグラフィックを落とし込んだシャツの生地にはリヨセルを使用し、繊細な柄や発色を忠実に再現しました。シンプルなショートパンツと合わせてミニマルにまとめるのも良し、セットアップで着られるパンツとスタイリングするのも良し。ブラック×ピンクの色もあるので、手持ちのワードローブのバランスを見て選んでみては?

 人とは少し違ったポロシャツを探している人にオススメしたいのが「ポステレガント(POSTELEGANT)」のニットポロ。和紙とコットンの混紡生地の適度なハリ感が特徴で、触り心地には病みつきになること間違いなしの1着です。アクセントにもなっているラムレザーの襟とパイピングが、ニットポロのリラックスした雰囲気を大人っぽく引き締めてくれています。

あわせて読みたい
【解説】「ポステレガント」の魅力とは?実際に購入した愛用者8人にアンケート

 他ではあまり見られない着物合わせの様な前立てが特徴のシャツは「チノ(CINOH)」から。ゆとりのあるサイズ感と光沢感ある生地が、品のあるリラックススタイルを演出してくれます。ルックのようにキレイめのスラックスと合わせたり、1枚でサラッと着てハーフパンツとビーチサンダルと合わせた大人の休日スタイルを楽しむのがおすすめ。爽やかで優しげな雰囲気が漂うアイボリーのカラー展開も。

 「ビューティフルピープル(beautiful people)」からは、鮮やかな朱色のニットポロシャツをピックアップ。赤と金の2種類の糸を組み合わせ、透かし柄を編み立てたコンパクトなシルエットは、フェニミン過ぎずに男性でも使いやすいアイテムになっています。フラワー柄のリラックスパンツとミニショルダーバッグと組み合わせてアクセントの効いたリゾートスタイルはいかがでしょうか?ワードローブに左右されにくいブラックの展開もあるのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
モードからカジュアルまで、オールシーズンで活躍する万能な長袖シャツ10選

青シャツ 

あわせて読みたい
春夏のスタイリングにはマストハブ、ユニセックスで着られる"青シャツ"7選

FASHIONSNAP.STOREの最新情報は下記SNSでも更新中。記事には載らない情報もお届けしています。是非チェックしてみてください!
Twitter /Instagram

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング