左)ビアンカサユリ、右)ヤシゲユウト
左)ビアンカサユリ、右)ヤシゲユウト
Image by: FASHIONSNAP

Fashionインタビュー・対談

【インタビュー】「僕たちの服は重くてなんぼ」26歳デュオが手掛ける「テンダーパーソン」初のショーにかける思い

左)ビアンカサユリ、右)ヤシゲユウト Image by FASHIONSNAP
左)ビアンカサユリ、右)ヤシゲユウト
Image by: FASHIONSNAP

 ヤシゲユウトとビアンカサユリが手掛ける「テンダーパーソン(TENDER PERSON)」が6月26日、2022年春夏コレクションを初のランウェイショー形式で発表する。会場は、東京・渋谷のミヤシタパーク内にオープンしたカルチャーハブステーション「オア(OR)」。計2回のショーには、バイヤーやメディア関係者、インフルエンサーなど、スタンディングを含めて約140人を招待する予定だ。

 またランウェイショーは、「OR」が12のファッションブランドやアーティストと定期的にコラボレーションし、その利益をSDGs団体に寄付するプロジェクト「MOVEMENT by OR」の一環として開催。ショー翌日の27日からは、ブランドのアーカイヴを販売するポップアップイベントも企画する。

 文化服装学院在学中にブランドを立ち上げ、2016-17年秋冬から本格的にコレクションをスタート。昨年2月には初の旗艦店兼アトリエを南青山にオープンするなど、着実にステップアップを続ける「テンダーパーソン」。すでに12シーズン目を迎える彼らに、コロナ禍でショー開催を決断した理由と日々のクリエイションについて聞いた。

関連記事
テンダーパーソン初の旗艦店が南青山にオープン、アポイント制で営業

— ADの後に記事が続きます —

コロナ禍で初のショー開催を決断した理由

今ショー開催に踏み切った理由は?

ビアンカ:直接的な理由は、知り合いから「ORという新施設がオープンしたけれど、コロナ禍で営業ができず、認知度も低いため何かやりたい」と話をいただいたことでした。ファッションや音楽、カルチャーを絡めたイベントは、今ほぼ出来ていない状況。その中で「私たちが出来ることは何か」を考えて、ショーという答えに辿り着きました。

ヤシゲ:会場を下見して「ここをモデルが歩いたらカッコいい」と直感で想像できたことも大きかったです。さらにもう1つの理由は、2020-21年秋冬にパリの展示会に足を運び、2021年春夏から海外での発表も考えていたのですが、その最中に新型コロナの影響が出始めて「目標を失った感」があったから。自分たちと向き合う時間が増えて、次のステップを模索していたときに声をかけてもらったのがこの企画で、ブランドとして色々な準備が整ったタイミングでもありました。

以前は「コレクションはヴィジュアルでも表現できる。ショーは時期尚早」と語っていましたが。

ヤシゲ:「ショーは全く考えてない」と言っていました。レーシングスポーツやポリスウェアをテーマにするなど、これまでは自分たちの好きなことや気になることにフォーカスして、自己紹介の意味を含めてコレクションを製作してきましたが、2021年春夏はブランドスタートから10シーズンの節目。自分たちが影響を受けてきたものや26年間で見てきたものを色濃く落とし込んで、より作品性を持たせたいという気持ちに変化しました。

その"変化"を踏まえて、2022年春夏のイメージは?

ヤシゲ2021年春夏秋冬は、「アンビバレンス バランス」という共通のテーマでコレクションを発表しましたが、2022年春夏も同じ。出し切れるまでこのテーマと向き合います。ショーまではあえてイメージを固めず、最終的にどんな感じになるかギリギリまで絞り出し、より良いものを完成させたいです。

ビアンカ:「アンビバレンス」の意味は、「真逆の感情を同時に抱く」。ディテールでは、ワークウェアとフリルをミックスして1つのスタイルに昇華させたり、カラーリングで補色を組み合わせたりしています。素材には、ベロアやフリルを多く採用。アイテムは、カラーパンツやフレアパンツ、ファイアーモチーフのものなどが登場します。ショーではじめて私たちを知る方もいるので、"ブランドらしさ"を感じてもらえるようなスタイルやアイテムは、きちんと見せていこうと考えています。

コレクション発表のタイミングもかなり早まる。

ヤシゲ:2021年秋冬シーズンの業務が終わったのが4月中旬。次のショーまで準備期間が約1ヶ月しかないため、かなり多忙です(笑)。

ビアンカ:海外を目指す上で、コレクション発表のサイクルを変える必要性を感じていましたが、きっかけがないと頑張れない。これまでもヤシゲに「もっとスケジュールを巻いて、海外に標準を合わせよう」と話していましたが、結局出来ませんでした(笑)。

ショー準備の段階で、すでに理想と現実的なギャップを感じることも?

ビアンカ:ショーをしたいと思いはじめたのがつい最近なので、もともと理想というものがありません。ギャップはさほど感じておらず、むしろ今作っている服がショーで見せられたら、さらにおもしろいだろうな、というワクワク感の方が大きいです。

"ショーで魅せる"ことを考慮して、アイテム構成などに変化は?

ヤシゲ:変化はありません。ルック撮影のときも、制作段階からスタイリングをイメージしているのは1~3体くらい。逆に、それで構成やデザインが変わるのも嫌だなと。「ショーで登場したらカッコいいよね」というアイテムは確かにありましたが、そこはブレずに自分たちを信じて作っていきます。

ショーの費用は?

ビアンカ:すべて実費です。技術協力としてメイクアップは「スリー(THREE)」、ヘアは 「トニーアンドガイ(TONI&GUY)」がサポートしてくれます。

若手ブランドも取り組める「環境配慮」とは

ショーをサポートする"MOVEMENT by OR"プロジェクトは、SDGsをテーマにしています。「テンダーパーソン」で取り組んでいることは?

ヤシゲ2020年春夏から、実はアップサイクルのシューズを作っています。奈良県にあるシューズメーカー、オリエンタルシューズの「レ トリーナ(LE TORINA)」との協業で、ブランド自体が、社会貢献や環境配慮をコンセプトにしています。

 「ブランドローンチにあたり、協業しませんか?」とお声がけをいただいたのですが、僕たちの規模で環境に配慮できることは、極端に言うと何も作らないこと。そもそも社会貢献や環境配慮は気持ちの問題である部分も大きく、それを売りにするようなブランドでもありません。でも、倉庫には大量の生地が余っているので、それらを廃棄せずに活用できるなら、工場の負担も減らせて自分たちなりの小さな取り組みができるのでは、と考えました。

 実際の靴は、ソール以外の全てにテンダーパーソンの素材を使い、インソールもレザー。普通に製作したらかなり高級になる仕様ですが、1足約3万円。ドレスシューズを強みにしている工場だからこそのスニーカーを、職人さんにワガママを言いながら、少しずつアップデートして製作しています。

「レ トリーナ」との21年秋冬コラボシューズ 3万3000円 Image by FASHIONSNAP
「レ トリーナ」との21年秋冬コラボシューズ 3万3000円 Image by FASHIONSNAP

男女デザイナーデュオのリアルな製作現場

改めて2人の役割分担を教えてください。

ビアンカ:デザインもパターンも半々で手掛けています。

ヤシゲ:数は半々ですが、大変なものはビアンカに任せがちです(笑)。僕がシャツ3型のパターンを引く間に、ビアンカがドレスや複雑なアイテム1型を担当するといった感じ。僕は、生産管理的な業務も担当しています。

ビアンカ:つい最近も、ポケットがたくさんついたアウターのパターンをヤシゲが担当していたのですが、「ギブアップ!」とパスされて徹夜で修正しました。

Image by FASHIONSNAP
Image by FASHIONSNAP

意見の違いで揉めることも?

ビアンカ:通常なら1ヶ月くらい話し合いをしてから製作に取り掛かりますが、今回はショーまでの時間が特に限らているので、毎日揉めています(笑)。

ヤシゲ:2人ともディスカッションの時間を大切にしています。よく散歩をしながら話し合いをしますが、周囲の人には歩きながらケンカをしているように見えているかもしれません(笑)。

最終的な解決策は?

ビアンカ:2人とも時間が経つと考えがリセットされるタイプ。ヤシゲは完全に忘れますが、私が別の視点から新たな提案をすることで、上手く合致することが多いです。

でも、互いのリスペクトがないと8年もブランドを継続できないですよね。

ビアンカ:ヤシゲのセンスだけは尊敬していて、ファッションで目指すべき方向は一緒です(笑)。

ヤシゲ:ビアンカは、天才肌でボディに布をあてて服を作れるタイプ。そして自分に対して、誰よりもストイックです。ビジネスパートナーとして尊敬し合っていますが、プライベートではビアンカにインスタグラム上でブロックされています(笑)。

Image by FASHIONSNAP
Image by FASHIONSNAP

ビジネスの転機は2018年春夏

過去ターニングポイントになったコレクションは?

ヤシゲ2016-17年秋冬です。本格的にコレクションをスタートした初めてのシーズンで、僕が一番好きな服を初期衝動でデザインしています。まだ取扱先もない時期でしたが、フレアパンツや手編みのアイテム、ベロア素材など、このシーズンに発表したものが今もブランドのアティテュードになっています。

ビアンカ:私は2018年春夏。アイコンになりつつあるファイアーモチーフを初めて採用したシーズンで、多くの著名人が着用してくれました。ルック撮影の許可が成田空港から下りたことも驚きで、「服でここまでいけるんだ!」と実感したシーズンですね。

ヤシゲ:2018年春夏までは、展示会に来てくれるバイヤーは数人でしたが、ここから取引先も増えて、ビジネス的にもターニングポイントになりました。

現在、卸先は何社ですか?

ヤシゲ:15社。東京での主要取引先は、ヌビアン(NUBIAN)、ベイクルーズ、クレオパトラ(CLEOPATRA)、ドッグ(Dog)です。特に原宿のドッグは、かつてよりも展開商品の価格帯が広がっていて、Tシャツが6000円前後で購入できるなか、テンダーパーソンの2万円前後のTシャツが1週間ほどで完売する。シーズンに関係なく売上が安定していて、かなり好調です。

ビアンカ:ドッグは、潜在顧客の発掘力がすごい。自分たちがイメージしきれていなかった感度の高い若い子に上手くハマり、新たな発見がありました。

ブランド全体の顧客層は?

ビアンカ:一番多いのは、インスタグラムをきっかけに、オンラインストアで購入してくれる方。UVERworldのボーカルTAKUYAさんや乃木坂46のメンバーの方が着用してくれて、商品が動いたこともありました。

ヤシゲ:展示会で購入してくれる方を含めると男女比は4対6。取引先ではメンズが多いので、男性が8割です。

売れるアイテムと作りたいアイテム、バランスに悩むことも?

ビアンカ:私は「これを作りたい」とデザイン画を見せる側で、ヤシゲは「これは売れない」と精査する側。「見せるアイテムだけでは、ブランドが潰れてしまうのでもっと考えて」と言われることがあります。

―昨年2月には初の旗艦店兼アトリエもオープンしました。

ビアンカ:ここをオープンして、ブランドのファンがより具体的にイメージできるようになりました。アポイント制で営業していて、私が接客することが多いので、製作の背景などを話すこともあります。

テンダーパーソンの今後

数日後にショーを控えていますが、ブランドのその先は?

ヤシゲ:言葉にするとプレッシャーを感じてしまいますが、ブランドもショーもとにかく続けていきたい。ショーをやってみたら「ルックの方が世界観が伝わる」と思ってしまうかもしれないし、「費用対効果が悪い」と言う人もいるけれど、そもそもビジネスのためだけにやる訳ではありません。国内外のアワードにも積極的にチャレンジしていきたいです。

 以前あるアワードの審査員の方に「テンダーパーソンの服は全部重い」と言われたことがありました。その時は何も言い返せませんでしたが、僕たちの服は重くてなんぼ。若い子たちが高いお金を払って着てくれるのに、軽くてペラペラな服は求められていません。その子たちのブランドへの気持ちまで乗っかったような"着ている感"のある素材を意識的に選んでいます。

Image by FASHIONSNAP
Image by FASHIONSNAP

最後に、2人が考えるテンダーパーソンとは?

ヤシゲ:難しい質問ですね……。言語化できないから、服を作っていると言って終えばそれまでですが。

ビアンカ:一言で表すなら「華」!クローゼットにあるだけで気分が明るくなり、着ているだけで特別な日になるようなブランドであり続けたいです。

村上杏理(Anri Murakami)
記者

大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。WWDジャパンやFashion Newsの編集・記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、ファッションビル、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションを軸にライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。

    TENDER PERSON 2022SS

    初のショーで披露したコレクションを見る
    TENDER PERSON 2022年春夏コレクション

    TENDER PERSON Instagram

    ハイファッション デザイナーインタビュー。
    著: 文化出版局 編
    イラスト: つがおか一孝
    メーカー: 文化出版局
    価格: ¥1,650(2021/06/19現在)

    最新の関連記事

    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング