Lifestyle 大解剖

小林武史プロデュース「代々木VILLAGE by kurkku」都会のオアシス大解剖

Image by: Fashionsnap.com

 東京の代々木駅から徒歩1分の地に、新商業施設「代々木VILLAGE by kurkku(代々木ビレッジ バイ クルック)」が誕生しました。総合プロデュースは、小林武史氏が率いるkurkku。ここに、音楽プロデューサー大沢伸一氏、インテリアデザイナー片山正通氏、イタリアンシェフの笹島保弘氏など、各界の名プレイヤーらが顔を揃えました。634坪の敷地内には「花宇」5代目の西畠清順氏が手がけた植物が生い茂り、ここはまさに都会のオアシス。レストランやミュージックバー、アパレルショップやギャラリーなど、五感で楽しめる新スポット「代々木VILLAGE by kurkku」を大解剖します。

 「kurkku」は、Mr.Childrenをはじめサザンオールスターズやレミオロメンなど、数多くのアーティストのプロデュースや編曲、ライブ演出などを手がけてきた小林武史氏が代表を務めるプロジェクト。ちなみに、「kurkku」はフィンランド語で「きゅうり」の意味です。快適で環境にも良い未来へシフトしていくための消費や暮らしの在り方を考え、渋谷区神宮前にフレンチベースのレストラン「kurkku kitchen」と「mother kurkku」、表参道ヒルズにカフェ「kurkku 3」をオープン。「kurkku」にとって、商業施設は初めてのプロジェクトということになります。


 「代々木VILLAGE by kurkku」が建設されたのは、代々木ゼミナール本部校の旧校舎跡地。代ゼミタワーの完成にともなってグループの周辺校舎が統廃合。周辺エリアへの思い入れと、kurkku代表の小林氏の「代々木の街が変わったら」という思いが共鳴したことから、旧校舎の跡地利用のプロジェクトが始動したそうです。2年以上の歳月を経て、2011年11月18日にオープン。「代々木VILLAGE by kurkku」は、"街の活性化" という使命を持って誕生したわけです。


 学生が多いという印象が強い代々木ですが、実は新宿〜原宿の間に位置する利便性の高いエリアでもあります。
 まずはJR代々木駅から「代々木VILLAGE by kurkku」へ向かいます。
yoyogivillage_002.JPG

 駅に到着したら西口へ。
yoyogivillage_003.JPG

 駅前の交差点に出たら、真正面に見える「代々木ゼミナール」という尖ったビルを目指して信号を渡ります。
yoyogivillage_004.JPG

 このビルの左脇の道を15mほど進むと・・・
yoyogivillage_005.JPG

 「代々木VILLAGE by kurkku」に到着。
yoyogivillage_006.JPG

 本当に駅から徒歩1分圏内でした。ちなみに、大江戸線の代々木駅A1出口からは、徒歩30秒ほどで着きます。
yoyogivillage_007.JPG


 「代々木VILLAGE by kurkku」には、小林氏の他にも各界で活躍するプロフェッショナルらが参画しています。その一人が、花・植物生産卸業「花宇」5代目の西畠清順氏。世界中を駆け巡って数千種類の植物を集める姿から、 "プラントハンター" の異名を持っているそうです。

 この施設の特徴でもあるのが様々な植物。西畠の手により、100種類にも及ぶ世界中の珍しい木や美しい花が植えられました。ファンタジーでリアル、そしてマニアック。西畠氏は、この植物たちの共演を「四季によって変化するインスタレーション」とし、施設全体を彩る役割を果たしています。


 エントランスをくぐって右側には、なんと推定樹齢500年というオリーブの大木。
yoyogivillage_008.JPG

 はるばるスペインから海上輸送で数千キロを渡り、この地にやってきました。巨大な実がなるのだそうです。
yoyogivillage_009.JPG


 その隣に鎮座しているのは、200年前にペルシャ人が使っていたというオリーブオイル用の壷。スケールが違いますね。
yoyogivillage_010.JPG

yoyogivillage_011.JPG


 施設内は2つのゾーンに分かれています。ここはコンテナゾーン。その名の通り、コンテナを積み上げた店舗形態が特徴です。
yoyogivillage_012.JPG

 その奥が、庭園やメインのレストランがあるヴィレッジゾーン。
yoyogivillage_001.JPG


 ここにも世界中の植物が生い茂っています。
yoyogivillage_037.JPG

yoyogivillage_038.JPG

yoyogivillage_039.JPG

yoyogivillage_040.JPG

yoyogivillage_041.JPG


■レストランcode kurkku
 まずは、レストラン「code kurkku」へ。京都屈指の人気イタリアン「イル ギオットーネ」のオーナーシェフ笹島保弘氏が食のプロデュースをし、「kurkku」と初めて組んだという特別なレストランです。
yoyogivillage_014.JPG

 吹き抜けになっているエントランスの正面には植物の壁。
yoyogivillage_015.JPG

yoyogivillage_036.JPG

yoyogivillage_026.JPG


 天井が高く、柔らかい照明のメインフロア。
yoyogivillage_016.JPG

 メニューには、安全で美味しい素材へのこだわりが手書きで記されています。
yoyogivillage_017.JPG

yoyogivillage_018.JPG


 早速、料理を紹介。ディナーでもランチでもオーダーが可能な5000円のコースをいただきます。
yoyogivillage_019.JPG

 食前酒にはイタリアのプロセッコがおすすめ。その他にも、自然派のワインが豊富に揃っています。
yoyogivillage_020.JPG

 1品目は、「甘海老のアーリオ・オーリオを浮かべた温かいブロッコリーのスープ」。
yoyogivillage_021.JPG

 2品目は、「軽く炙ったカツオ 温泉卵とたっぷりのサラダ ボッタルガ添え」。釜揚げシラスや、数種類の野菜、泡状になった日向ゆずの果汁、散らしたカラスミとソースを混ぜて、サラダ感覚でいただきます。
yoyogivillage_022.JPG

 3品目は、「トロトロ白子と九条ネギのスパゲッティーニ 七味の香りで」。他の料理でも京野菜がふんだんに使用されています。
yoyogivillage_023.JPG

 4品目は、メインの「香ばしく炭火で焼いた岩手県産豚ロース たっぷりの秋野菜と雑穀のリゾ」。新鮮野菜は日替わりで8種類。マコモダケやムカゴなど、珍しい素材が共演しています。
yoyogivillage_024.JPG

 お口直しは、白ワインのジュレとリンゴのソルベ。
yoyogivillage_025.JPG

 この日のドルチェは、「エスプレッソのパンナコッタ 新鮮なミルクのジェラートを添えて」。
yoyogi_village_101.jpg

 身体に優しく染み渡るような料理の数々でした。もちろん、コースだけではなくて一品料理も豊富に用意されています。


 2FのVIPエリアからの風景。小林氏によれば、内装のイメージは昔ニューヨークで行ったというホテルだそうです。インテリアデザイナーの片山正通氏により、今の時代の大人に楽しめる空間に仕上がりました。
yoyogivillage_027.JPG

yoyogivillage_028.JPG


 笹島保弘シェフは、「日常をちょっと忘れるような空間で、ワクワク楽しんでください」と笑顔で話してくれました。
yoyogivillage_029.JPG

 天気がいい日は、レストランのテラス席が気持ち良さそうですね。
yoyogivillage_013.JPG


 次のページは>>最高峰の音にこだわったミュージックバーやコンテナ店舗

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング