2018春夏東京コレクションを盛り上げた ルール逸脱「アウトロースタイル」に注目

左から YOHEI OHNO、HYKE、AKIKOAOKI Photo by: FASHIONSNAP

 服飾の約束事から踏み出すような着こなしが盛り上がってきた。今も続く「インスタ映え」志向が火つけ役になったが、近頃はさらに冒険心や茶目っ気が増して、自分らしさを表現する手段として、チャレンジングな装いを選ぶ傾向が強まっている。そういったルール逸脱の気分を受け止めた東京コレクションのクリエイターたちも2018年春夏シーズンに向けて、挑発的なスタイリングを提案している。(文:ファッションジャーナリスト 宮田理江

 「ハイク(HYKE)」はミリタリー系のコートやジャケットを、胸丈のショートレングスに切り詰め、ビスチェやコルセットのようにトランスフォームするという離れ業を披露した。ショート丈のアウター裾は曲線で仕上げ、さらにギャザーを寄せて、たおやかさをプラス。異形の新アイテムを出現させた。ありきたりの「おしゃれ」に収まらないキャラクターを服が代弁してくれそうだ。

 ランジェリーをチラリとのぞかせるコーディネートは既に浸透しているが、「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」が披露したのは、もう一段踏み込んだ「ランジェリー内蔵の服」。最近ではTシャツの上にキャミソールを重ねるスタイルが夏にも流行ったが、ブラウスの上からブラトップを重ねる進化系レイヤードを提案。フリルやパフスリーブなど、これまでフェミニンのシンボル的だったディテールを、過剰なまでに盛り込むことによって、かえって「女性らしさ」の意味を問い直すかのような違和感や引っかかりを生んでいる。世界トレンドになりつつある「スーパーフェミニン」の先を行く着こなしだ。

 ビニール(PVC)に代表されるケミカル素材が着姿をつやめかせている。ファスナー(ジッパー)やハイテク繊維など、工業イメージを帯びたパーツ・生地も装いに未来的なイメージをまとわせる。「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」はクロームシルバーの鈍いメタリックでスカートや手袋を彩った。服のあちこちにドローコードを通し、エンジニア感を宿した。荷札風の円盤タグを身頃に何十個もぶら下げ、インダストリアルな風情を醸し出している。長い螺旋(らせん)状のシャイニーな耳飾りも硬質な主張が強い。

fashiontokyo_20171113_004.jpg左からMIKIO SAKABE、G.V.G.V.、GROWING PAINS

 オーバーサイズのブームが一段落しそうな中、部分的なデフォルメ(誇張)やスーパーサイズで過剰なボリュームを面白がる傾向が勢いづいている。「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」が用意したのは、足首から下を丸ごと包み込んだような見栄えの超厚底シューズ。大人の頭ぐらいもありそうな塊が足元にユーモラスな量感を生んだ。巨大な襟、膨らんだ袖先など、ディテールにもスーパーサイズを持ち込んで、着姿をファニーに盛った。特大のカフス、パンツ裾折り返しもデコラティブ。計算されたやりすぎを面白がるいたずら心が装いを弾ませる。

 時代やテイストを大胆にクロスオーバーさせる試みも盛り上がってきた。「ジーヴィジーヴィ(G.V.G.V.)」は水兵(セーラー)と古典的淑女という、時代もムードも異なる要素を響き合わせた。セーラーハットとあごひも付きつば広帽はほとんど真逆の表情。同じランウェイ上のルックは単一のテーマでまとめ上げるという、従来の約束事をあえて踏み越え、マルチムードで重層的なメッセージを送り出した。ストライプ柄と水玉模様を同居させ、チアフルな着姿に導いた。セーラー服でおなじみの、アイコニックな襟は前後を逆にしてサプライズを仕掛けた。

 グローバルミックスが加速する一方で、属する国・地域の歴史や文化を見詰め直す動きが広がっている。アメリカやイギリスで広がった取り組みが日本でも勢いづいてきた。「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」は大正時代に洋風のおしゃれを楽しんだ女性たちの「MOGA(モガ=モダンガール)」をパンクテイストで味付け。時代もムードも異なる両者を強引気味にねじり合わせた。たすき風のリボン使いは古風なアレンジ。弓道の防具を思わせる胸当て状のミニ・ボディーバッグも和のたたずまい。妖しくサイケデリックな色使いにはロックスピリットが忍び込んでいた。

tokyo20171113_003.jpg左からKEISUKEYOSHIDA、DRESSEDUNDRESSED、GLOBAL WORK

 性別にとらわれない「ジェンダーミックス」が当たり前となる中、もはやメンズとウィメンズという区別さえ不要とささやくかのような「ビヨンドジェンダー」の装いも目に付くようになってきた。「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」のランウェイではメンズとウィメンズ両方のウエアが発表されたが、モデルを入れ替えても違和感のなさそうなデザインがいくつも見受けられた。男女のモデルが靴以外はほとんど同じ見栄えのパンツルックで並んで登場する場面もあり、性別と服装の同調そのものを古臭く見せるような意識を感じさせた。

 解体や再解釈のアプローチが広がり、その対象はもはやスーツのような古典的装いにとどまらない。スポーツウエアやストリート系アイテムなどにもトランスフォームが試されている。「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」はジップアップのスウェットトップス、2本ライン裾のベースボールジャケットなどを変形させた。両サイドのラインが目印のトラックパンツはラインを正面に移動。アスレティックな面影を残しつつ、スーツはパンツの膝から下を極端に膨らませ、ヒッピー風にリモデル。ロングアウターも左右の身頃をごっそりくり抜いて、骨組みだけを残した。原型通りの服は1着もないほどの徹底ぶりに創意がにじんでいた。

 「アスレジャー」と呼ばれる、スポーツ風味の軽快な装いは日本でも浸透してきた。さらに、アウトドアやユーティリティーのアレンジが加わって、場面を選ばない「シーンフリー」の着こなしが提案されている。「グローバル ワーク(GLOBAL WORK)」がキーアイテムに据えたのは、体をくるむポンチョ。リバティ・プリント柄をあしらって、まるでワンピースのような風情に様変わりさせている。天候の不安定さが増す中、「ウエザーフリー」は着こなしの新たなテーマに浮上しつつある。

 トゥーマッチを避けつつ、日頃のスタイリングに落とし込むには、コーディネートに組み込むアイテムのうち、1点だけを「アウトロー=脱常識」系にスイッチするといいだろう。全体がまとまりすぎないよう、別テイストを混ぜ込むようなさじ加減だ。東コレで相次いで提案されたような、従来のお約束を踏み越えたアイテムは1点でも主張が強いから、着姿が平凡に映るのを防いでくれるはずだ。(文:ファッションジャーナリスト 宮田理江