1日1組限定、西陣織の老舗「細尾」のレジデンスで体感できる工芸建築の極み

2017年08月29日 22:10 JST

 1688年に創業した西陣織の老舗、細尾。現在はハイブランドから支持を得ているテキスタイルブランド「HOSOO」の展開をはじめ、織物業の枠を越えた革新的な活動が目立っている。今年7月にはHOSOOの世界観に包まれる宿泊施設「ホソオ レジデンス(HOSOO RESIDENCE)」を開業した。1軒の伝統的な町家をフルリノベーションし、日本に芽吹く伝統技術を体感できる「工芸建築」を体現。そこには、京都で歴史を紡いできた細尾の「過去と未来を繋ぐ」という思いが表れていた。

■京都の注目スポット
足掛け10年、世界初の「座敷スタバ」が京都にできるまで