ADVERTISING

デザイナー

Keisuke Yoshida

吉田圭佑

「ケイスケヨシダ」デザイナー吉田圭佑に聞く22の質問

ファッションデザイナー

デザイナー

Keisuke Yoshida

吉田圭佑

「ケイスケヨシダ」デザイナー吉田圭佑に聞く22の質問

ファッションデザイナー
ケイスケヨシダ アトリエ

アトリエの一角

ケイスケヨシダ ブランドタグ ジャケット

KEISUKEYOSHIDAのブランドタグ

―卒業校は?

立教大学、ここのがっこう、ESMOD JAPON。

―デザインや服作りをどこで学んだ?

ここのがっこう。

―デザイナーになろうと思った理由は?

中学生の頃、冴えなかった僕は、どうやったらいけてる奴になれるかを考えていたところ、そこにファッションがありました。結局、学校の中でいけてる奴にはなれませんでしたが、ファッションにのめり込んでいくうちに自分に自信を持てるようになりました。高校に入り、モードに出会い、それまで自分が着るものとしてしかファッションを捉えていませんでしたが、ファッションってこんなに奥深くてヤバいんだ、、!と衝撃を受けました。そこからもっともっとファッションにのめり込んでいく中で、僕にとってファッションデザイナーはロックスターのような存在になっていき、いつしか僕もなりたいなって思うようになりました。

―尊敬している人は?

RAF SIMONS。

―好きな色は?

紫、バーガンディ。

―本を一冊、無人島に持っていくとしたら何を選ぶ?

百年の孤独。

―朝起きたら最初にすることは?

風呂。

―デザイナーをやっていて嬉しかったことは?

ファッションショーをやれていることはやっぱり嬉しいです。また、クリエイションによって人との出会いがあることも嬉しいです。

―デザイナーとして大切にしていることは?

もがくことです。

―人間として大切にしていることは?

新鮮な気付きを大切にすることです。

―趣味は?

ファッションです。

―もし1年間自由になれたら何をする?

まずはひたすらゴロゴロして、飽きたら外に出て、そんな中でこれやりたいなとか、ここいきたいなってとこに行きます。

―コーヒー派?紅茶派?

コーヒー派。

―飼うなら犬?猫?

犬派ですが、猫派になりつつあります。

―好きな場所は?

地元の十条、荒川の土手、池袋の西口と北口。

―10年前の自分に言いたいことは?

英語を勉強してください。

―10年後の自分に言いたいことは?

頑張れ!

―好きなお酒は?

ビール。

―デザイナーにならなかったら何になっていると思う?

ファッションに関わっていると思うけど、ニートかもしれません。

―デザイナーという仕事を一言で表すと?

社会の中にいる1人の人として、自分と社会にひたすらに向き合いながら、悩んだり、考えたり、手を動かしたりすることによって、少し先の未来に目を向けていくこと。

―ファッション業界を一言で表すと?

明るいのか暗いのかわからない。

―デザインする時に気をつけていることは?

デザインをする中で気付いていくこと。決まった答えに向かっていかないで、作っていく中での新鮮な気持ちや発見にいかに向き合えるかどうか。

デザイナー

吉田圭佑

Yoshida Keisuke

1991年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。ここのがっこうとESMOD JAPONの「AMI」でファッションデザインを学び、2015年秋冬シーズンに「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」を立ち上げ。同シーズンで「東京ニューエイジ」の合同ショーに参加し、ランウェイ形式でコレクションを発表した。日向坂46や櫻坂46といったアイドルの衣装デザインなども担当している。

ABOUT BRAND

KEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)

ペイントされたトレンチコートを着用するモデル

2015年秋冬シーズンに「東京ニューエイジ」でデビューコレクションを披露したユニセックスブランド「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」。デザイナーは吉田圭佑が務め、「明るいのか暗いのかわからない空気と、そこにいる彼らの感情と装い」をコンセプトに服作りを行う。

TAGS

記事のタグ

RELATED ARTICLES

関連する記事

FEATURES

特集(7)

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント