Image by: フェルマータ

Fashion

医療従事者にフェムテックブランドの吸水ショーツを寄付、フェルマータが支援プロジェクト始動

Image by フェルマータ
Image by: フェルマータ

 女性のウェルネス課題に取り組むフェルマータが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために働く女性の医療従事者への支援プロジェクトとして、吸水ショーツを寄付する支援募金を開始した。募金受付期間は1月20日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 今回の支援は「思うように休憩が取れない医療従事者の人たちに、吸水ショーツを使用することで生理中の心理的・肉体的ストレスや不安を少しでも解消できれば」という思いからスタート。医療機関には「ベア(Bé-A)」や「ピリオド(Period.)」といった6つのフェムテックブランドの吸水ショーツを提供する。協力企業にはルナルナやレイ(WRAY)などがある。募金は1口あたり吸水ショーツ10枚分に相当する2万5000円〜。一般募集に先立ち、フェムテック企業のコミュニティ内で支援を募った際は1000枚分の支援金が集まったという。

 寄付は2月初旬を予定。吸水ショーツの受け入れを希望する医療機関を同時募集しており、特設サイトの専用フォームから申し込みを受け付けている。

関連記事
資生堂が新型コロナ支援、医療従事者に「SHISEIDO」のスキンケア2万セットを寄付

■fermata吸水ショーツ寄付 支援募金:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング