橋本愛を起用したキーヴィジュアル ©JFWO
橋本愛を起用したキーヴィジュアル ©JFWO

Fashion

キーヴィジュアルに橋本愛を起用、東コレ22年春夏は5年ぶりに復帰のヨシオクボなどが参加

橋本愛を起用したキーヴィジュアル ©JFWO
橋本愛を起用したキーヴィジュアル ©JFWO

 日本ファッション・ウィーク推進機構(以下、JFWO)が、東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S」の参加ブランドを発表した。開催期間は8月30日から9月4日まで。あわせて、女優の橋本愛を起用したキーヴィジュアルを公開した。

— ADの後に記事が続きます —

 今回、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S」に参加が決まったのは全47ブランド。今シーズンの開催期間は例年より1ヶ月以上前倒しした8月30日から9月4日までの期間となっており、渋谷ヒカリエと表参道ヒルズをメイン会場にファッションショーなどが行われる。 

 ブランドラインナップは、5年ぶりに復帰する「ヨシオクボ(yoshiokubo)」や「チノ(CINOH)」「ベッドフォード(BED j.w. FORD)」「エフシーイー(F/CE.®)」「ハイク(HYKE)」「ミントデザインズ(mintdesigns)」「ポステレガント(POSTELEGANT)」「シセ(SISE)」「サポートサーフェス(support surface)」など。日本のファッション史をたどる大規模展「ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会」との連動企画としてショーを行う「リュウノスケオカザキ(RYUNOSUKEOKAZAKI)」や、「アヤーム(AYÂME)」「ホウガ(HOUGA)」「メグミウラ ワードローブ(MEGMIURA WARDROBE)」など12ブランドが初参加する。なお、追加の参加ブランドについては随時発表し、スケジュールの詳細は7月下旬に発表予定だという。

 キーヴィジュアルのキャッチコピーには「我がまま歩く。」を掲げ、個々の考えが重要な時代に自由な発想と確固たる意志を持ち、自分らしく人生(ファッション)を歩んでいく様を表現。背景の赤は意志の強さとファッションの情熱を表したという。制作には映像作家の山田健人などが参加し、クリエイティブディレクターは戸田慎が務めた。

関連記事
主演は菅田将暉 監督は"野崎くん" 12万回再生のフィルムはどうやって作られたのか

■「Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 S/S」参加ブランド一覧(2021年7月7日時点)
※初参加ブランド:★
「ナインエム(9M)」 吉田 力(Riki Yoshida)
「エイ・クライプシス((A)crypsis®)」イー・ファン・チャン(Yi Hung Chang)★
「アヤーム(AYÂME)」竹島 綾(Aya Takeshima)★
「ベースマーク(BASE MARK)」金木 志穂(Shiho Kaneki)
「ベッドフォード(BED j.w. FORD)」山岸 慎平(Shinpei Yamagishi)
「チョノ(CHONO)」中園 わたる(Wataru Nakazono)
「チノ(CINOH)」茅野 誉之(Takayuki Chino)
「ディ_カフェイン オム(De_caffeine homme)」アビズモ ジョー(Avizmo Jo)
「ダイエットブッチャー(DIET BUTCHER)」チャヌ(Chanu)
「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」北澤 武志(Takeshi Kitazawa)
「ディーベック(D-VEC)」ディーベックデザインチーム(D-VEC design team)
「コンダクター(el conductorH)」長嶺 信太郎(Shintaro Nagamine)
「エフシーイー(F/CE.®)」山根 敏史/山根 麻美(Satoshi Yamane / Asami Yamane)
「フェイス エージェー(FACE A-J)」マコサ アフリカ(MAXHOSA AFRICA)
「ジョイア パン(GIOIA PAN)」潘 怡 良(ハン イ リヨウ)(Yi-Liang Pan)
「ハレ(HARE)」ハレ デザインチーム(HARE design team)
「ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)」コシノ ヒロコ(Hiroko Koshino)
「ホウガ(HOUGA)」石田 萌(Moe Ishida)★
「エイチシー タカシイトウ(HxCx takashi ito)」城戸 孝(Takashi Kido)
「ハイク(HYKE)」吉原 秀明/大出 由紀子(Hideaki Yoshihara / Yukiko Ode)
「イレニサ(IRENISA)」小林 祐/安倍 悠治(Yu Kobayashi / Yuji Abe)★
「ジュン アシダ(jun ashida)」芦田 多恵(Tae Ashida)
「メアグラーティア(meagratia)」関根 隆文(Takafumi Sekine)
「メグミウラ ワードローブ(MEGMIURA WARDROBE)」三浦 メグ(Megu Miura)★
「ミカゲシン(MIKAGE SHIN)」進 美影(Shin Mikage)
「ミントデザインズ(mintdesigns)」勝井 北斗/八木 奈央(Hokuto Katsui / Nao Yagi)
「ミツル オカザキ(MITSURU OKAZAKI)」岡﨑 満(Mitsuru Okazaki)
「ナオキトミヅカ(naokitomizuka)」富塚 尚樹(Naoki Tomizuka)
「ネイプ_(NAPE_)」山下 達磨(Tatsuma Yamashita)★
「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATiENTS)」渡辺 淳之介(Junnosuke Watanabe)
「ノブユキマツイ(Nobuyuki Matsui)」松井 信之(Nobuyuki Matsui)
「ノアールエトフ(noir etoffe)」浦崎 直胤(Naotugu Urasaki)★
「ペイデフェ(pays des fées)」朝藤 りむ(Lim Asafuji)
「ポステレガント(POSTELEGANT)」中田 優也(Yuya Nakata)
「レインメーカー(RAINMAKER)」渡部 宏一/岸 隆太朗(Kohichi Watanabe / Ryutaro Kishi)
「リュウノスケオカザキ(RYUNOSUKEOKAZAKI)」岡﨑 龍之祐(Ryunosuke Okazaki) ★
「サートグラフ(SARTOGRAPH)」中野 晋介(Shinsuke Nakano)★
「セイヴソン(Seivson)」ヅゥチン シン(Tzu Chin Shen)★
「セヴシグ(SEVESKIG)」長野 剛識(Takanori Nagano)
「シンヤコヅカ(SHINYAKOZUKA)」小塚 信哉(Shinya Kozuka)
「サイレントパンダ(Silent Panda)」サミュエル・テイラー(Samuel Taylor)★
「シセ(SISE)」松井 征心(Seishin Matsui)
「スリュー(SREU)」植木 沙織(Saori Ueki)
「サポートサーフェス(support surface)」研壁 宣男(Norio Surikabe)
「タクタク(tac:tac)」島瀬 敬章(Takaaki Shimase)
「ユーシーエフ(UCF)」ユーシーエフデザインチーム(UCF design team)★
「ヨシオクボ(yoshiokubo)」久保 嘉男(Yoshio Kubo)

ファッション イン ジャパン1945-2020ー流行と社会
著: 国立新美術館、島根県立石見美術館
メーカー: 青幻舎
発売日: 2021/04/10
価格: ¥3,850(2021/07/07現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング