miletが着用していたスウェットシャツ
miletが着用していたスウェットシャツ
Image by: FASHIONSNAP

Fashion

東京オリンピック閉会式パフォーマー衣装のテーマは「東京の縮図」、ダブレットやマメクロなど着用

miletが着用していたスウェットシャツ Image by FASHIONSNAP
miletが着用していたスウェットシャツ
Image by: FASHIONSNAP

 スタイリストの森田晃嘉が、東京オリンピックの閉会式の一部演出で衣装スタイリングを担当した。閉会式全体のコンセプトは「Worlds We Share(私たちが共有する世界)」。本来「世界」は「The World」と表記するが、「Worlds」とすることで「1人ひとりの持つ異なる世界を共有しあって生きている」ということを表現したという。

— ADの後に記事が続きます —

 森田がスタイリングしたのは、けん玉やダンス、ダブルダッチといったパフォーマーたち全87体。選手をはじめ来日した関係者たちが新型コロナウイルス感染症の影響によって観光ができない状況であったことから「ファッションで東京を楽しんでもらいたい」という想いから「東京の縮図」をテーマに、渋谷や原宿、新宿、池袋、六本木、中野など各地をイメージしてスタイリングを構成した。着用アイテムは日本ブランドを中心にアイテムを選んだといい、「ダブレット(doublet)」「ミントデザインズ(mintdesigns)」「アツシナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」「シュープ(SHOOP)」「ソーイ(soe)」「ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)」といったブランドをはじめ、「ユニクロ(UNIQLO)」と「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」のコラボレーションなど幅広いアイテムをセレクトした。

 森田がスタイリングを担当した演出でメインとなるシンガーソングライターのミレイ(milet)の衣装は、2パターンを用意。スウェットを解体しウエスタンシャツのディテールを採用したシャツは、前後に切り込みを入れ、マジックテープによって瞬時に着脱可能。シャツを脱ぐことで、中に着用していたサテンとシフォンで製作したドレスが現れる仕様を取り入れた。なおミレイが「愛の讃歌」を歌唱する演出には、「公園のステージに上がれば誰でも主役になれる」といったメッセージを込めたという。

東京五輪 ユニフォーム まとめ

関連記事
【まとめ】東京2020オリンピック、各国のユニフォーム・衣装は? -随時更新-

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング