COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション
COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP(Koji Hirano)

Fashion注目コレクション

「今の世界を憂い嘆く そしてそれに寄り添いたい」コム デ ギャルソン 2023年春夏コレクションをパリで発表

「今の世界を憂い嘆く そしてそれに寄り添いたい 気持ち」川久保玲

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」のデザイナー川久保玲がパリから発したのは、とてもシンプルな一言だった。新作コレクションにテーマを掲げるのではなく、今の気持ちを示す。身体を包み込むフォルムの2023年春夏コレクションを通じて、内なるエモーションが共有された。

COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション Image by FASHIONSNAP(Koji Hirano)
COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP(Koji Hirano)
— ADの後に記事が続きます —

2年半ぶりのパリコレ

 パンデミック以降、コム デ ギャルソンのパリファッションウィークへの復帰は約2年半ぶり。以前と同様に限られた席数の会場は、業界の要人やパリコレに参加しているデザイナーなどが詰めかけ、スタート前から熱気に包まれた。

 シンプルな白いランウェイに、最初に登場したのはフードをデフォルメしてミニドレスに仕立てたルック。顔が埋もれるほどのボリュームで、フードの構造上、前方しか見ることができない。

 続くルックも、丸いフォルムのケープや、巨大な頭巾、スカートをひっくり返したようなアワーグラス型のドレス、球体シルエットのドレスといった、頭から身体まで包む構造で抽象的な造形を作り出している。

 近年では珍しく丈が極端に短いルックが多く、「サロモン(SALOMON)」とのコラボレーションスニーカーを履いた足元のみ軽やかな、新しいバランスが提案された。

モノクロから花へ

 前半は、白地に黒のレースを重ねたり繊細な刺繍が施されたテキスタイルによる、モノクロームの世界。そして後半は、あらゆる花のモチーフが咲き乱れるように用いられ、ランウェイのムードが一転。デフォルメするアプローチはさらに進み、布の裂け目からフリルが突出していたり、パニエがのぞいていたり。過剰なまでの花々が、華やかな中に毒々しさを秘める。

 ラストルックではBGMが止まり、足音のみ響くランウェイに観客の意識が集中。最後に照明が落とされると同時に、大きな拍手が沸き起こった。

今の世界を憂い嘆く

 川久保玲の目には、今の世界がどのように映っているのか。世の中で起きていることに言及したり直接クリエイションに反映することはないギャルソンだが、戦争や貧困、漠然とした不安といった生きづらさは、誰もが心のどこかで感じていることだろう。何かに包まれる安心感や、花を愛でる時のおだやかさなど、抽象的な造形から受け取ることに答えはない。冒頭の一言は、混沌とした時代に一人の考え方を押し付けるのではなく、人それぞれのエモーションに委ね、寄り添うことを示していたのかもしれない。

COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション

全ルックを見る
COMME des GARÇONS 2023年春夏コレクション

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング