ダニエル・アーシャム@NANZUKA
Image by: FASHIONSNAP

Fashion インタビュー・対談

色覚異常の現代アーティスト ダニエル・アーシャムを紐解く20の質問

ダニエル・アーシャム@NANZUKA
Image by: FASHIONSNAP

 色覚異常を持ちながら様々なジャンルの作品を発表しているダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)。都内2会場で開催されている新作個展には、VERBALやローラ、三代目 J Soul Brothersの今市隆二らが来場するなど、日本の著名人からも注目されているアーティストだ。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「カルバン クライン(Calvin Klein)」へのアートワークの提供、「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」とのコラボなどファッションの領域でも活躍するアーシャムとは何者なのか?作品制作や日本での交友関係、今後の目標など20の質問から探った。

— ADの後に記事が続きます —

1. 子どもの頃の夢は?

 建築に携わる仕事。

2. アーティストを目指したきっかけは?

 12歳のころ住んでいた家がハリケーンで全壊してしまったんだけど、全く同じ家を建て直したとき、その工程を見て自分の周りの空間について意味があると思ったことが始まりだね。

3. 影響を受けたアーティストや作品は?

 直島で見たジェームズ・タレル(James Turrell)の作品。変化し続けるという作品はいつか自分も達成したい領域だと思っているよ。

4. 作品を作るときに意識していることは?

 実際に制作するオブジェよりも、そのオブジェがどのような空間や世界観を作れるかということ。

5. 座右の銘は?

 スタジオ内でも共有している「It's not going to make itself.(勝手に作られるものはない)」。

6. 作品作りで行き詰ったときの解消法は?

 常に活動し続けること。僕が立ち止まることはないよ。

7. 趣味は?

 写真と盆栽。カメラは常に持ち歩くようにしているんだ。

danielasharmu-2018-05-24-006.jpg

8. ハンティング・ワールドとコラボするなどファッションの領域でも活躍。アートとファッション、それぞれ制作する上で違いはある?

 制作の過程は全く同じだと思っている。ただ、今回作ったコラボアイテムは「機能的なもの」として認識しているので、アート作品だとは捉えていない。

9. 好きなファッションブランドは?

 「エルメス(HERMÈS)」と「キス(KITH)」。スタジオで使っている白衣はKITHの創設者のロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)が特別に作ってプレゼントしてくれたもので、今日被っているキャップもKITHだよ。

10. 日本への来日は何回目?

 20回以上。友人も多いし、もっと来たいと思っている。

11. 日本で仲の良い友達は?

 ポギー(小木"Poggy"基史)は10年ぐらい前から知り合いだね。あとは「アンブッシュ(AMBUSH®)」のVERBALとYOON、三代目 J Soul Brothersの今市隆二、登坂広臣、NAOTOと親交があるよ。

12. 泊まったホテルの部屋にあるアート作品の裏に絵を描き加えていることを過去に明かしていましたが、日本でもしたことがある?

 あるよ。今回泊まっているホテルは部屋に一切アート作品がなかったからできなかったけどね。どこのホテルにしたかは秘密だよ。

13. 絵を描き加えるときのルールは?

 オリジナルのものを傷つけるということはしたくないから、その作品がレプリカだということを確認してから付け加えているよ。

14. 日本のお気に入りスポットは?

 今回は京都の日本庭園から着想した作品を展示しているけど、京都は好きだね。あとは河口湖の近くにある旅館も好き。今まで泊まった場所の中で1番よかったね。そこは和室で掛け軸があったけど、本物かどうかの見分けがつかなったから絵を描くのはやめておいたよ。

danielasharmu-2018-05-24-002.jpg

15. 日本でいま一番気になる人は?

 ポギーだね。彼が興味を持っているものが気になる。彼はアメリカでもすごい注目されているよ。

16. 今回の滞在で訪れた場所は?

 ポギーに紹介してもらいながらヴィンテージショップを回って、1940年代のアメリカ海軍のパーカーを買ったよ。ペンや鉛筆などのハードウェアを扱っている場所が好きだから、東急ハンズにも行きたい。

17. 今後挑戦したいことは?

 新素材や新たなスケールでの作品制作。

18. 「アーティストとして大事なこと」を一言で表すと?

 好きな人の為だけに作るのではなく、全ての人の為に作品を制作すること。

19. これからアーティストを目指す若者に一言

 自分で運を作りだせ。

20. 今後の人生はどのように過ごしたい?

 作品を作り続けたここ数年と同じような生活をしていたいね。

danielasharmu-2018-05-24-004.jpg

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング