(左から)2代目、初代
Image by: FASHIONSNAP

Fashion デイトナマラソン日記

ロレックスに毎日通って買えた2人の「デイトナマラソン対談」- 前編 -

(左から)2代目、初代
(左から)2代目、初代
Image by: FASHIONSNAP

 本当に買えたデイトナ。単調な日記の裏に潜んだアレコレを語る場を作ろうということで急遽ランナー対談を設定しました。気づいたことや衝撃のあの日まで、毎日通い続けたデイトナランナーだからこその話が飛び出します。では、「デイトナマラソン対談」。さっそく始めましょう!

 

■「デイトナマラソン日記」はどうやって生まれたのか?

進行FASHIONSNAP(以下:F):まずは、お2人ともデイトナマラソンお疲れ様でした!

初代ランナー(以下、初代) & 2代目ランナー(以下、2代目):お疲れ様でした!

F:2人とも無事に終わったということで、対談をしながら色々聞いてみようと思うのですが そもそも「デイトナマラソン日記」はどういう経緯で始まったんですか?

初代:仕事帰りに一杯飲みにいった居酒屋で「デイトナを買いたくて時々正規店に行くけど、全然買えないんですよ」と上司に話したら、「毎日行けばいいじゃん」と言われたのがきっかけですね(笑)。ただ、仕事中に通うので一応の配慮として試しで1ヶ月やってみて、それを記事にしてみようと思ったのがデイトナマラソン日記の始まりです。記事を読んだ上司から「面白いから買えるまでやれよ」と言われて(笑)。僕も「 買えるんだったらこの波に乗ってみよう」みたいな感じで本格的に通う事になりました。

F:やってるときはどんな気持ちでした?

初代:初めは「行くぞ!」とかなり気合いが入っていましたが、店員さんに「5年ぐらいかかりますよ」と言われて人生で1番不安になりました。買えなかったら 5年後も毎日ロレックスに通って「デイトナありますか?」と言っている自分を想像したら萎えました。それを上司に話したら、「うーん、5年かぁ。それは困る」と言われ、とりあえず1年間は全力でやってみようということになったんです。

F:日記からも少し伝わってはきましたけど、やっぱり辛いんですね(笑)。

初代:購入できたので今では良い思い出ですが、 正直3ヶ月目ぐらいからはかなりしんどかったです。1ヶ月目や2ヶ月目は店員さんとの会話も新鮮で楽しかったんですが、それ以降は時々「本当に買えるのかなぁ」と落ち込むときもありました。

2代目:私は早めに買えたのでマシなほうだとは思いますが、その気持ちすごくわかります。1ヶ月目は店員さんとの会話が弾み楽しく通えていたんですが、流石に毎日通うと店員さんに不気味がられているような気がして。話すこともなくなってくるし対応がちょっと冷たくなったように感じました。 店員さんの対応がマラソンのモチベーションに大きく影響しますよね。

初代:最初はすごく丁寧にロレックスの魅力を教えてくれるんですよね。ある店舗にとても熱心な店員さんがいて、毎回会うたびに魅力を説明してくださっていたんですが、何回も話していると魅力を全て語り尽くしたのか、急に喋りかけられなくなって。たしか 11月の日記で書いたんですが、それ以降その店員さんと喋れてないですね。

2代目:残念ですね。

F:2代目は初代のマラソン日記を見てたんですか?

2代目:はい、見てました。デイトナは全然買えないことを知っていたので、初代が買えた時は素直に驚きました。それで上司に「次は私がやります」と伝えたのが「デイトナマラソン日記 Ⅱ」の始まりですね。

F:上司はなんて言ってたんですか?

2代目:「マジかよ」って戸惑ってました(笑)。

F:聞いた話によると2代目は1年以内に買えなかったら終了するという約束だったんですよね。

2代目:そうなんです。さすがに就業時間中に期限なしでやるのは会社的にも無理があるということで、1年という期限を設けられていました。通ってみると初代の言うとおり店員さんに5年かかると言われたり、「早くても1年〜2年ぐらいは考えておいたほうがいいですよ」と言われていたので1年で買えたらかなりラッキーだなと思っていたんです。なので3ヶ月で買えたときは嬉しさの反面、 一生分の運を使い果たしてしまったという恐怖もあります(笑)。

■店員からの印象が1番大事!?

F:それにしても2代目はかなり早かったですよね。何か思い当たる理由はあるんですか?

2代目:性別の違いぐらいしか浮かばないですね。もしかしたら 店員さんからの印象が判断材料になったのかな。

初代:たしかにマラソンしているときに店員さんとランナーの話になったんですけど、女性は全然いないと言っていました。夫や息子に頼まれて代行でマラソンする"ママさんランナー"ぐらいで、 自分の為に通う女性はかなりレアみたいですね。

F:デイトナを買うのに店員さんからの印象は大切なんですか?

2代目:かなり大事だと思います。実は購入できたときに 「正直、販売する人を選んでます」と店員さんに言われました。もちろんタイミングも大きいですが、店員さんからの印象はかなり重要だと思います。

初代:ヴィンテージロレックスにも興味があるので、中古店に時計を見にいくんですが、 現行デイトナの新古品がズラッと並んでいるので、転売する人も多いんでしょうね。ロレックス側としてはやはり着ける人に売りたいと思うので、人を選ぶという方針は理解できますね。

F:通っているときは毎日どういうことをしていたんですか?

初代:入ってまず スポロレのショーケースに直行しますね。日にもよるんですけど、ショーケースの前にいると店員さんが近づいてくるので、お決まりの「今日もないですか?」という質問を投げかけて。

F:「ありますか?」じゃなくて「ないですか?」というのが心境を表していますね。

初代:だいたいの店員さんに顔を覚えられてるので、むしろ聞く前に「すいません、今日も......」って言われるんですけどね。

2代目:いらっしゃいませのお辞儀なのか、「すいません、今日もないです」と頭を下げているのかわからなくなりますよね。「ないです」と言われても一応ショーケースは見るようにしていましたが。初代は店に入る前にないと言われたことがあるんですよね?

初代:言われましたね(笑)。他には、店に入る前にいつも喋る店員さんが手で×を作っていたり。

F:店員さんとは何を話すんですか?

初代:最初の1〜2ヶ月は基本的に時計の話ですね。ただ、やっぱり時計の話だけじゃ164日間も話すことないので、出身地とか最近読んでる本、飲み屋について話していました。

2代目:すごい仲良いですね。私は雑談をあまりしていなくて、それこそ花粉症が辛いとか、今日も寒いですねとか当たり障りのない話をしてました。

初代:マラソン後半のほうになると「今日もないですよ。それより聞いてくださいよ、昨日飲みに行っていて〜」みたいな感じですぐに雑談でした。今度飲みに行きたいですねみたいな話はしていたんですが、結局実現しなかったですね。この連載のことがバレそうなので、不安もありましたが。

F:この連載をしているということは話してはいけないルールなんですよね。

2代目:はい、特別な便宜を計られないため等の理由で話してはいけないことになっていました。デイトナマラソンをするにあたって、 1 - FASHIONSNAP.COMの人間であるということは絶対に言わない2 - 名前、年齢、職種を話さない3 - バレたらそこで終了というルールを上司から設定されていました。「何をやられているんですか?」や「お名前はなんていうんですか?」とよく聞かれたのですが、一切喋らなかったです。なので、そういうことを聞かれた時は店員さんとの会話が止まることが時々あって気まずかったですね。ハードルは結構高かったです。名前は、購入時の保証書に書くときにバレましたがそれまではとにかくはぐらかしていました。

初代:1度店員さんに 「デイトナマラソン日記って知っていますか?」と聞かれたことがありました(笑)。

2代目:えー。返答はどうしたんですか?

初代:「どんな日記なんですか??」って答えました。そこはたまに行っている店舗だったので「毎日通っている人が日記書いてるんですよ」と言われたときに「それは大変そうですね」と返しましたよ(笑)。

F:どこの店舗を回っていたんですか?

2代目:銀座、渋谷、新宿、池袋などを回ってましたね。出張の時は、合間を縫って福岡なんかも行きましたよ。

初代:僕も大阪出張があったときは、大阪の店舗を回りました。

F:どこの店舗が良いとかあるんですか?

初代&2代目:うーん。

2代目:
おそらく どこも同じだと思いますね。ただ、 銀座はランナーがとても多いと思いました。店舗が大きいので入荷しやすいのではないかとマラソンする人や観光客が多いらしく。私は、とある店舗は閉鎖的な感じがして個人的に居心地が悪く苦手でしたね。

初代:あー、あの店舗ですね。それわかります。店員さんも多いのでプレッシャーみたいなものを感じますよね。「また来たよ」と思われてるかも、と変に焦ったりしました。

2代目:そういえば、初代は 路面店レキシアの 移転オープン日 に行ったんですよね?私はそういうメモリアルなものに出くわさなかったので日記を読んだときに少しクスッとしてしまいました。

初代:あの伝説の日ですね、 僕の マラソン史上1番衝撃を受けた日 でした(笑)。

2代目:そんなにすごかったんですか?

初代:僕は10時すこし前ぐらいに着いたんですけど、その時点で10人以上は並んでいて、これはデイトナが売られていても買えないなと思ったんです。それでも、とりあえず列に並んでいたんですけどお店から店員さんが出てきて、先頭の人から一人一人に声をかけ始めたんです。何話してるんだろう、って思っていたら前にいる人たちがどんどん帰って行って。そうこうしていると僕のところに店員さんが来てこう言ったんです。 「今日はデイトナの販売はありません」。

F&2代目:うわぁ......。

初代:日本最大の店舗がオープンするときにもデイトナを売らないんだって驚きましたね。僕はデイトナだけがターゲットだったんですが、今日は見物人的なスタンスで事の顛末を見守ろうと思ってオープンまで待っていたんです。

F:最終的には何人くらいになったんですか?

初代:結局オープン時間には50人ぐらいはいましたね。列に並んでいる人が「デイトナはないらしいけど、D-BLUEや赤シードならあるかも。まぁ、サブマリやGMT青黒ぐらいはさすがにあるでしょ」みたいな会話をみんなしてるんですよね。僕もどれかはさすがにあるだろうって思っていたんです。そして、ついに11時になってオープン。皆さん同じケースに向かって行くんですよ、どこがスポロレのショーケースなのかがすぐにわかるぐらい。あっという間にショーケースの前に30人ぐらいが集まって、時計も全然見れないような混雑だったんですけど、5分ぐらい経っても誰も購入手続きを始めなくて。なんかおかしいなって隙間を見つけてショーケースを覗いたら レアモデルが1本もないんですよね(笑)。これはやられたと。みんな自分が見落としているだけじゃないかって何度も見返すんですけど、やっぱりなくて。

2代目:まさに悲劇ですよね(笑)。

初代:皆さんが、怒るとか焦るとかじゃなくて「え、ホントに?!」みたいな感じで戸惑ってて。カイジのざわ・・・ざわ・・・ってあんな感じなんですかね(笑)。ほとんどの人が無いことを受け止めるために、デイトジャストやデイデイトとかのショーケースをボーッと見て 店内をあてもなく一周して帰って行きました。

F:気持ちはわかりますね。

初代:その日でマラソンが終わるかなとワクワクしながら銀座に行ったんですけど、目の前が真っ暗になりました。誰かが買えた、とかなら悔しいとか思えるんですけど、何も無いってなるとどうしていいかわからなくて。 この時計は特別なルートでしか買えないんじゃないかってそのときに本当に思いましたね。数日後に別の店舗で「移転オープンしたレキシア行ってみたらどうですか?デイトナあるかもですよ」とか言われたりで踏んだり蹴ったりでした。

2代目:店舗間で在庫について情報共有がされてないんですね。 店舗ごとに全然違うことを言われたりすることもあるし。

初代:ありますね。あの移転オープン日をさかいに 9月25日の日記に書いた検品で不備のあるものを購入していく人の気持ちがわかりました。ちょっとぐらいの傷だったら絶対買ったほうがいいですね。

2代目:そういえば ギンザシックスがグランドオープンした日の行列の 先頭はデイトナ目当て だったらしいですが、買えたんですかね?

初代:どうなんですかね。

■やっぱり人気モデルはショーケースに並ばない

F:日記を見ていて思ったんですけど、 エクワンは結構な頻度で見つかるんですね。

初代:結構ありますね。毎日マラソンすれば1ヶ月で買えると思います。基本的に月に2、3本は見ましたね。

2代目:そうですね。あと、 GMT黒とディープシー黒は月に1本ずつぐらいは見ました。この3本に加えて定番メンバーのエクツー、ミルガウスとヨットマスター、エアキングという感じです。それ以外のステンレスモデルは全然見ないですね。

F:ショーケースに並ぶんですか?

2代目:エクワン、GMT黒、ディープシー黒は並びますね。一応、店員さんは全モデル並べると言ってますね。

初代:とはいえ、並ばないと思いますよ。ある日 「サブマリのデイトならあるんですけど、どうですか?」って言われたことがあるんですが、ショーケースには並んでいなかったんですよね。もちろんスルーしましたが、しばらく雑談していても一向にショーケースに並ばなくて。検品にしては長すぎる気がしましたね。

F:ちなみにデイトナ以外で気になったモデルはありますか?

2代目:グリーンサブですね。

初代:意外ですね!正規店で見たことないです。

2代目:私も正規店で見たことないですが、並行店で着けてみていいなと思いましたね。でも、緑は中国の縁起の良い色だから中国の人に人気なのですが、女性にも人気でグリーンサブを着けている人って結構いるらしいですよ。

初代:僕は バーゼルで発表された新作GMTの茶黒コンビが気になってます。

2代目:日本へのデリバリーはもう始まっているみたいですね。

初代:みたいですね。先日中野に行ったらもう並行店で売られていました。たしか定価150万円ぐらいですが、そのお店では240万円ぐらいで売られていて、初期デリバリープレミア価格でした。

2代目:コンビでそこまでのプレミアが付くのは珍しいですね。昔のミルガウスも同じような感じでプレミアが付いていましたけど、だんだん下がって定価で買えるようになったので今後が注目ですね。

F:他のレアモデルは何か見たことありました?

2代目:グリーンサブ、GMT青黒、D-BLUE、赤シードは一度も見なかったですね。

F:日記に エクツーとミルガウスもショーケースで見かけることが減ってきたって書いてありましたけど本当なんですか?

初代:本当ですよ。僕がマラソンを始めた頃は必ずと言っていいほどショーケースにあった あの2モデルも売り切れの店舗が増えてきていますね。

2代目:そうですね、私も実感しました。 73日目の日記にも書いたんですけど、エクツーとエアキングで悩んでいる人もいましたからね。そうやってその2モデルも買われて行くんだなって思いました。

初代:でも店員さんがヴィンテージのエアキングをつけていたんですけど、それはかっこよかったですよ。

F:店員さんは現行モデルだけでなくヴィンテージも着用していいんですね。

初代:大丈夫らしいです。ヴィンテージを着けている人もいますが、やはり店員さんの着用率ナンバー1はデイトジャストでした。基本的に現行のレアアイテムは着けてはいけないらしいんです。厳密にいうとショーケースに並ばないものは着けてはいけないらしいとか。なので昔はGMT青黒がショーケースに並んでいたので着けて良かったらしいのですが、当時買ったモノだとしても今は着用を控えるらしいです。

F:ちなみに他のランナーはどういう人が多いんですか?

2代目:「なんでないの?」と少し高圧的な雰囲気な人が多い印象ですね。

初代:たしかに。

2代目:ショーケースに肘をついて、荷物とかもショーケースの上に置いていたりして、あまりお店や周辺に配慮がないような方とかが多かったです。全員がそういうわけではないんですが、やはりそういう人が目立ってしまいますね。

初代:そういう場合、店員さんは基本的にマニュアルみたいな返答をしていることが多いですね。

2代目:まぁ、私も通い始めの頃は何を聞いても 「タイミングとしか言えません」って言われ続けたことがあって。デイトナのことだからそういう返しをされるのかなって思ったので話題を変えて「最近は外国人観光客の人も多いですよね」と話したら「それはタイミングとしか言えませんね」って返されて(笑)。その時はさすがに泣きそうになりました。

F & 初代:(笑)。

初代:店員さんも何人ものランナーの相手をしていて疲れるんでしょうね。なのでできるだけ店員さんには迷惑をかけないようにしました。

2代目:1日で2回来店する人を見かけたんですけど、その人はすごい優しそうな人でした。ランナーも様々ですよね。

F:そういえば 1日中店内で粘った人 もいたんですよね?

初代:店員さんに聞いたんですけどいたみたいですね。1日中粘った人がいたらしいと別の店舗で話したら「正直困りますよね」って言ってました(笑)。

F:ランナーの皆さんはどんな服装が多いんですか?

2代目:スーツの人からカジュアルな格好の人まで本当に様々でした。

F:2人は私服で回ってたんですよね?

初代:はい。スーツで行ったことはないですね。ジャケットを着ている日などはありましたが。

2代目:私も普通に私服ですね。

F:購入履歴は本当に関係ないんですか?

初代 & 2代目:うーん、関係ないといえば関係ないですが、 あるに越したことはないのかなって感じですね。

初代:実際ロレックスを着けて回っているランナーも多いので、 購入したことがある店舗のほうが確度は高いと思いますよ。

・6月11日公開の後編へ続く

【予告】実は買えた時、2人にある"共通点"が。見えてきた「デイトナが買える瞬間と条件」、外商に流れているのは本当なのか?などの噂を編集部が調査。次回掲載日は6月11日!

【完結】初代ランナーが担当した「デイトナマラソン日記」
2017年
8月編(1カ月目)
9月編(2カ月目)
10月編(3カ月目)
11月編(4カ月目)
12月編(5カ月目)
2018年
最終編(6カ月目)

【完結】2代目ランナーによる「デイトナマラソン日記 Ⅱ 」
2018年
2月編(1カ月目)
3月編(2カ月目)
最終編(3カ月目)

ランナー2人が語り合う「デイトナマラソン対談」
前編
後編

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング