初代デイトナランナー
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion デイトナマラソン日記

【コラム】ひっそりと開催されたデイトナマラソンオフ会に参加してみた

初代デイトナランナー
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ロレックス(ROLEX)」のデイトナを求めて正規店を巡回するデイトナランナー達。普段は交わることのないランナー達ですが、なんとランナー達によるデイトナマラソンオフ会が開催されることを聞きつけ打診してみるとオフ会に参加できることに!そこでデイトナマラソンの火付け役となった初代ランナーがオフ会に潜入してランナー達に話を聞いてみました。

 場所は東京唯一の路面店「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」の近くにある居酒屋。主催者はSNSで日々のマラソン結果を報告し、279日目、なんと635回目の来店で、デイトナの黒を見事購入できたことで話題になった男性ランナー。もちろん腕にはデイトナ。購入ができたことでオフ会開催をしようと思ったそうです。この日は、SNSで知り合ったランナー14人が参加。1人遅れてくるという連絡がありましたが、時間を迎えたので主催者の乾杯の挨拶で、オフ会がスタート。今回の参加者は全員が初対面ということで、SNSのアカウント名やマラソン歴、今日着けている時計の話などの自己紹介からスタートしていました。乾杯を終えて、さっそく意見交換スタート。「本当にあるのか?」や、デイトナマラソン対談で語った「店長大事説」などが話題に。電話問い合わせをして店員さんに「エクワンがある」と言われたため買いに行ったランナーの話も。電話問い合わせで「あります」と言われることが本当にあったことに全員が驚くなどとにかくロレックスの話で盛り上がる一同。そうこう話をしているうちに、遅れてくると連絡があったランナーが到着。

 全員がまず最初に思ったのが「なぜ手にロレックスのショッパー?」。色々と気になるので話を聞いてみました。ちなみにこの日着けていた時計は現行デイトナの116500LN白色でした。

【1人目】なんと今日もGMTを購入

—マラソン歴はどれぐらいですか?

 3年ぐらいになるんですかね。でも、毎日とかそこまで頻度は高くないんですよ。

—今日しているデイトナの白はマラソンをして買ったんですか?

 いや、ふらっと寄った店舗で偶然買えたんです。2017年の5月ぐらいですかね。今の状況だったら考えられないですけど(笑)。

—それは運が良いですね......。そのときは何かロレックスを着けていたんですか?

 ミルガウスを着けていました。ふらっと入ったら店員さんのほうから喋りかけてくれて。今と比べるとかなりあっさりでてきましたね。

—最近は、プロフェッショナルモデルだけでなく、ドレスモデルも品切れの店舗が増えてきていて、どんどんロレックス熱が加熱している感じがありますよね。

 あまりにも買えなさすぎて飽きられるんじゃないかというぐらいですよね。今後どんなブランディングをしていくのかが気になりますね。

—ところで、やはり気になるのがそのショッパーの中身なんですが......。

 ああ、GMTの茶黒コンビです。オフ会が始まるちょっと前に銀座に着いて、「どうせオフ会参加者の人たちが事前に銀座の店舗をマラソンしているからなんにもないだろうな」とか思いながらも、一応回ってみるかと行ったらあったんですよね(笑)。

—僕も来る前に店舗を回ったんですが、どこの店舗にも茶黒は並んでいなかったです......。最近はGMTの茶黒でマラソンしていたんですか?

 そうですね。赤青のジュビリーもいいなと思っていたんですけど、競争率高すぎて。茶黒のほうが先に買えるんじゃないかと思っていたらまさかの今日買えるという(笑)。家に帰っての開封式が楽しみです。

—ロレックスは他に何を持っているんですか?

 ミルガウスのZブルー、デイトナの白、サブマリーナのノンデイト、ヨットマスターのダークロジウム、グリーンサブ 、サブマリーナコンビの青文字盤、エクスプローラーⅡの白文字盤、GMTの青黒オイスター、ステンレスのヨットマスターⅡ、ディープシーDブルーです。

—めちゃめちゃ持ってますね(笑)。GMT青黒といえば、ジュビリーブレスに変更されましたね。

 青黒に関してはオイスターのほうがあってるんじゃないかなと思うんですよね。赤青はジュビリーでもいいですが。青黒はオイスターのがっちりした感じのほうがあっているんじゃないかなと。持っているからポジショントークみたいになっちゃいますが。とりあえず値崩れしないでほしいなと思います。
※その後、オイスター青黒ベゼルはどんどん値上がりしています。

—バーゼルの後から二次流通価格がかなり上がりましたよね。

 株のチャートを見ている感じですよね(笑)。二次流通価格が下がるかと思っていたら、逆に上がっていてオイスターが支持されているんだなと感じました。

—ロレックスの魅力は何だと思いますか?

 現実的に手が届きやすい価格帯。あと、他のブランドと比べると限定とかを乱発せずに、ユーザーに媚びないところですかね。基本を愚直にブラッシュアップしているというところが最終的に惹かれるというか。それが資産価値を維持しているのかもしれないですが。実際に着けていてフィット感もありますし。

—ヴィンテージモデルに興味はありますか?

 ないですね。僕は6桁のガチっとした感じが好きで、5桁のときはロレックスを避けていたんですよ。6桁のデザインでほぼ完成したと思っているので、今後どう変わっていくのか楽しみです。

—バーゼルの前にはユーザーの理想が詰め込まれた予想画像などが出回りますが、何か理想のデザインはありますか?

 んー、ロレックスって僕らの理想のものを作るというよりは、常に意外な物を提示してくれる感じだと思うんです。今年の青黒のジュビリーとかヨットマスターとかも良い意味で期待を裏切られたというか。例えばミルガウスのZブルーみたいなエキセントリックなカラーリングって想像できないですし。最初「え?どうなのこれ」って思うんですけど、後からだんだんよく見えてきて。常に意外なものを作るけど、次のスタンダードになるものを作っていると思うんですよね。

—なるほど。

 

 ここで、2018年のバーゼルで発表され、デイトナの次に入手困難モデルとして名前が挙がるGMTの赤青ジュビリーブレスを着用した人にも個別で話を聞いてみました。

【2人目】マラソン初日にエクワン購入

—マラソン歴はどれぐらいですか?

 去年の11月頃からなので、半年ぐらいです。

—どのモデルを求めて通い始めたんですか?

 エクワンを買いたいなと。そしたらまさかの初日にエクワンが買えたんですよ(笑)。

—いきなりエクワンマラソン完走したんですね(笑)。

 はい。それで、購入手続きをしているときに店員さんとデイトナの話で盛り上がって。それからデイトナもしくはGMTが買えたらいいなとまた回り始めたんです。

—新たなマラソンがスタートしたんですね。ちなみにデイトナは白と黒どちら派ですか?

 黒ですね。黒のほうがシックなイメージがあって、合わせやすいかなと思っています。店員さんにも一応黒のほうが欲しいというのは伝えていて、もし黒が買えたらマラソンを卒業すると決めていたんですけど、買えたら買えたで白色も欲しくなって、今もなお通っている感じです。

—え?デイトナの黒買えたんですか?

 はい。2月末のバーゼル前ぐらいに。

—ロレックスは何本持っているんですか?

 エクワン、GMT赤青ジュビリー、デイトナの黒、5桁の青サブコンビ、5桁のエクツー、あとイタリアから中古で取り寄せたオイスタークオーツの6本ですね。

—GMTの赤青ジュビリーとデイトナの黒を買えたのは凄いですね。1日何店舗ぐらい回っているんですか?

 基本的には1日に14店舗。都内の羽田と二子玉以外を回っています。

—めっちゃ多いですね(笑)。

 14店舗回ることをフルマラソンと呼んでいます(笑)。でも、デイトナマラソン日記って何店舗か書いてなかったじゃないですか。

—そうですね。

 勝手に14店舗ぐらい回っていると思っていたんですよ。だから同じぐらい回るぞと通っていたらそれが普通になっちゃって(笑)。

—なんか、すみません。流石に毎日14店舗は無理です.......(笑)。頻度はどれぐらいで回っているですか?

 休日をメインに、月に10日から15日ぐらいマラソンしてます。仕事終わりに回るときは、フルマラソンできないので、数店舗ですけどね。

—赤青はいつぐらいに買えたんですか?

 エクワンを買ってから2ヵ月ぐらいしたときです。「本当に売っているの?」と落ち込みかけたときに買えたので嬉しかったですね。それから1ヵ月後ぐらいにデイトナの黒ですね。

—マラソンで何か意識していることはありますか?

 やっぱり、自分で使いたい、転売目的じゃないということをアピールすることですかね。私は今までロレックスを売ったことがなくて、5桁の青サブが22年前に買った1番最初のロレックスなんです。私の強みじゃないですが、22年間愛用しているとか、売ったことはないというのはアピールポイントになるのかなと思って、店員さんとの会話で話したりしました。

—ちなみに、6ヵ月前の店舗ではエクツーやミルガウスは売っていたんですか?

 その頃からエクツーとかミルガウスもなかったです。当時はデイトジャストの41がショーケースにちゃんと並んでいましたけど、今は41ですらないところも増えましたからね。プロフェッショナルモデルが買えなさすぎるので、デイトジャストに流れていってるんでしょうね。

—今のこの状況はどう思いますか?

 今の状況は異常なのかもしれないんですけど、異常な状態が1年以上は続いているので、これが普通だと思わないといけないのかなと。自分を環境に適応させる感じですね。

—ここまで多くの人が惹かれるロレックスの良さって何だと思いますか?

 基本的に同じモデルをアップデートして、大幅にデザインが変わることが少ないので何年経っても色褪せないというところですかね。

 

 オフ会も終わりの時間が近づいてきたので、635回目の来店でデイトナの黒を購入した主催者の方に話を聞いてみました。SNSでは国内の正規店を回ると宣言していて、日本以外にも香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、ハワイ、台湾の店舗をマラソンする超ツワモノです。

【3人目】日本国内全ての店舗を回る主催者さん

—ちょうど1年ぐらいからマラソンを始めたんですよね。

 そうですね5月くらいに始めました。もともと黒モデルが欲しかったので、買えて良かったです。

—マラソンを始めたころはショーケースに何が並んでいましたか?

 ミルガウスとエアキング、ヨットマスターは安定的にあって、たまにエクツーがあるっていう状況でしたね。

—1年間のマラソンで楽しかったときってどんなときですか?

 楽しいときってないですよね(笑)。たぶんお分かりだと思いますけど、日々辛いですし。ただ、その辛い分、案内してもらったときの高揚感が病みつきになってまた欲しくなるんでしょうね。途中で3回ぐらい辞めようかなと思いましたし。

—どうやってモチベーションを保っていたんですか?

 何度かデイトナマラソン日記を読み返しましたよ(笑)。

—ありがとうございます(笑)。お役に立てて良かったです。

 あとは、他にSNSで買えた人の投稿を見たり。店員さんからはやはり5年ぐらいかかると言われていたので、結果的には279日目で635店舗目で買えたので早い方なのかもしれないですけど。

ーSNSに投稿していた国内の店舗を全て回るというのが気になっているんですが、何故回ろうと思ったんですか?

 気がついたら全店舗回ってみたくなったんですよね。国内のロレックス正規店は70店舗あるんですが、69店舗回ったのであと1店舗なんです。

—羽田空港と関西国際空港の店舗は国際線のターミナル内にありますよね。

 はい。羽田は偶然行く機会があったんですが、関空は使う機会がなかったので、旅行目的ではなく関空のロレックス店舗に行くために台湾に旅行に行きました(笑)。

—それはやばいですね(笑)。

 時計もそうなんですけど、コレクター癖というかコンプリート癖があるんでしょうね。

—今は何を持っているんですか?

 グリーンサブとGMTの茶黒コンビ、デイトナ黒、116509ホワイトゴールドのデイトナです。あと7月に海外で予約しているプラチナのデイトナを取りに行きます。

—プラチナ以外は全てマラソンをして購入したんですか?

 ホワイトゴールドのデイトナをもともと持っていて、それからマラソンをしてグリーンサブ、GMT茶黒、デイトナ黒の順番で購入しました。

—今は何を狙っているですか?

 GMTの青黒か赤青、それかデイトナの白ですね。

—改めてロレックスの魅力って何だと思いますか?

 やっぱり飽きがこないデザインで普遍的なところですかね。そして、所有欲を満たしてくれる。それは人気があるからなのか資産性なのかいろいろ人によって違うんでしょうけど。購入が難しいモデルを買えたんだっていう満足感。さっきも話していましたが、1本持つとまた欲しくなりますし。

—それこそマラソンをしていて、色々見ると他のモデルも欲しくなりますよね。

 正直、グリーンサブもGMT茶黒もあまり欲しかったわけじゃないんですよね。でも目の前にあったらやっぱり買いたくなっちゃうというか。別に転売目的ではないんですけど、宝探し的ななかなか買えないものを見つけた嬉しさみたいな。でもやっぱりデイトナを買えたときの喜びは格別でした。

—間違い無いです(笑)。

 「本当ですか?」って何回も聞きましたからね(笑)。グリーンサブとかGMTのときにも購入手続きはしましたが、デイトナのときは嬉しさがやっぱり違いましたね。帰り道は、交通事故に遭わないようにとか、襲われないようにしなきゃとか考えたり。それはやっぱり買えた人にしか味わえないですね。

—並行店では味わえない感覚ですよね。

 最初から並行店で買うつもりは全然なくて。たぶん、今までの旅費とか交通費を考えればプレ値分は全然超えていると思うんですけど、ギャランティに自分の名前が入るっていうのが嬉しいですよね。

—今日は主催者としてオフ会を開催しましたが、開催してみてどうでしたか?

 皆さん温かい人で良かったです。たぶん貴重な体験で、いつまでマラソンを続けるかわからないですけど、店員さんとどういう話をするかとか、どういうルートで回るとか全員が我流な訳じゃないですか。デイトナマラソン日記には店長が大事と書かれていましたが、僕が買えた時は店長さんじゃなかったですし、他の人の話を聞くと時間帯も関係ないなと再確認したり。日曜日やオープン直後にプロフェッショナルモデルが並んでいたという話を聞いてびっくりもしました。あと、ただロレックス好きが集まったわけではなくて、マラソンをしているというフィルターが一つ加わっているので、また違った話が多かった気がしますね。本来ライバルであるような関係の人たちが集まって、和気藹々と盛り上がるっていうのが新鮮というか。今回はあまり関わりのない人はお断りしたというのもありますが、SNS上でやりとりをしていたまんまの集まりだったので、本当に温かさを感じました。ライバルという考え方じゃなくて、お互いにフォローしあって、励まし、応援しあえるというか、特殊な関係性ですよね。

—第2回の開催予定はありますか?

 誰かが主催してくれたら(笑)。ただ、たぶん皆さんなかなか買えないので、仮に3カ月後とか半年後とかに同じメンバーで集まっても話す内容ってそんなに変わらないと思うんです。やるとしたら誰かが買えたらという感じなんですかね。

—そうですね(笑)。ありがとうございました!

 

 最後に皆さんの時計を撮影させてもらいました。やはりロレックスが多かったですが「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」と「セイコー(SEIKO)」着用者も。

 1世代前のデイトナ(Ref:116520)の黒文字盤。

 デイトナピンクゴールド(Ref.116505)のアイボリーダイヤル。

 エクスプローラーⅠ(Ref:214270)が2人。

 シードゥエラー(Ref.126600)。

 GMTマスターⅡの黒文字盤(Ref.116710LN)が2人。

 ヨットマスターのダークロジウム(Ref:116622)。

 「セイコー」のスピードダイマー。


 「パテック フィリップ」のノーチラス パワーリザーブ ムーンフェイズ。デイトナの白をマラソン歴3ヵ月ほどで今年にゲットしたそうですが、この日は「みんなロレックスを着けてくると思ったので、被らないようにノーチラスを着けてきた」そうです。

 最後に全員で記念撮影をし、第1回デイトナマラソンオフ会は終了。

 ちなみにオフ会から数日後に、グリーンサブとデイトナの黒を購入できたと参加者の方から連絡がありました。オフ会の皆さん有難うございました!

【完結】初代ランナーが担当した「デイトナマラソン日記」
2017年
8月編(1カ月目)
9月編(2カ月目)
10月編(3カ月目)
11月編(4カ月目)
12月編(5カ月目)
2018年
最終編(6カ月目)

【完結】2代目ランナーによる「デイトナマラソン日記 Ⅱ 」
2018年
2月編(1カ月目)
3月編(2カ月目)
最終編(3カ月目)

ランナー2人が語り合う「デイトナマラソン対談」
前編
後編

ランナーたちが集うデイトナマラソンオフ会に初代が行って話を聞いてきた

デイトナランナーオフ会

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング