ディオール メンズ2022-23年ウィンターコレクション
ディオール メンズ2022-23年ウィンターコレクション
Image by: Brett Lloyd

Fashion注目コレクション

「ディオール」メンズ新作は創業デザイナーの美にオマージュ 刺繍やテーラリングで華やかに

 「ディオール(DIOR)」が、メンズの2022-23年ウィンターコレクションをパリで発表した。ショー会場にはセーヌ川に架かるアレクサンドル3世橋を忠実に再現。アーティスティックディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)は、創業デザイナーのムッシュ ディオール(クリスチャン・ディオール)との対話をテーマに、メゾンのヘリテージをモダンに解釈した。タイトルは、フランス語で会話を意味する「LA CONVERSATION」。

ディオール メンズ2022年フォールコレクション

前回のコレクション
ディオール、時代を切り拓いた作家ジャック・ケルアックから着想したメンズコレクション発表

ディオール メンズ2022-23年ウィンターコレクション Image by Brett Lloyd
ディオール メンズ2022-23年ウィンターコレクション
Image by: Brett Lloyd
— ADの後に記事が続きます —

■スズランや愛犬など アイコニックで華やかなモチーフ

 メゾン創設75周年となる今年、キム・ジョーンズはムッシュ ディオールのアーカイヴに内在する建築的な美しさに着目したという。ムッシュのクリエイションにオマージュを捧げ、根底にある「JOIE DE VIVRE(生きる喜び)」のスピリットと共に、過去から未来への橋渡しとなるコレクションが制作された。

 1947年のデビューコレクションで打ち出したニュールックに代表されるシルエットは、ブリティッシュテイストのマスキュリンな「バー」ジャケットとして提案。断ち切りのディテールやステッチによって際立つシャープなラインが特徴となっている。

 アームウォーマー風に肩を落として着用したダウンジャケットも、アーカイヴが着想源。また、サッシュベルトでウエストを絞ったフォーマルなジャケットは、イージーパンツとスニーカーを合わせることでモダンに仕上げている。

 華やかな装飾は今シーズンのポイントで、ジップアップブルゾンやスウェットにスズランなど立体的な刺繍を施し、クチュールとスポーツの要素を融合させた。その他、カナージュ、スター、レオパード、そしてムッシュの愛犬ボビーを象った香水瓶といったアイコニックなモチーフを、グレーとパステルが基調のスタイルに散りばめている。

■初の「ビルケンシュトック」コラボが登場

 ユン・アン(Yoon Ahn)が手掛けているジュエリーも華やかさが増し、デコラティブなデザインに。一方で「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」とのコラボレーションでは、実用的なサンダルが提案された。

ディオール ビルケンシュトック サンダル

コラボ詳細
ディオールがビルケンシュトックと初コラボ 「ディオール グレー」のサンダル2型が登場

 バッグは、「サドル」バッグに加え、新作の「ディオール コロール」トートやバーティカルクラッチが登場。ランウェイでは花束を包むバッグが目を引いた。

 スティーブン・ジョーンズ(Stephen Jones)が手掛けているヘッドピースは、様々なデザインのベレー帽がスタイリングのポイントに。メゾンのハットデザイナーに就任してから今年で25周年を迎えることもあり、今回のショーのフィナーレではキム・ジョーンズとスティーブン・ジョーンズが並んで登場した。

DIOR 2022年秋冬

全ルックを見る
DIOR 2022-23年ウィンターコレクション

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング