Fashioninterview

【インタビュー】インスタで43万人のフォロワーを持つFUKUDA HIROAKIとは?

— ADの後に記事が続きます —

■ インスタグラムの影響力とフォロワーの存在

―フォトグラファー? インスタグラマー? インスタフォトグラファー?

 もちろんインスタのおかげでフォトグラファーとして活動の機会が与えられたことは間違いないです。よく「自分のスタイルで撮って下さい」というクリエイティブなスキルが求められるので、自分ではフォトグラファー、クリエイター、インスタを拠点にしているのでインフルエンサーだと思っています。仕事によってこの3つが関わってくることが多くありますね。

 キャリアはそこまで長いわけではありませんが、幸運なことに自由度の高いお仕事を頂いています。それはきっと自分のスタイルがインスタで確立されて認知されていたからだと思ってます。そこは他のフォトグラファーとは少し違うところかもしれませんね。

―現在43万人のフォロワーがいて、投稿する度にたくさんの人に作品を見られる訳ですよね。

 フォロワーが100人、1,000人、1万人いたときも常に嬉しかったですし、今でもコメントは全部目を通してます。だからと言ってフォロワーの「いいね」の為に写真を撮ったり、一般受けする写真を投稿しているわけではないです。自分のスタイルを貫き通すことが、結局正しいことだと思っているので。写真を撮っている時にはあまり、フォロワーの存在は気にしませんが、モチベーションという意味で彼らの影響は大きいですね。

―フォトグラファーとしてインスタグラムを利用するメリットとは何ですか?

 発信者として、自分の撮った写真を投稿して世界中のオーディエンスと共有し、すぐに反応を得られことはもちろん、アーティストとして発掘されるチャンスがインスタにはあります。逆に世界中の色んな写真にアクセスして、インスピレーションを受けることもありますね。あと、インスタが持つコミュニティもメリットの一つです。インスタを通じて海外にいるフォトグラファーとのネットワークも広がりました。彼らは僕にとって同業者であり、かけがえのない友人です。

hiroakifukuda-20140322_006.jpg

hiroakifukuda-20150128_024.jpg

hiroakifukuda-20140429_007.jpg

上からアイスランド、フィンランド、トルコにて撮影(C)HIROAKI FUKUDA

次のページは>>思い入れの深い作品は?

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング