Cultureマストチューン

【今週のマストチューン】Drake、Little Simz、Ásgeir〜9月第1週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSNAPが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。9月最初の週は、ドレイク(Drake)による6thアルバム「Certified Lover Boy」、UKラッパー リトル・シムズ(Little Simz)の最新作「Sometimes I Might Be Introvert」、アイスランドのSSWアウスゲイル(Ásgeir)によるEP「On The Edge」をセレクト。

— ADの後に記事が続きます —

カニエとのビーフにも注目、ドレイクが待望のアルバムリリース

 29日に10作目となるアルバム「Donda」を突如リリースしHIPHOP界を激震させたカニエ・ウェスト(Kayne West)と並ぶ現代のレジェンド ドレイクも負けじとアルバムをリリース。2人は強烈なビーフを繰り広げているだけに今回のリリース合戦はどちらに軍配が上がるかも大きな話題となっています。早くも各ストリーミングサービスで記録を樹立しまくっているカニエに多少アドバンテージがあるものの、ドレイクも今作のプロモーションとしてリリースした3曲入りのEP「Scary Hours 2」でビルボードシングルチャートの初登場トップ3を独占するという史上初の快挙を成し遂げており、一進一退の攻防から目が離せません。

UKラップの重要人物リトル・シムズによる最新作

 前作「GREY Area」でNMEをはじめとする様々なメディアで満点レビューを獲得し、マーキュリー賞にノミネートされるなど、UKラップシーンの重要人物となったリトル・シムズによる待望の最新作。今作でもスタイルやジャンルのボーダーを超えたモダンクラシックを披露。現代を生きる過激なリアルが描かれた大作が完成しました。最近ではドレイクがプロデューサーを務めるNetflixドラマ「TOP BOY」に出演したり、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のルックブックに登場するなど、女優やモデルとしても活躍しており、新たなカルチャーアイコンとしても注目を集めています。

アイスランドの至宝、アウスゲイルがEP発表

 水晶のようなファルセットヴォイスを持つアーティストとも称されるアイスランド出身のSSWアウスゲイル。新作EP「The Sky Is Painted Gray Today」では、特徴的でエモーショナルなヴォーカルと、何層にも重ねられた温かみのあるアコースティックギターに焦点を当てており、よりシンプルなアプローチによって制作されています。アイスランド語の歌詞はアウスゲイルの父親が担当し、英語の翻訳にはデビュー作から親交のあるジョン・グラントとペトゥール・ベンを起用しており、今作はアーティストの深いルーツに回帰した作品となっています。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング