Cultureマストチューン

【今週のマストチューン】Tirzah、PETZ、V. A.〜10月第1週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSNAPが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。10月最初の週は、Tirzahの「Colourgrade」、YENTOWNのラッパーPETZの2ndアルバム「CHAOS」、Original Love初のオフィシャル・カバーアルバム「What a Wonderful World with Original Love?」をセレクト。

— ADの後に記事が続きます —

Tirzah「Colourgrade」

 インディー、R&B、エレクトロニック、エクスペリメンタルとジャンルを横断する独自のスタイルで、Arthur RussellやArcaなどが引き合いに出されるほどの存在感を放つロンドンのSSW Tirzah。先行配信曲「Tectonic」はサウス・ロンドンの新鋭Coby Sayとの共作で、ベースミュージックやR&Bなどの影響を感じさせながらもTirzahの作家性ともいえる物憂げな雰囲気が醸し出された楽曲となっています。他にもミニマルでオルタナティブなトラックが続いた後に歪んだエレキギターのサウンドが強烈に響き渡る「Send Me」など、オリジナリティに溢れた全10曲を収録しています。

PETZ「CHAOS」

 日本のHIPHOPにおける重要クルー「YENTOWN」の中心人物であるPETZが、約2年振りとなる2ndアルバム「CHAOS」をリリース。海外のクリエイターとアーティストを招いた前作「COSMOS」とは対照的に、プロデュース・客演共に国内勢のみで構成。YENTOWNの面々をはじめとして、SANTAWORLDVIEW & JP THE WAVY、Yo-Sea、KENYA & Only U、J.Breezと豪華メンバーが参加しています。本作で多くの楽曲を手掛けたU-Leeの進化したビートにも注目です。

V. A.「What a Wonderful World with Original Love?」

 テンション高くソウルフルでロック、そしてオルタナティヴに日本のグッドミュージック・スタンダードを提案・更新し続けてきたOriginal Loveがデビュー30周年。それを記念してリリースされたキャリア初のカバーアルバムには、原田知世、PSG、斉藤和義、TENDRE、東京事変、Yogee New Waves、YONCE(Suchmos)など、Original Loveや田島貴男と縁のあるアーティストが集結。新たな息吹が吹き込まれることにより、数々の名曲を振り返りつつも新しいOriginal Loveの世界を巡ることができる一枚です。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング