プラダ 2022年春夏ウィメンズコレクション
プラダ 2022年春夏ウィメンズコレクション
Image by: PRADA

Fashion注目コレクション

「プラダ」ミラノと上海で同時にショーを開催 削ぎ落として解放する衣服

プラダ 2022年春夏ウィメンズコレクション Image by PRADA
プラダ 2022年春夏ウィメンズコレクション
Image by: PRADA

 「プラダ(PRADA)」が、ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)が共同クリエイティブ・ディレクターとしてタッグを組んでから初めてのフィジカルショーを開催した。2022年春夏コレクションのテーマは「SEDUCTION, STRIPPED DOWN」。ショーはミラノと上海で同時刻に開催され、それぞれの会場に設置したスクリーンに互いのショー映像を投影。また二会場から同時にライブ配信を行うという新たな試みが、2つの場所と世界とを結びつけた。

「プラダ」2021年秋冬ウィメンズコレクション

前回のコレクションは?
PRADA 21AW:可能性を拡げる、実用的だけどエレガントな服

— ADの後に記事が続きます —

削ぎ落として露わになる本質

 コレクションテーマが意味するのは「削ぎ落とすことで生み出す誘惑」。誘惑という概念、セクシュアリティに関する表現を衣服から考えたという。衣服の構造は身体と結びついていて、削ぎ落とすことにより本質的なものが露わになるという考えのもと、衣服のルーツを探求した。

イブニングウェアのディテールを再考

 象徴的なデザインは、サテンのミニスカートの後ろに垂れ下がる布。これはドレスのトレーンを削ぎ落とした表現で、その他にもウエスト部分にデザインされたコルセットの骨組みや編み上げ、ニットに浮かび上がるバストの曲線など、イブニングウェアのディテールを再考しワードローブの随所に取り入れた。視点を変えて概念を抽象化し、身体の解放を表しているという。

 服を脱ぐ過程が表現された背中を空けるスタイリングは、露出することで身体を強調。また、ドレスとは対照的に無骨なライダースジャケットなど、タフなフォルムのレザーのアウターも多く提案された。

ポインテッドトゥのシューズと新作バッグ

 アクセサリーは両腕に着けられたバングルがスタイリングのポイントに。シューズはポインテッドトウと特徴的なウェッジソールを展開。グリーンやオレンジなど様々なカラーと、立体的なフラワーモチーフのデザインが登場した。

 ランウェイを飾ったバッグのカラーは、ブラックの一点を除き鮮やかなレッド。スクエア型のバッグは新作で、キャロリン・ベセット=ケネディ(Carolyn Bessette-Kennedy)が愛用するバッグにインスパイアされた「プラダ キャロリン」。「プラダ クレオ」といったアイコンバッグも登場した。

新作「プラダ キャロリン」
新作「プラダ キャロリン」
「プラダ クレオ」の新色
「プラダ クレオ」の新色
PRADA 2022年春夏

全ルックを見る
PRADA 2022年春夏ウィメンズコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング