シュプリームのロゴ
シュプリームのロゴ

Fashion主要ニュース

【5分でわかる主要ニュース】米ノースフェイス親会社がシュプリーム買収、+J発表会に宮沢りえが登場、TOKYO BASE代表が語る攻めの経営...(11/8〜11/14)

シュプリームのロゴ
シュプリームのロゴ

 11月8日〜11月14日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。

米ノースフェイス親会社が「シュプリーム」を買収

・「ザ・ノース・フェイス」や「ヴァンズ」などを傘下に収める米大手アパレル・フットウェアメーカーのVFコーポレーションが、「シュプリーム」を買収した。
・VFコーポレーションの買収金額は21億ドル以上と予想されている。
(詳細はこちら

宮沢りえがユニクロ「+J」の発表会に登場

宮沢りえ Image by FASHIONSNAP.COM
宮沢りえ Image by FASHIONSNAP.COM

・「ユニクロ」が、ファッションデザイナーのジル・サンダー氏とタッグを組み展開する「+J」の復活コレクションを11月13日発売した。
・前日に開催された発表会には、スペシャルゲストとして女優の宮沢りえが登場した。
(詳細はこちら
【関連記事】
【実物本音レビュー】ユニクロとデザイナー ジル・サンダーの「+J」復活、まず買うべきアイテムは?一足早く徹底チェック
ユニクロ「+J」の売り場が公開、発売日当日は入場制限を実施する可能性も
ユニクロ「+J」発売で公式サイトがサーバーダウン、開店時間を前倒しする店舗も
『今日の1番さん:ユニクロ「+J」編』 朝4時から並んだ3人組は何を買った?

バルミューダ、東証マザーズに上場

寺尾玄代表取締役社長 Image by  FASHIONSNAP.COM
寺尾玄代表取締役社長 Image by  FASHIONSNAP.COM

・バルミューダが、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認された。
・上場に際して123万5000株を公募し、調達資金は製品開発力強化や事業拡大に向けた人件費などに充てる。
(詳細はこちら

アリババ「独身の日」セール、流通総額が過去最高に

アリババ公式サイトより
アリババ公式サイトより

・中国のEC最大手のアリババが、中国の「独身の日(シングルデー)」にあわせてビッグセールイベント「Alibaba’s 11.11 Global Shopping Festival」を開催した。
・流通総額が過去最高となる4982億元(約7兆9000億円)を記録。
(詳細はこちら

花王、頬のたるみを引き上げるメイク技術を開発

塗布前と塗布後の比較(著効例) Image by 花王
塗布前と塗布後の比較(著効例) Image by 花王

・花王が、塗布してほうれい線を目立たなくさせるメーキャップ技術を開発した。
・今後は商品化に向けた開発に注力するという。
(詳細はこちら

ブルックス ブラザーズ ジャパンをダイドーリミテッドが連結子会社化へ

8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店 Image by FASHIONSNAP.COM
8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店 Image by FASHIONSNAP.COM

・「ブルックス ブラザーズ」の日本事業を運営するダイドーリミテッドが、米ブルックス ブラザーズが保有する株式の40.5%分を追加取得し、ブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社化することを決議。
・日本におけるブルックス ブラザーズのブランド価値向上や安定的な運営などを図る。
(詳細はこちら

青山商事が希望退職者400人を募集、新型コロナで業績悪化

「洋服の青山」のロゴ Image by FASHIONSNAP.COM
「洋服の青山」のロゴ Image by FASHIONSNAP.COM

・青山商事が、希望退職者を約400人程度募集することを決議。
・新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化し、更なる構造改革が必要と判断したためだという。
(詳細はこちら

【インタビュー】TOKYO BASE代表が語る、コロナ禍の"攻めの経営"

インタビューに応じるTOKYO BASE 谷正人代表 Image by FASHIONSNAP.COM
インタビューに応じるTOKYO BASE 谷正人代表 Image by FASHIONSNAP.COM

・TOKYO BASEが、「とにかく売れている」という中国への出店加速やステュディオスのオリジナル商品廃止、アスレジャーの新業態といった"攻めの経営"を打ち出している。
・同社の谷正人代表にコロナ禍で考える本質的なビジネスモデルについて聞いた。
(詳細はこちら

■最新コンテンツは以下のページから
ニュース | 特集・連載 | コレクション

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング