ヴァレリー・スティール博士
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion インタビュー・対談

ファッションの展覧会ができるまでーーFITミュージアム館長のキュレーション論

ヴァレリー・スティール博士
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)併設のFITミュージアムのディレクター兼チーフキュレーター ヴァレリー・スティール(Valerie Steele)。1997年から同館で手掛けた展覧会の数は25以上にのぼり、ファッションを歴史的、社会的観点から読み解くことで、世の中に広めてきた人物だ。「日本の旅館の浴衣が大好き」と語り、日本のファッションについても造詣が深い。スティール博士に、ファッションキュレーターの仕事やこれまで手掛けてきた展覧会について聞いた。

キュレーターの仕事とは?

―今回はどういった目的で来日したのでしょうか。

 神戸ファッション美術館で来年の春に開催する展覧会でゲストキュレーターとして参加するための打ち合わせがあり、今回来日しました。FITのOGでもある尾原蓉子さん(一般社団法人ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション会長)と友好関係にあるので、FITの同窓会に参加するため東京にも来ることになったのです。

―FITミュージアムでディレクター兼チーフキュレーターというという肩書きですが、具体的な仕事内容は?

 ディレクターとしてはミュージアムの運営とアーティステックディレクションの方向性を決定する責任者です。どんな展覧会を行うか、そのために何が必要かなどを決めます。スタッフへのスーパーバイザーや予算をどう使うかといったことも役割に含まれます。

 「キュレートする」という言葉は日常的にもよく使われるようになりました。「書店のラインナップをキュレートする」とも言いますよね。美術館のキュレーターは、コレクションの収集からケアまでをとりまとめ、それらを用いて展覧会を作り上げる人のことを言います。簡潔に言うと、コレクションを「収集」「保存」「記録」「展示」「解釈」する、ということです。

―どのような経緯で現職に就いたのでしょうか。

 大学を卒業してから、イェール大学で博士号を取りました。現代ヨーロッパ文化と歴史学を専攻していたのですが、学術論文を読んでそれぞれのテーマについて議論する機会があり、友人がヴィクトリア王朝時のコルセットを議題にあげたのです。女性に対する制圧を象徴している、という意見もあれば反対の意見も出たのですが、その時に私の中で「ファッションも文化の一部なんだ」ということを感じて。当時アカデミックのフィールドではそのような分野は存在しなかったのですが、ファッション史を研究したいという思いが強くなりました。スミソニアン博物館でフェローとして働いたり、FITやパーソンズなどでファッション史を教えたり、10年ほど経って今の仕事にたどり着いた形です。

―FITは教育機関ですが、ミュージアム創設の経緯は?

 FITが創設したのが75年前の1944年。ミュージアムが開設したのが、ちょうど50年前の1969年です。当初は「FIT デザインラボラトリー」と呼ばれていました。学生やデザイナーがインスピレーションを得るために収集品を見に来るような場所で、建物ができてからデザインラボ兼展示ギャラリーとして機能するようになりました。1993年に博物館として認知を広げるためミュージアムに名称を変更し、現在に至ります。私がディレクターに就任してからはアメリカ博物館同盟(AAM: American Alliance of Museums)に加入し、国から公式に博物館として認められています。加盟している大学の博物館は、全米でもごくわずかなんですよ。

―大学に併設する博物館という位置付けですが、ほかの博物館との違いはあるのでしょうか?

 教育の観点から非常に重要な役割を果たしています。ミュージアムの存在意義と大学の目的は「知識を発展させる」という点で同じなのです。それを展覧会やクラス、出版物を通して学生や一般の人にシェアすること。これがミュージアムとしてのミッションです。教育機関の一部という位置付けなので、学生との距離が近いことも挙げられますね。

―一つの展覧会ができるまでにどういった手順を踏むのでしょうか?

 いつもアイデアはたくさんあります。テーマを選ぶ上で、そのトピックの新しさをどう表現できるかが重要です。同じテーマについて何度も繰り返すのでは、人々の関心を引かず、学術的にも意味がありません。そして所有しているコレクションからどう発展させてストーリーを組み立てていくのか、仮説を立て探求していくのです。

 対象となるテーマを選んでから、とにかくリサーチを繰り返し、歴史的な背景や意味を探っていきます。そしてストーリーを裏付ける服を探します。現存しないものや入手できないものについては本や資料で補います。

 だいたい一つの展覧会を行うまでに、準備期間として1年から2年半ほどかかりますね。オープニングまでの準備で重要なことの一つが、本の出版です。出版物は展覧会が終わっても研究発表の成果としてずっと残るものですから。これは大変な時間と労力を伴う仕事の一つです。

―どういった人たちが展覧会をつくり上げるために携わっているのでしょう。

 実際にコレクションをケアし、修繕するのは、修復士(conservator)と呼ばれる人たちです。私たちのミュージアムには3人在籍しています。記録係りが全てのトラッキングを書き留め、展覧会チームが会場のレイアウトやデザイン、設営などを担当します。そしてメディアチームが展覧会のウェブページを作り、SNSなどで展覧会の宣伝を担当します。エデュケーショナルチームは、展覧会にまつわるクラスを設け、FITの学生はもちろん、小さい子供向けのプログラムや外部の学生に向けたプログラムなどを提供します。年に一度、文化服装学院の生徒もミュージアムを観覧し、授業を受けに来るんですよ。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング