Image by: エルサ・ペレッティ財団

Fashion

ティファニーのエルサ・ペレッティが死去、ボーン カフなどデザイン

Image by エルサ・ペレッティ財団
Image by: エルサ・ペレッティ財団

 「ティファニー(Tiffany & Co.)」のスタージュエリーデザイナー エルサ・ペレッティ(Elsa Peretti)が、3月19日に死去した。享年80。チューリッヒのファミリー・オフィスとエルサ・ペレッティ財団が発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 ペレッティは1940年フィレンツェ出身で、ローマでインデリアデザインの学位を取得。ニューヨークとバルセロナでモデルとして活動し、その後、ジュエリーのデザインを始めた。ファッションデザイナーのジョルジオ・ディ・サンタンジェロ(Giorgio di Sant'Angelo)がショーでジュエリーを使用したことで人気を博した。1974年にはティファニーのデザイナーに就任。昨年50周年を迎えた手首用アクセサリー「ボーン カフ」などを手掛けたことで知られている。

ティファニー LVMH

関連記事
LVMHによるティファニーの買収完了、ベルナール・アルノーCEOの息子が経営陣に

ティファニーのテーブルマナー
著: W.ホービング
イラスト: J.ユーラ
翻訳: 後藤 鎰尾
メーカー: 鹿島出版会
価格: ¥880(2021/03/20現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング