カード番号は画像処理を行なっています。
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business フォーカス

【続】アメックスセンチュリオンホルダーに色々聞いてみた

カード番号は画像処理を行なっています。
Image by: FASHIONSNAP.COM

 日本に約7,000人しかいないセンチュリオンホルダー。センチュリオンは定員制とも言われ、席が空かないと新規会員を誘わないと噂される超絶難関なカードとして知られています。ちなみに日本の個人経営含む企業数が約385万。この数字から考えるとざっくりですが385万人の経営者がいることになります。それを考えると、ホルダーがいかに少ないかとわかるはず。この7,000人のうち1人にインタビューできたのが前回の記事。今回は、前回聞けなかったことをもっともっと聞いてみました。

— ADの後に記事が続きます —

—前回は有難うございました!すごい反響でセンチュリオンの注目を肌で感じました。

A:それはお役に立てて良かったです。

—今回は【続】ということで、もうちょっと色々聞きたいなと思います。

A:前回でほぼほぼ答えたので、もう何も出てこないですよ(笑)。

—いえいえ、あのあと「これ聞けば良かった...」と色々出てきたのでお願いします(笑)。

外見はプラチナ、中身はセンチュリオン

—さっそくですが、AC(アディショナルカード)は、ブラック、プラチナ、ゴールド、最近だとグリーンも選べるようになっていますが、Aさんは何にしているんですか?

A:僕はプラチナですね。

プラチナなんですね。理由は?

A:本カードとチタンカードの2枚はブラックなので、1枚は違う色がいいかなと思って。それと会食の時などにセンチュリオンは出しづらいことが多いので。

—なるほど。やっぱり出しづらくなるんですね。

A:やっぱり出しづらいですね(笑)。特に相手がプラチナやゴールドだったら気まずいです。

—ちなみにACカードのプラチナは、プラチナカードの特典しか利用できないんですか?

A:いや、実はこれプラチナカードの額面ですけど結局中身はセンチュリオンなんですよね。

—え!そうなんですか?

A:ややこしいですけど、プラチナコンシェルジュサービスに繋がった後センチュリオンサービスセンターに回されたりします。家族カードのプラチナだと裏にあるここの【カードに関するお問い合わせ〜】にある番号がCenturion Service Center(センチュリオン・サービス・センター)になってました。

※アメックスはコロコロ変わるので全員が同じかは謎とのこと。

—なるほど。あくまでも額面の違いという感じなんですね。センチュリオン・サービス・センターと他のサービスセンターの違いはありますか?

A:特にないですね(笑)。もともとアメックスは、会員の区別はするけど差別はしない、という感じなのでプラチナとあまり変わらなかったです。

—前回のインタビューで、「特典の内容を知らないのはおかしい」という反応があったのですがどう思いますか?

A:うーん、逆に特典の内容を熟知しているユーザーっているんですかね。センチュリオン特典で知っているのは【1】チタンカード、【2】パーソナルコンシェルジュ、【3】ACカードの色が選べるくらいですね。補償とかアップグレードとかが色々あるっていうのは知ってはいるんですが具体的なものはほとんど知らないです。

センチュリオンまでの歴代プラチナカード。かなり年季入ってます。

—特典が多すぎるんですかね?

A:そうですね(笑)。プラチナで用意されている特典のさらなるグレードアップという感じのものからセンチュリオンだけのサービスなど色々あって覚えきれないんですよね。

—何か他に知っている特典とかないんですか?

A:うーーーん、あ、コンシェルジュ経由でビジネスクラス以上の航空券を予約すると家から空港までの送迎がつくってやつですね。海外ビジネス以上だけだったかな。

—おお、それはすごいですね。

A:例えば成田からニューヨークに行く場合は、

①自宅→成田空港
②到着したジョン・F・ケネディ国際空港→宿泊ホテル
③宿泊ホテル→ジョン・F・ケネディ国際空港
④到着した成田空港→自宅

のように4つの送迎サービスが無料でつきますね。国内の送迎はMKタクシーのハイヤーが多く、すごく快適です。国外だと現地の空港からリムジンで送迎というのもあって、手配してもらった時は恥ずかしかったです(笑)。

—ちなみにMKだと渋谷区から成田に行くと定額で片道2万2,000円なので往復で約4万4,000円かかりますね。

A:結構かかりますね。

—それにジョン・F・ケネディ国際空港から仮にマンダリン・オリエンタルNYまでハイヤーで往復すると400ドルくらいかかるので全部合わせて9万円くらいのサービスが無料になるという感じですね。

A:航空券も日系の航空会社のサイトと同じ金額をコンシェルジュから提示されるので、コンシェルジュでとったほうがかなりお得ですね。でも到着する国によっては現地での送迎がつかない場合も多いのであくまでもプラスアルファという感じでしょうか。

—なんだかんだでセンチュリオン特典を享受してるんですね。

A:そうですね(笑)。

—でも覚える気はないんですよね(笑)。

A:そうですね。パーソナルコンシェルジュがついているので、何かあったら彼女に聞けばいいので特に自分で覚える必要ないかなと思ってます。

※Aさんのパーソナルコンシェルジュは女性だそうです。

 

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング