ADVERTISING

「バレンシアガ」はエンタメ化したパリコレに一石を投じるか 23年ウィンターコレクション

「私にとってファッションは服を作るという芸術」

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

IMAGE by: courtesy of Balenciaga

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

IMAGE by: courtesy of Balenciaga

「バレンシアガ」はエンタメ化したパリコレに一石を投じるか 23年ウィンターコレクション

「私にとってファッションは服を作るという芸術」

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

IMAGE by: courtesy of Balenciaga

 コロナの収束によりパリコレが活気を取り戻すとともに、ファッションショーのエンターテインメント化やバズ合戦が加熱している。そこから距離をとったスタンスでショーを行ったのが、今回の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」だ。2023年ウィンターコレクションは、吹雪大量の泥といった過去の壮大なショー演出とはガラリと変わり、何もない純白の会場で行われた。派手なプロモーションを打たず、巷を騒がせるようなスターの来場もない。新作ウェアではいわゆる"ロゴもの"が一切登場しなかったことも、クリエイティブ・ディレクター デムナ(Demna)の服としての本質を見せるという姿勢が感じられた。

ADVERTISING

招待状はジャケットの型紙

 バレンシアガの新作コレクションは、いつもショーの招待状から始まる。今回、封筒の中に入っていたのはジャケットのパターン(型紙)。レギュラーフィットのベーシックなテーラードジャケットの絵型が書かれていて、使用すべきテキスタイルやボタンなどの副資材といった仕様についても細かく記載されていた。

 肝心なショー会場についての情報は書かれておらず、招待客のみにメールで伝えられたのは前日夜。指定された住所は、パリ1区のルーヴル美術館の地下に位置する施設「カルーセル ド ルーヴル」だった。施設を利用する一般客と同じエントランスから入る形で、バレンシアガの会場だとわかる案内板などは何もない。

カルーセル ド ルーヴルのエントランス

ショー会場となった「カルーセル ド ルーヴル」のエントランス

Image by FASHIONSNAP

 歴史を辿れば、「カルーセル ド ルーヴル」はかつてパリコレの公式会場だった。1990年代から15年以上、複数のホールをメイン会場として数々のデザイナーがショーを行ってきた由緒ある場所だ。この会場選びにも、原点回帰という意図が見え隠れする。

 ホールの中は、広々とした純白の空間。先シーズンの泥が敷かれたランウェイと比べると、真逆とも言えるクリーンな会場セットが用意されていた。

純白のショー会場

純白のショー会場

Image by courtesy of Balenciaga

パターンの解体とアップサイクル

 静かにショーが始まる。序盤は黒一色で、ファーストルックは一見するとオーバーサイズのベーシックなスーツスタイルだが、近づくにつれて特徴的なディテールが目に止まる。ジャケットの裾にスラックスのウエスト部分の仕様が施されており、またパンツは前身頃にもう一着のパンツがぶら下がっているという構造。テーラリングを解体して再構築する、実験的な手法だ。

 ユニークだったのは、1ルック目の女性モデルとと2ルック目の男性モデルが、全く同じデザインのピースを着用していたこと。服がシンプルであるほど、着る人によって佇まいが変わる。

ルック1

ルック1

Image by courtesy of Balenciaga

ルック2

ルック2

Image by courtesy of Balenciaga

 続くスタイルにも、スラックスのディテールが至る所に反映されている。これらは、デムナが過去にも手掛けてきたアップサイクルの手法とも取れる。実際にデッドストックのパンツを解体して作られたロングスカートもスタイリングされていた。

ルック4のジャケット

ルック4のジャケット

Image by FASHIONSNAP

ルック4のジャケット

バックスタイルからも、ジャケットとスラックスのパターンが融合しているのがわかる。

Image by FASHIONSNAP

 パターンの応用は続く。ルック13のミニドレスは、ネイビーのチノパンを解体して再構築。ルック18のトレンチコートはカーキのチノパンが融合している。袖口、ガンパッチ、ヨーク、そして後ろ身頃の全体にまで、チノパン特有のパターンが繰り返し用いられていた。

ルック13

Image by courtesy of Balenciaga

ルック18

Image by courtesy of Balenciaga

ルック18のトレンチコート(展示会より)

Image by FASHIONSNAP

チノパンのディテールが至る所に

Image by FASHIONSNAP

チノパンを解体して再構築したようなデザイン

Image by FASHIONSNAP

空気で膨らむシルエット

 ムードを変えたのはルック24のライダースジャケットだ。コンパクトな作りだが、首が埋もれるほど胸から上が膨れ上がっている。これは空気によって膨らませる「インフレータブルライニング」が内蔵。目には見えない空気の層を服作りに応用した。

 フーディやダウンジャケットといったオーソドックスなウェアも同様の作りで、付属するポンプで着る人にシルエットを委ねる。今回のコレクションでは唯一のユニークピースとも言える。

ルック24

Image by courtesy of Balenciaga

ルック26

Image by courtesy of Balenciaga

クチュールのショルダーラインを引用

 後半はクチュールコレクションからシルエットを引用し、特徴的なのが肩の作り。いわゆるパワーショルダーとは異なり、丸みを帯びて立体的なショルダーラインを描いている。マキシ丈のドレスやコートだけではなく、トラックスーツやジャージー素材のセットアップといったカジュアルなスタイルにも引用。従来のコレクションでは、特にストリートテイストのアイテムにはブランドロゴが様々な形で(時にアイロニカルに)施されていたが、それらが排除されているのが今回の特徴のひとつ。シルエットでバレンシアガと認識できるようになっている。

ルック35

Image by courtesy of Balenciaga

ルック40

Image by courtesy of Balenciaga

 終盤を飾ったのは、クチュールハウスの真髄とも言える繊細なレースや刺繍がふんだんに施されたイヴニングドレス。タートルネックのミニマムなボディにビジューの総刺繍を二重に施したマキシドレスは、職人技が注ぎ込まれた逸品。ラストルックはビーズ刺繍が施されたフリンジが全身を覆い、狂気ともとれるほど細やかな手仕事が凝縮されていた。

ルック49

ルック49

Image by courtesy of Balenciaga

ルック49のディテール

ルック49のディテール:総刺繍を施した後、さらに刺繍が施され、ジュエリーのような輝きを放つ。

Image by FASHIONSNAP

ルック54

ルック54

Image by courtesy of Balenciaga

ルック54のディテール

ルック54のディテール:遠目にはファーのようにも見えるが、ビーズ刺繍のフリンジがドレス全体を覆っている。

Image by FASHIONSNAP

巨大化するバッグやピアス

 ルックを飾ったアクセサリーは、サイズを変えることで新たな視点を与えた。人気のクラッシュバッグがレザーストラップに変わり、新型のビッグサイズで登場。また、チェーンストラップの巨大なキルティングバッグも印象を目を引いた。

ビッグサイズのクラッシュバッグ

ビッグサイズのクラッシュバッグ

Image by courtesy of Balenciaga

ビッグサイズのクラッシュバッグ

ヴィンテージ調の花柄はドレスのプリントデザインと連動している。

Image by FASHIONSNAP

ヒュージバッグ

ヒュージバッグ

Image by courtesy of Balenciaga

ヒュージバッグ

Image by FASHIONSNAP

 人気のサングラスは流線形の新作が登場。後日開催された展示会では、ピアスが巨大化したようなデザインのブレスレットや、リングの形のイヤカフなど、バレンシアガならではのギミックを見ることができた。

新作のサングラス

新作のサングラス

Image by courtesy of Balenciaga

アクセサリー

(上から)ブレスレット、イヤカフ、リング

Image by FASHIONSNAP

タフなバイカーブーツとヌーディーなシューズ

 タイトシルエットを際立たせていたオーバーサイズのブーツは、レインブーツのシルエットにバイカーブーツの要素を取り入れ、エイジング加工を施したデザイン。

 新作の「アナトミックシューズ」は、ストッキングやソックスを履いた足がそのままシューズになったように、足の指の凹凸まで表現されていてヌーディーな印象だ。

バイカーブーツ

バイカーブーツ

Image by courtesy of Balenciaga

アナトミックシューズ

アナトミックシューズ

Image by courtesy of Balenciaga

ファッションの本質に立ち返る

 テーラリングを分解して研究・応用し、クチュールハウスならではの技術を注ぎ込むなど、服作りに真摯に向き合ったことがストレートに感じ取れた今シーズン。昨年末のホリデーキャンペーンを巡る問題が影響していると思われがちだが、デムナがメディアに語った内容によると今回のコレクション制作はその前からスタートしていたという。

 デムナのファッションに対する情熱と姿勢については今シーズンに限ったものではなく、ただ変化しているのは取り巻く環境なのかもしれない。コロナによって一度活気を失ったファッション界が再び息を吹き返し賑わいを取り戻している一方で、過剰な刺激が求められ過ぎていることは否めない。壮大なセットや話題作りの演出を排除するという選択は、伝統あるクチュールハウスの原点に立ち返り本来の姿を取り戻すとともに、昨今のファッションシーンに一石を投じることになるのではないだろうか。

 ショー会場に並ぶ椅子の上に置かれていたデムナの心の声とも取れるメッセージが、その全てを物語っていた。

両親が近所のテーラーで私のためのパンツを仕立ててくれたのは6歳のときでした。 自らデザインし、 生地屋で生地を選び、そしてフィッティングのためにテーラ一へ二度通いました。 これが、私が服に夢中になる始まりでした。私と服との関係を定義づけ、デザイナーになりたいと思うきっかけとなりました。

ファッションは一種のエンターテインメントになりましたが、その側面が、シェイプやボリューム、シルエット、身体と生地の関係の生み出し方、 ショルダーラインやアームホールの作り方、 服が持つ私たちを変える力のあり方など、ファッションの本質を覆い隠してしまうことがよくあります。

ここ数ヶ月、 私はファッションに熱中するためのシェルターを探す必要があり、 服を作る過程で本能的にそれを見つけました。私が幸せを感じ、真に自分を表現できるその驚くべきパワーをもう一度思い出させてくれました。だからこそ、私にとってファッションはもはやエンターテインメントではなく、服を作るという芸術です。

Demna

BALENCIAGA 2023年ウィンター

全ルックを見る

BALENCIAGA 2023年ウィンターコレクション

2023 AUTUMN WINTERファッションショー

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

セールスアソシエイト(販売員)

BALENCIAGA

セールスアソシエイト(販売員)

年収

300万 〜

詳細を見る

ジャーナル

LOEWE(ロエベ)求人に応募する前に確認!特徴や名作バッグシリーズなどを紹介

LOEWE(ロエベ)求人に応募する前に確認!特徴や名作バッグシリーズなどを紹介

記事を読む

求人

セールススタッフ

LVMH Watch & Jewelry

セールススタッフ

年収

300万 〜 450万

詳細を見る

ジャーナル

元Jリーガーが立ち上げたアパレルブランド「FIDES」。コラボのこだわりと目指す未来とは

元Jリーガーが立ち上げたアパレルブランド「FIDES」。コラボのこだわりと目指す未来とは

記事を読む

ジャーナル

【イベントレポート】LVMH Watch & Jewelryの人事に聞く!採用したい人物像とは?

【イベントレポート】LVMH Watch & Jewelryの人事に聞く!採用したい人物像とは?

記事を読む

ジャーナル

【3/22(金)】「Discover LVMH Watch & Jewelry Vol.2」開...

【3/22(金)】「Discover LVMH Watch & Jewelry Vol.2」開...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

コラボ

瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

m.m.d. 瀬戸焼ブランド「m.m.d.」と一緒に、付加価値のあるものづくりをしたい企業様、ク...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

バレンシアガ 2023年ウィンターコレクション

IMAGE by: courtesy of Balenciaga

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント