ADVERTISING

パリ初挑戦の「ベッドフォード」は明くる朝を臨む 2024年春夏コレクション

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

IMAGE by: BED j.w. FORD

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

IMAGE by: BED j.w. FORD

パリ初挑戦の「ベッドフォード」は明くる朝を臨む 2024年春夏コレクション

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

IMAGE by: BED j.w. FORD

 パリ・メンズファッションウィークの公式スケジュールにて、ランウェイ形式で2024年春夏コレクションを発表した「ベッドフォード(BED j.w. FORD)」。日本国外でコレクションを発表すること自体は初めてではない。2019年春夏はピッティ・ウオモで披露し、2019年秋冬はミラノ・メンズの公式スケジュールに初参加、そして2020年秋冬はパリ・メンズの「メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)」のショー会場でゲリラ・ショーを行っている。コロナ禍以降、展示会ベースでパリを訪れていたブランドだが、今回満を持して、パリでは初となる単独ランウェイショーに踏み切った。

 会場となったのは、デジタルアートと現代音楽のカルチャーセンター「La Gaîté Lyrique」。かつては劇場だったこの建物は、2004年から2011 年にかけて、建物の一部をそのまま残して改修し、ヘリテージとモダニティの二面性を持ち合わせている。ランウェイは2つの部屋にまたがっており、ひとつはホワイトキューブ、もうひとつは装飾的で荘厳なパリの古い空間だ。

ADVERTISING

 ファーストルックとして飛び出してきたのは、くるぶし近くまであるロング丈のコート。これは今年2月に東京で開催された2023年秋冬ショーのファーストルックと、素材違いのもの。東京だろうが、パリだろうが、そのスタンスは変わらない。「デザイナーとして、この生活が続いていくことの幸せを感じている」と語るデザイナーの山岸慎平が、ブランド設立から13年で培った、ゆるやかだが確かな自信の表れである。

 「last morning」と題されたコレクションノートには、「同じ朝はもう来ない」と綴られている。今日という日は、昨日とシームレスに繋がっていながら、決して同じではない。この過去・現在・未来の捉え方に、山岸がコロナ禍の葛藤の中でたどり着いたアティチュードがある。コートには素足のローファーが合わせられ、ギラついて棘のある、かつての「ベッドフォード」の影はもうないーーそこにあるのは、爽やかなパリの朝に、起き抜けで頭を掻きながらタバコを燻らすような、ノンシャランでセクシーな人物像だ。

 それに続くのは、丈の長いジャケットに軽やかなショートパンツ、ミドル丈のブーツを履いたモデルたち。たるんだシルエットを描くタンクトップや、透けるタイガーカモといった繊細な素材使いからは、センシュアルな妖艶が滲みでる。中盤で見せるテーラードスタイルの連続は、ブランドのアイデンティティの在りどころを印象付けた。チェーンでパイピングされたノーカラーのシャネル風ニットジャケットや、きらきらと光るラメ入り素材など飛び道具を交えながら、最後には純白のルックが3体続き、ショーはフィナーレを迎えた。

 現在の山岸が創造する、服を作る喜びを噛み締めた「嘘がない服」は、けっして華美なものではない。シンプルに削ぎ落とすからこそ、「ベッドフォード」のデザインコードが鮮明に浮かび上がる。軽やかながら、気の抜けたアイテムはひとつもなく、シルエットからカラーパレット、そして裾のしまつに至るまで、服を構成するすべてのタッチに愛情がこもり、山岸の信じるエレガンスが静かに匂い立つデビューショーとなった。

 一方、ランウェイとしては、これからの課題も発見できるだろう。発表がコレクションウィークの最終日だったことは、ブランドに不利に働いたようだ。シャネル風ジャケット、ラメなど光沢のある素材、ジャケットにショーツを合わせたスタイリング……今季のトレンドを多く拾っているからこそ、コレクションウィークの最終日には、どうしても既視感を覚えてしまう。余分なものを削ぎ落とした服をシンプルに見せるとき、物足りなさは常に背後に潜む。実際のところ、パリの舞台では、人々の目にどのように映ったのだろうか。

 パリはまだ「ベッドフォード」のHOMEではない……チャレンジャーとして、新たな歩みを始めたばかりだ。課題を多く持ち帰ることができるのは、一歩踏み出す勇気を持った者のみである。来季はどんな姿を見せてくれるのか、次の「明くる朝」を楽しみに待ちたい。

BED j.w. FORD デザイナー 山岸慎平

BED j.w. FORD デザイナー 山岸慎平

BED j.w. FORD 2024年 春夏

全ルックを見る

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

2024 SPRING SUMMERファッションショー

エディター / ライター / プロデューサー

上岡 巧

KO UEOKA

1993年生まれ、東京出身。早稲田大学社会科学部卒業。メンズファッション誌『Them magazine』編集部を経て、2022年に独立。ロンドン生活の後、現在はパリに拠点を移し、フリーランスとして活動する。

ADVERTISING

READ ALSO

あわせて読みたい

メンズ最大の見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」が開幕 トッド スナイダーが2024年秋冬披露

Z世代向けのジュエリーブランド「ラムダ」がベッドフォードとコラボ 星型のチャームなどを展開

アトリエ ミハラヤスヒロが革靴の一般発売を開始 新作6型を展開

注目すべきメンズブランド10 - 既成概念にとらわれない新しいマスキュリニティを追求 <2024年春夏ミラノ&パリメンズ編>

ベッドフォードが東京・外苑エリアにオープンする直営店の店内を初公開、ファンタジーライクなブランドの世界観を表現

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

Sales Promotion Assistant Manager

LVMH Watch & Jewelry

Sales Promotion Assistant Manager

詳細を見る

ジャーナル

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

【NESTBOWL転職成功事例】結婚・出産・5年のブランクを経てアパレル業界へ。ワークライフバ...

記事を読む

求人

セールススペシャリスト(正社員)

LOEWE

セールススペシャリスト(正社員)

年収

450万 〜

詳細を見る

ジャーナル

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

大手企業からスタートアップへ。その経験から見えてきた活躍する人材の共通点とは

記事を読む

ジャーナル

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

【スタートアップ企業向け】ケリングがアワードを日本で初開催!ファッション・ビューティ分野のイノ...

記事を読む

ジャーナル

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

おいしさ、安心感、一歩踏み込んだ知識を届けたい。人と人が繋がるオーガニックスーパー「15/e ...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

BED j.w. FORD 2024年春夏コレクション

IMAGE by: BED j.w. FORD

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント