ラコステのフィナーレ
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 裏ニュース

パリコレ閉幕、次は・・・【パリコレ裏ニュース 20年春夏 DAY9】

ラコステのフィナーレ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 キラキラと華やかな印象のパリコレですが、現場にいると見えてくる、あんなコトやこんなコト......。報道されないニッチな情報や裏事情、ウワサ話やランウェイの外で起きている出来事など、パリで取材している記者がリアルに気になった"裏ニュース"を配信します。<9日目:10月1日>

【パリコレの情報をもっと見る】ファッションウィーク 特設サイト

植物園に囲まれたテニスコートで

 今日はパリコレ9日目、ついに最終日。夕方に「ラコステ(LACOSTE)」のショーがありました。公式のシャトルバスに揺られて着いた先は、ブローニュの森。

 創設者のルネ・ラコステはプロテニス選手だったこともあり、今回はゆかりのある地が会場になりました。世界4大大会の一つである全仏オープンが行われている競技場「スタッド・ローラン・ギャロス」。その中でも、今年できたばかりのテニスコート「コート シモーヌ・マチュー」が会場に。なんとここ、周りがぐるりと植物園の温室で囲まれているのです。とてもユニークな造り。

 会場に着くと、コートには試合をするテニスプレイヤーの姿。もちろんウェアは全てラコステ。ショーが始まるまでの待ち時間もテニス観戦で楽しめました。

 クリエイティブディレクターのルイーズ・トロッター(Louise Trotter)が就任してから2シーズン目のコレクション、フィナーレには赤土のコートの上にモデルがずらり。Game set !

 

パリコレにLimeは使えるか

 パリでは様々なシェアリングサービスがあり、中でもよく目にするのが米Lime社による電動キックスケーターシェアリング「Lime-S」です。渋滞の中でもスイスイ抜けていく姿を見ると、気になって仕方がありません。

 ちなみにライムグリーンは、春夏のトレンドカラーの一つになりそう。ということもあり、使ってみました!利用方法は、アプリをダウンロードして登録。あとは乗りたいLime-SのQRコードを読み取ればOK。

 最高速度は14.8mph (時速約24km)と想像以上のスピードで爽快感あり。乗り始めに1ドル、以降15分ごとに15セントという手頃な価格も魅力です。展示会の会場間の移動にいいかも!と、最終日にして判明しました。

  

パリ中を奔走した9日間

 9日間続いた2020年春夏シーズンのパリコレも「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のショーをもって終了となりました。上記Google Mapのピンが打たれている場所が、FASHIONSNAP.COMチームが取材したショーや展示会、イベントなどの場所(ちなみに、この地図の範囲に収まらないほど遠い会場もありましたっけ)。

 メトロやバスを乗り換え、タクシーやウーバーを活用し、時に交通事情に悩まされながらニシヘヒガシヘ......パリ中を駆け巡って集めた情報、撮りまくった素材は、このあとも随時発信していきます。表舞台だけではなく、様々な角度で生のファッションを伝えていきますので、この後もファッションウィーク 特設サイトをチェックしてみてください。

 そして......次は東京へ!

【パリコレ最新情報】ファッションウィーク 特設サイト
【前シーズンは何が起きた?】裏ニュース 一覧

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング