Culture インタビュー・対談

あの人が薦める音楽&映画リスト【ALL BLUES ジェイコブ・スカラッゲ篇】

 

 センスの良いあの人がセレクトする、音楽と映画。第9弾は、スウェーデン発のジュエリーブランド「オール ブルース(ALL BLUES)」共同経営者のジェイコブ・スカラッゲ(Jacob Skragge)さん。インスピレーションを得た作品やその理由について教えてくれました。

— ADの後に記事が続きます —

MOVIES

1. 「イントゥ・ザ・ワイルド」(監督:ショーン・ペン)

「ティーンエージャーの頃、学校に飽き飽きしていた時にDVDを借りて初めて見ました。エディ・ヴェダーによるサントラ、大自然の映像、そして美しいストーリーが心に刺さりました。とてもエモーショナルな記憶として残っていて、翌日は通い慣れた学校もどこか新鮮に感じたのを覚えています」

2. 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」(監督:ガス・ヴァン・サント)

3. 「ビッグ・リボウスキ」(監督:ジョエル&イーサン・コーエン)

4. 「グリーンブック」(監督:ピーター・ファレリー監督)

「演技も撮影も素晴らしい。現代においても共感する点があるというのは残念ではありますが、ストーリー自体もとてもパワフル」

5. 「君の名前で僕を呼んで」(監督:ルカ・グァダニーノ)

「ロマンティックで、ヴィジュアルも美しい名作」

6. 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(監督:アダム・マッケイ)

7. 「それでも夜は明ける」(監督:スティーブ・マックイーン)

8. 「ロスト・イン・トランスレーション」(監督:ソフィア・コッポラ)

9. 「マネーボール」(監督:ベネット・ミラー)

 

MUSIC

Q. 今回セレクトした音楽の魅力は?

「Grandbrothersの『Bloodflow』は、最初に聴いた時に衝撃を受けました。(初めて聴いてからの)18ヶ月間は、辛い時も最高な瞬間もずっと側にあった曲。FURRERの『Every Atom Is Buzzing』は、連休の最終日にマルメからストックホルムに戻る電車の中で聞き続けていたのを覚えています。5時間リピートで聞いていたら、いつのまにか駅についていて(笑)。Sebastian Furrerは天才ですね。Daniel Norgrenは、ストックホルムでライブを見たことがあるアーティスト。公演中ずっと鳥肌が立つくらい、圧巻のパフォーマンスでした」

About ALL BLUES

ジェイコブ・スカラッゲとフレドリック・ナトホルストが設立した、ストックホルムを拠点としたユニセックスジュエリーブランド。全てのアイテムはリサイクルメタルを使用し、ストックホルムで三代にわたり続く鋳物工場で一点ずつ職人達が手作業で制作している。
公式サイト公式インスタグラム

■あの人が薦める音楽&映画リスト
L/UNIFORM ジャンヌ・シニョル篇
SIMON MILLER チェルシー・ハンスフォード篇
OUR LEGACY ヨックム・ハリン篇
ADIEU ベンジャミン・キャロン&イザベル・ゲドン篇
CHARLOTTE CHESNAIS シャルロット・シェネ篇
NICK FOUQUET ニック・フーケ篇
THE ELDER STATESMAN グレッグ・チェイト篇
LA BOUCHE ROUGE篇 ニコラス・ジェルリエ
ALL BLUES ジェイコブ・スカラッゲ篇

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング